• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月13日 10:43

奄美・トカラの歴史(7)~米軍統治下~

 戦後、昭和21年2月2日、いわゆる二・二宣言によって、奄美とトカラは、アメリカ世ともいわれる米軍統治下に入ります。北緯30度以南です。
十島村(じっとうそん)は、南部のトカラ列島(7島)は統治下ですが、北部の3島は入らず分断されます。3島は鹿児島県の行政下で、鹿児島市に役場を置きます。三島村と自称しますが、正式な行政上の承認ではなく、2つの「じっとうそん」が存在しました。

 昭和21年4月には、日本との航海が全面的に禁止されました。食糧入手は自給のほか、米軍に頼るのみとなりましたが、食糧や日用品は常に不足している状態でした。そこで生きるための「密航」が行われました。ちょうど北緯30度に位置していた口之島が密航の中継基地となりました。本土の日用品は奄美で貴重品となり、奄美の砂糖は本土では10倍以上で売れたため、うまくいけば一夜にして成金となり、警察につかまれば刑務所行きでした。口之島は入江に船がひしめき、10戸足らずの海岸には200棟近いバラックが建ち、人口2,000人以上が「市」をなすほどでした。

 昭和24年には軍政府から「食糧3倍値上げ」の指示があり、翌1月実施されますが、日常生活に直接関係することであり、復帰運動を加速させるきっかけともなります。アメリカ政府は沖縄の大規模な軍事基地建設計画を発表しますが、「3倍値上げ」にはその資金を確保する目的もありました。

 昭和25年9月頃から、対日講和条約への動きが活発になりますが、アメリカは占領地域を信託統治下に置くことを明言しており、それに反対して、日本独立とともに復帰したいという運動が広がります。昭和26年には復帰誓願署名運動が全郡で展開され、14歳以上の住民の99.8%の署名を完了しました。署名録は日本の国会にも送られ、衆参両院本会議で「復帰決議案」が可決されました。しかし、7月には「北緯29度以南、信託統治」(十島村だけを返還)が発表されました。その後、奄美では郡民大会が開かれたり抗議の「断食」が行われたりしました。昭和27年には東京で日本復帰国民大会もあり、同28年8月には復帰声明があり、同年12月25日奄美群島は日本に復帰しました。

 十島村(じっとうそん)の復帰は、昭和27年2月4日です。2月10日に占領下にあったトカラ列島を大島郡十島村(としまむら)とし、同日、以前から鹿児島県行政下にあった3島を大島郡三島村(みしまむら)とし、「分村」(3島住民もほとんどが分村賛成)しました。昭和48年には、両村は大島郡から鹿児島郡へ編入されました。

 復帰は当時の国際情勢も関係します。米ソ冷戦下です。奄美群島返還には、ソ連へ北方領土の返還を促すアメリカの意図があったとされ、また、前述したように、昭和24年にアメリカ軍は沖縄に恒久基地建設計画を明示しており、沖縄の復帰にはより高いハードルがありました。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop