• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月10日 13:59

九州全体の連携を図り、持続的な発展を支援(1)

九州経済産業局 局長 塩田 康一 氏

 九州は、自動車や半導体の生産拠点として国内で重要な役割をはたしている。また、成長著しいアジアに近い地理的優位性を生かしインバウンド需要を獲得するなど観光関連の市場も拡大している。一方、人口減少によって国内市場が縮小するなか、九州の農水畜産物の販路をアジアや欧米に拡大するため、九州全体としてのブランド化なども推進している。九州経済のけん引役である九州経済産業局の塩田康一局長に、九州の現状と今後の取り組みについて聞いた。

(聞き手:(株)データ・マックス代表取締役・児玉 直)

自動車、半導体産業が好調

 ―「アベノミクス」景気と言われ、建設や不動産など景気の良さを実感する分野もありますが、九州全体ではその実感が乏しいように感じます。まずは、今後の九州一体の経済浮揚策の要について、経済産業局では、どのような政策が必要だと考えていらっしゃいますか。

 塩田康一局長(以下、塩田) 九州経済をマクロで見ると、業種や地域で多少ばらつきはあると思いますが、全般的にはだいぶ良くなっています。九州地域の経済動向について、毎月、定例記者会見で発表していますが、鉱工業指数や個人消費の動向なども含めた全体の基調判断としては、緩やかに改善してきていると思います。

 とりわけ、基幹産業である北部の自動車と半導体関連が非常に調子が良いですね。自動車も2012(平成24)年以来の高い生産水準で、昨年1~10月までの累計生産台数は約118万台と過去2番目の高水準です。

 半導体もIoT関連の需要が非常に旺盛で、皆さま調子が良いようです。南部を中心に農業も大きな産業です。九州は全国の「一割経済」といわれるなかで、農業は2割ほどを占めており、最近は農産物の輸出などの動きも大きくなりつつあります。

 景気は、全体としてマクロでみれば良いという感じは受けていますから、これをどこまで持続、発展させていくかということになります。他方、アメリカと中国の貿易摩擦の問題もあり、そのあたりの先行きがどうなるかを注視していく必要があると思っています。

 自動車では、EV化に向けてシフトしていくと言われていますが、今のまま製造拠点が維持されるか、部品の変化に九州の関連企業やサプライヤーがどのように対応していくべきか、EV化に対応した技術をこれからどう磨いていくかというようなことが課題と思われます。

 半導体は短期的な需要の増減はあるかもしれませんが、中長期的に見れば、第4次産業革命やAI、IoTなどの関連で半導体の需要そのものは世界全体で大きくなっていくと見ています。

 アメリカと中国の2国間の問題の影響など懸念材料もありますが、中長期的には九州においても引き続き好調に推移するでしょう。一方、半導体の多品種少量生産に対応するため、従来型の大型のクリーンルームではなく、非常に小さな装置で半導体チップの多品種少量生産を低価格で実現するミニマルファブという半導体製造システムの開発など新しい流れに対応する取り組みも必要になるでしょう。

 九州ではインバウンドも好調です。クルーズ船寄港回数が18年11月までの時点で、前年同期比が約15%減りましたが、全体的には非常に増えています。インバウンド向けのサービスや体験などのプログラムをつくるなどして、それをうまく発信するようなかたちでの取り組みを今後も引き続きやっていく必要があると考えています。

(つづく)

【文・構成:宇野 秀史】

<プロフィール>
塩田 康一(しおた・こういち)

1965年10月生。鹿児島県出身。東京大学法学部卒業後、88年4月通商産業省入省(大臣官房企画室)。2002年6月外務省在イタリア日本国大使館一等書記官、05年6月商務情報政策局環境リサイクル室長、11年7月製造産業局鉄鋼課長、12年6月中国経済産業局総務企画部長、14年7月内閣官房地域活性化統合事務局参事官、16年6月内閣府本府地方創生推進室次長、17年7月大臣官房審議官(産業保安担当)などを経て18年6月九州経済産業局長に就任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのかNEW!

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店NEW!

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性ありNEW!

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

pagetop