• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月13日 13:52

【インフルエンザ情報】福岡県内の学級閉鎖、23クラスに(12月13日現在、9月以降の累計)

 福岡大学附属大濠高校1年生の1クラスで9人の生徒がインフルエンザのような症状を訴えて欠席したため、12日~15日の4日間、学級閉鎖を行っている。

 福岡市では9月以降、10クラスの学級閉鎖が行われている(12月13日現在)。県内の福岡市以外の地域の学級閉鎖数は、北九州市0、久留米市4、大牟田市1、それ以外の地域8(いずれも12月13日現在)。

 福岡市保健福祉局では、インフルエンザの感染拡大予防のために下記を実践するよう市民に呼びかけている。

(1)こまめな手洗い
(2)休養や睡眠をとって体調管理をする
(3)せき・くしゃみをする際はティッシュなどで口をおさえ、周りの人から顔をそむける
(4)症状がある場合はマスクを正しく着用する

 福岡県と市は「インフルエンザ流行の兆しがあると言える状況ではない」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop