• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月24日 07:01

「We Serve」の理念を改めて掲げ ライオニズムの本質に立ち返る活動を(2) 輝けるライオンズパーソン 

ライオンズクラブ国際協会 337-A地区 地区ガバナー 林田 俊一 氏

重点目標は女性、子ども、LCIF

 ――337-A地区としての、今期の活動目標をお教えください。

▲ラスベガスでの国際大会には
 世界中のライオンズクラブが集った

 林田 重点目標として注力するものとしては、まず女性会員の増強があります。今年度、ライオンズクラブの国際会長に就任したのは、初の女性会長となるアイスランド出身のグドラン・ビョート・イングバドター氏です。これに合わせ、337-A地区でも女性会員増に取り組みます。ライオンズクラブには「FWT(Family and Women Team)」という組織があります。「女性会員増強」「女性リーダー育成」「家族会員定着」を目的に地域に即した活動を展開する組織です。この組織の活動を活性化させ、女性会員の獲得を目指します。もちろん女性だけでなく、男性会員の拡充も目指しております。

 ――337-A地区には、女性だけのライオンズクラブもありますね。

 林田 そうですね。女性ならではの視点を生かした活動に期待しています。

 ――ライオンズクラブは、子どもの教育にも熱心に取り組んでいます。

 林田 ライオンズクラブには、「ライオンズクエスト『ライフスキル教育プログラム』」という取り組みがあります。学校の授業は、子どもの年齢や発達段階に合わせて系統立てて組み立てられたカリキュラムがあります。同じように、ライオンズクエストでは生きるための技術、ライフスキルを身につけるためのプログラムを提供しています。ライフスキルとは、具体的にはがまんする、けじめをつけるなど集団生活のなかで子どもが自分をコントロールする能力や、あいさつをする、相手を思いやるなど他者と関わりながら行動する能力を意味しています。現在、学校では教師の仕事が増えすぎて、勉強以外のことを教える余裕がないと言われています。家族のきずなや地域社会との関わりも弱まり、青少年がライフスキルを学ぶ機会が少なくなっているのです。そこで、ライオンズクラブが資金とプログラムを提供し、子どもたちにライフスキルを学んでもらおうと考えたのです。2019年2月に、ライオンズクエスト・フォーラム全国大会が福岡で開催されます。これに先だって、337-A地区全体にライオンズクエスト「ライフスキル教育プログラム」を普及させようと考えています。

 ――学校での詰め込み教育への批判はありますが、その一方で生きるためのスキルを学んでいない子どもが増えているのですね。

 林田 子どもの教育を考えるときに、学業はもちろん大切ですが、やはり人間として生きるということを優先するという考え方もあると思います。

慈善活動を支えるライオンズクラブ国際財団

 林田 今年はLCIF(ライオンズクラブ国際財団)の50周年です。LCIFは、ライオンズクラブが地域や世界で行う人道奉仕活動に援助金を支出することで、ライオンズクラブの慈善活動を支援しています。

 ――ライオンズクラブの活動にかかる費用は、個々の会員がまかなっていると思っていました。世界のライオンズクラブを資金面でバックアップする組織もあるのですね。

 林田 世界規模で行われる支援活動もありますからね。LCIFがとくに力を入れている視力に関する活動では、3,000万人以上を対象にした重度視力低下の予防、1億人以上に対する感染症による視力低下の治療、眼科医院の開設や医療者の育成などの成果を挙げています。

 LCIFの支援によって可能になる大規模な活動が、ライオンズクラブを世界最大の奉仕団体としているのです。ライオンズクラブ国際協会は「LCIFキャンペーン100:奉仕に力を」として、全世界で3億ドルの資金を集める3年計画をスタートしました。337-A地区としての目標額も設定されていますので、各クラブの取り組みを基に達成できるように努力しています。

 ほかにも、10月8日のライオンズデー(ライオンズクラブが1917年に初めて国際大会を開催した日)には、LCIF50周年を記念し、「100ドル献金ゴルフコンペ」を開催します。来年2月3日には、337-A地区の合同アクティビティーとして落語会を企画しています。多くの方々にご参加いただき、ライオンズクラブとその活動に対する認知を高めていきたいと考えています。

(つづく)
【聞き手・文:深水 央】

<プロフィール>
林田 俊一(はやしだ・しゅんいち)

1950年4月27日生まれ。アストル(税)代表社員。国士舘大学大学院修士課程修了。福岡県法人会(連)税制委員長、(公社)飯塚法人会副会長などを歴任。82年に林田税理士事務所(現・アストル(税))を開設。現在は(税)の業務とライオンズクラブの活動を車の両輪として、精力的に活動を続けている。著書に『黒字をつくる社長・赤字をつくる社長』『赤字を黒字にした社長』がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(2)NEW!

 本日(20日)、側近に取材申し入れの書簡を送付した。側近に対しては以前より数度にわたって取材の依頼をしたものの回答がなかった。

2019年08月20日 17:42

福岡市東区の病児保育室「ぞうさんの家」、市の業務委託解除へNEW!

 福岡市東区にある小児科「ならざき小児科」(事業者:(医)育慈会、楢崎亮代表)が開設・運営している病児保育室「ぞうさんの家」が、近日中に福岡市の病児・病後児デイケア事...

2019年08月20日 17:33

フェルナンド・トーレス氏、佐賀県の「SSPアンバサダー」に就任NEW!

 佐賀県は20日、8月23日に現役を引退するサガン鳥栖のフェルナンド・トーレス氏を県庁に迎えて「SSPアンバサダー」就任式を行い、山口祥義知事からトーレス氏へ「SSP...

2019年08月20日 17:25

【訃報】博多港振興協会の角川敏行前会長が死去NEW!

 博多港振興協会の前会長で博多港運(株)の前名誉会長・角川敏行氏が15日に死去した。

2019年08月20日 17:23

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(15)NEW!

 私が週刊現代編集長だったのは平成4年から平成9年までの約5年半だった。販売に調べて貰ったら、この間の平均実売率は82%を超えていた。あの当時でも信じられないほど高い...

2019年08月20日 16:55

どうする?どうなる?社会保障(1)NEW!

 「老後に2,000万円が必要」という金融庁の報告書により、年金制度、さらには社会保障制度に注目が集まった。老後に必要な資金を発表して、投資などの資産運用を促すことが...

2019年08月20日 15:25

お盆期間の高速船「ビートル」~韓国人利用客が前年比約7割減NEW!

 福岡と韓国の釜山を結ぶ高速船「ビートル」のお盆期間(8月9日~18日)の利用客は3,728人で、前年比46.6%減だったことが分かった。

2019年08月20日 15:08

ニトリ販売のレンジ台、商品転倒の恐れで約1万7,000台がリコールNEW!

 (株)ニトリホールディングス(本社:北海道札幌市、白井俊之社長)が、2018年8月21日から19年7月14日の期間に販売したレンジ台が、重量により底板に亀裂や割れが...

2019年08月20日 14:16

拡大を続ける健康食品市場

 生活者の健康志向の高まりを背景に、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品といった公的制度の導入も進み、健康食品市場は1兆円を超え拡大を続けている。

2019年08月20日 14:00

【交通取締情報】21日、福津市で実施

 福岡県警は21日(水)、福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

pagetop