2022年01月19日( 水 )
by データ・マックス

【2018沖縄県知事選】玉城デニー氏が当確

 名護市辺野古における新基地建設の是非が最大の争点となった30日投開票の沖縄県知事選で、無所属新人の前衆議院議員・玉城デニー氏(58)の当選が確実となった。玉城氏は、顔も知らないという米軍兵士を父に持つ、ある意味、戦後の沖縄を象徴する人物。急逝した前知事・翁長雄志氏から事実上の後継指名を受け、初当選を決めた。

 選挙戦は玉城氏と、自民、公明、維新、希望の各政党から推薦を受けた前宜野湾市長・佐喜真淳氏(54)による事実上の一騎打ち。出馬表明が遅かった玉城陣営は、前半戦で候補者の明るい人柄をアピールし、終盤戦で「弔い合戦」の色を強く出すという戦術で、一度も佐喜真氏にリードを許すことなく勝利をものにした。

 佐喜真陣営は、「辺野古移設」の是非には触れず、携帯電話料金の4割削減など沖縄県政と何の関係もない政策を打ち出すなどなどなりふり構わず争点隠し。佐喜真氏支援のため菅義偉官房長官や二階俊博幹事長が頻繁に沖縄入りしたほか、国民的人気の小泉進次郎氏を3度も応援演説に投入。公明党も数千人の創価学会員をローラー作戦に従事させるなど総力戦を展開したが及ばなかった。

関連記事