2024年06月16日( 日 )

皇居正面 「丸の内二重橋ビル」竣工式迎える

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
「丸の内二重橋ビル」外観
(丸の内仲通り側)

 三菱地所、東京商工会議所および東京會舘は、千代田区丸の内三丁目で開発してきた「丸の内二重橋ビル」が10月15日に竣工したことに伴い、11月21日に竣工式を執り行った。

 「丸の内二重橋ビル」は、水と緑の景観が広がる皇居外苑と商業・文化色の色濃い銀座・日比谷・有楽町に近接し、ビジネスの中心地にいながら気品と賑わいを感じられるエリアに位置する。「富士ビル」「東京商工会議所ビル」「東京會舘ビル」の3 棟の一体建替えによる開発だ。低層部は三菱地所、東京商工会議所および東京會舘による区分所有となり、三菱地所による丸の内仲通り路面店舗を中心とした店舗、東京商工会議所による貸会議室、賃貸オフィスおよび事務局、東京會舘による高級レストラン、チャペル、バンケットが配置されている。高層部は皇居外苑を正面に望む賃貸オフィスとなり、三菱地所と東京會舘の共同所有となった。21日現在で9割のテナントが埋まっている。

 三菱地所の吉田淳一社長は、「今後とも日本の中心である東京の国際競争力向上に努力していきたい。これからオフィス部分から多くの情報発信がされることを期待しています。丸の内二重橋ビルがエリアとともに、賑わいを創出し、愛され続けるビルとなって欲しい」と竣工祝賀会で挨拶した。

<丸の内二重橋ビルの建物概要>
・敷地面積:9,935.02m2
・延床面積:174,054.18m2
・開発手法都市再生特別地区:丸の内三丁目10地区
・容積率:1,500%
・階数:地下4階、地上30階、塔屋2階
・建物高さ:約150m
・構造地上:鉄骨造地下:鉄骨鉄筋コンクリート造
・設計監理:(株)三菱地所設計、日建設計コンストラクション・マネジメント(株)(東京會舘専有部)
・施工:大成建設(株)
・工期:2015年11月16日~2018年10月15日

関連記事