• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月17日 11:02

がん免疫治療薬「オプジーボ」は何が画期性なのか~本庶佑教授がノーベル賞を受賞

▲小野薬品工業のHPより

 日本人の3人に1人が亡くなる原因と言われているがん。これまでのがんの治療といえば、手術や放射線治療のほか、抗がん剤による化学療法などが中心だった。2018年のノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学の本庶佑特別教授の研究成果から生まれた小野薬品工業(株)のがん免疫治療薬「オプジーボ」は、今までになかったがん治療薬といわれるが、従来のがん治療と比べると、どのようなところが画期的なのだろうか。

 これまでのがん治療は、がん細胞を破壊してがん細胞が増えることを防ぐか、がん細胞そのものに直接働きかける治療が主流だった。がん免疫治療薬「オプジーボ」が登場するまでは、免疫療法で、がんの治療効果を上げた例は少なく、世界のほとんどの専門家は免疫療法で、がんが治るとは考えていなかったそうだ。

 がん免疫療法とは本来誰もがもっている体の免疫の力を使って、がんを治療する方法だ。免疫は体内の異物を見分けて、異物を体から取り除く仕組みだ。たとえば、ウイルスに感染して風邪を引いたときに、ウイルスを攻撃して風邪を治そうとするのが免疫の力だ。そのため体には、がん細胞を異物として見分けて、がんを取り除く免疫の仕組みが備わっている。実は私たちの体では毎日がん細胞が生まれているが、健康でいられるのは、免疫ががん細胞をチェックして取り除いてくれているからだ。では、なぜ体のなかにがんを取り除く免疫の仕組みがあるにも関わらず、がん細胞が増殖して、がんという病気になるのだろうか。それは、がん細胞が免疫を欺いて、自らを体にとっての異物ではなく、体のなかの組織の一部と判断させ、免疫の攻撃をかわしてしまう仕組みをもっているからだ。

 そこで、今までがんが治るとは考えられていなかった免疫の力を活性化することで、免疫でがんを治療できるのではないかというところに注目したのが、がん免疫治療薬「オプジーボ」の誕生のきっかけになった本庶佑氏のがん免疫研究だ。本庶佑氏は、がんが免疫にとって体のなかの組織の一部とみなされて攻撃を受けないようにする仕組みがPD-1と呼ばれる遺伝子にあることを発見した。「オプジーボ」は、PD-1疎外、免疫チェックポイント阻害薬によりPD-1の免疫を欺く働きを解除して、免疫が正常にがんを攻撃できるようにして、体が本来持っている免疫の力でがんを治療する薬だ。

 免疫を活性化させてがんを治療する新しいタイプのがん治療薬「オプジーボ」は従来の手術や化学療法などでは治療が難しかった末期がんでも多くの治療効果を上げており、臨床試験では2~3割の患者のがんが縮小、または消滅するという効果が出ている。なお、オプジーボは悪性黒色腫(メラノーマ)、肺がんや胃がんなど数種のがんの治療薬として承認を受けているが、ほとんどのがん細胞に有効と考えられており、食道がんや肝細胞がんなどの適用に向けて治験が進んでいる。

 また、通常の化学療法などの抗がん剤は投与を続けている間に効果があるものだが、「オプジーボ」は投与時だけではなく、投与をやめた後も免疫が働いて長期的に効果が持続する事例があることも画期的な点といえる。がんの治療では、がんを治療した後にどれだけ長く生きられるかという5年生存率が注目されることが多い。たとえば、肺がん患者のうち80%以上を占める非小細胞肺がんでは、これまで進行期の患者の5年生存率は5%に満たないと言われてきた。2017年の米国がん学会で発表された進行期の非小細胞肺がん患者への「オプジーボ」の臨床試験では、5年生存率が16%に達したという報告があり、「オプジーボ」はがんに対して長期的な治療効果が期待できると考えられる。

 今までになかったがん免疫治療薬「オプジーボ」の登場により、これまで治療の難しかった末期がんでも長期的な治療効果のある事例や完治する事例が生まれた。免疫を活性化させる方法により、ほとんどの専門家に、がんを治すのは難しいと考えていた免疫治療の新たな道を切り拓いたのが「オプジーボ」といえる。

【石井 ゆかり】

<プロフィール>
石井 ゆかり

みどりの宇宙(株) 経営コンサルタント。筑波大学卒業。京都大学農学研究科修士課程修了。ヘルスケア関連メーカーに勤務後、人の健康と企業の発展に貢献したいという想いから、経営コンサルタントとして中小企業の経営支援を行っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月29日 09:00

根強い低価格志向、マルキョウ7品目を値下げ~主要3社食品18品目売価調査NEW!

 根強い値下げ圧力――データ・マックスが26日に調べた低価格3社の食品18品目売価によると、1月6日時点に比べ、トライアルは値上げ1品目、値下げ2品目、ルミエールは値...

2020年02月29日 07:00

2016年発達障害者支援法が改正 雇用障害者数、過去最高を更新(2)NEW!

 2016年4月に新たな障害者雇用促進法(2013年改正)が施行された。改正のポイントは3つ。(1)障害があることを理由に採用を拒否したり、低い賃金を設定したりするこ...

2020年02月28日 18:49

【新型コロナ】繁忙期真っ只中の住宅業界「在庫で対応も長期化を懸念」

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、TOTO、LIXILなど住宅設備機器の一部で納期遅延が発生したことで、地場の住宅業界でも影響が出始めた。

2020年02月28日 18:34

休校要請、対応わかれる各自治体~東京23区

 安倍晋三首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために全国の小中学校、高校、特別支援学校に3月2日から春休み終了まで臨時休校にするよう要請した。

2020年02月28日 18:11

【ベトナム視察記】ぼったくり額は交渉で決定~タクシー運転手

 ベトナムの移動手段として定着した配車アプリ・GRAB。今回の視察では手頃な料金と位置確認ができる安全性から日本人の間ではタクシーより利用頻度が高いことがわかった。

2020年02月28日 17:53

「まるで、政府への忖度強要だ!」イベント中止・延期要請に悲鳴を上げる九州の演歌公演業界

 安倍首相は2月26日、「全国的なスポーツ、文化イベントなどについては、今後2週間は中止・延期、または規模縮小などの対応を要請することといたします」と政府の新型コロナ...

2020年02月28日 17:29

シリーズ・コロナ革命(3)~中国人系経営者に聞く:業務減のため社員を休職に

 中国で共産党関連組織での勤務経験のあるインバウンド企業の経営者A氏に話を聞いた。

2020年02月28日 17:20

ベトナムの最前線にみる「勢い」と「現況」

 データ・マックスは2月14日から17日にかけて、近年急成長を遂げているベトナムのハロン湾(自然世界遺産)、ハノイ市街近郊を視察した。

2020年02月28日 17:14

九州地銀の株価全面安続く

 本日(28日)の東京株式市場の日経平均株価は、前日比▲ 805円27銭の2万1,142円96銭(▲3.67%)。一時1,000円を超え2万1,000円を割る局面もあ...

2020年02月28日 17:12

コロナで業界再編が加速か~学習塾業界

 安倍首相が新型コロナウイルス感染症対策として、全国小中高に休校を要請したことを受けて、学習塾各社も対応に追われている。現時点では、学生や保護者に対して予防措置を訴え...

pagetop