• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月06日 09:33

シリーズ・地球は何処に向かう、日本人はどうなる(6)~別次元に入った「儲け」集積のゼネコン業界(後)

廃業できるほどの蓄えがある各企業

 一昔前は倒産に占める建設業の割合は全体の過半数あった。中小の建設業界の行く末は不安定の極みだった。だから「バブルが弾けたら建設業者の倒産ラッシュになる」という的外れな見通しをする輩がいる。しかし、そういう予測は大間違い。結論からいえば倒産ではなく廃業が続出するという表現が適切である。倒産と廃業の大きな違いは「他人に迷惑をかけるかかけないか」なのだ。

 倒産すれば一般債権者に損害を与えて連鎖倒産を発生させる。そして社会不安を惹起する。一方、廃業はすべての債権者に支払いを履行したうえで店を畳むことである。店を畳んだからといって貧乏になるわけではない。資産=不動産を主体にキャッシュをもっているから「孫の代までは飯が食える」見通しがもてる。それだけ、どの企業もこの5年間、ダイナミックに“儲け”に奔走できたのである。

 建設業界にとっての黄金の時代=5年間を経るなかで城戸社長は思索を続けて「もう拡大路線を捨てよう」と決断したのだろう。先見の明がある経営者だといえる。一般の経営者は成り行きで廃業の道を選択する。城戸社長は、それを事前に予測しており、ここが凡人とは違う点だ。

 ゼネコンの集計をしたことで、ゼネコン業者が5年間でいかに「黄金の時代を謳歌した」かがわかった。

建設業界、全体が潤っている

 筆者はかねてより「建設業界の職人たちにそれ相応の稼ぎがないと世の中が落ち着かない」と指摘してきた。表現を変えると「手に技術を有する方々は報われる収入を得るべきだ」となる。この黄金の5年間で、多少は報われる環境が整備されたと評価できる。今後もこの環境が持続することが望まれる。

 ある型枠業者は職人を社員とし、寮では各人1人部屋を提供した。「今どき同居する若者はいないよ。1人部屋を確保しないと若い職人たちは集まらない。儲かっている間に業界のレベルアップのための努力を怠るとしっぺ返しをくらい、将来はない」と危機感を漏らす。使命感に燃えた経営者である。

 同業のほかの経営者は「こんな恵まれた時期は長く続かない。職人の社員化は必ずネックになる」と批判する。たしかに経験上、この批判は間違っていない。だが職人を社員化するような業界変革に着手しないと人材が集まらなくなるのではないか。目先のことだけを考えていても未来はない。業界全体が潤っている間に大変革を断行すべきだ。

経済データが間違っているのでは?

 建設業界全体が潤っていることは周囲を歩けば肌感覚で掴める。従来、「建設業界に金を落とせば社会に金が廻り始めて成長率が高まる」という常識が闊歩していた。肌感覚では日本の経済成長率は2%を超えていると感じるのだが、現実の成長率は1%そこそこ。このギャップの原因は2つ。(1)データ集積・分析が誤りではないのか?(2)建設業界が景気先導役を担うことができなかった、ということだ。原因は複層しているとも指摘できる。

 もう1つ懸念材料がある。起業する人たちが目立たないということである。建設業者のランキングを集計しても、新しく成長している銘柄にお目にかかったことがない。その傾向は建設業界全体に通じる。本当にこの面では寂しい限りで懸念を抱いている。

異常な防衛策が金を循環させず

 政府は2019年度予算案で公共事業・インフラ補修予算を前年度2割増で組んでおり、一般会計は100兆円を超える。老朽化した重要なインフラを補修するために2018年度から20年度までの3年間で3兆円超を投じる計画である。我々の生活水準を保つためにインフラ整備は不可欠だ。この予算が景気浮揚の後押しになることが大事なのだが――その役割を果たせるかどうかは不明だ。

 バブルが弾けて建設業の経営者たちは長期間、地獄と向き合ってきた。「もう二度とあんな苦しみは経験したくない」という恐怖心からお金を貯め込む思考が定着してしまったのだろう。儲けていても無駄遣いはせず、交際費も極力抑え、社員の定期昇給も僅かなのが現状だ。

 「金が循環しないので、建設業界は景気の牽引車の役割を担えなくなった」悲しいかな、これが低成長・日本の真の姿だ。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop