• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月31日 07:01

今、世界中で揺らぐ、「国家」という概念!(後)

元国際基督教大学 教授 高橋一生氏

「多様性」という概念が実体化することは間違いありません

 ――初代グローバル文明(「パックス・ブリタニカ」と「パックス・アメリカーナ」)の次にはどんな世界が来るのでしょうか。

 高橋 予測はとても難しいのですが、1つだけ明確にいえることは、今は、お題目として言われている「多様性」という概念が実体化してくることです。これからの世界は初代グローバル文明を支えた「欧(英)・米の価値観」だけでは、成り立たないことは明白です。世界にはいろいろな文明があり、さまざまな価値が存在します。それらをすべて吸収して、シャッフルする、今までにない新しい発想(多国間協力、地球市民社会)が必要になってきます。

 私は昨年そのことを実感しました。10月に私はエジプトのアズハル大学(イスラム教スンニー派の最高教育機関で現存する最古の大学の1つ)で開催された国際会議に招待されました。パネル部分の講演と思い、出かけたのですが、基調講演を仰せつかってしまったのです。イスラム教最高幹部300人を含む、世界のイスラム教の長老約700人が聴衆です。私は覚悟を決めて、世界にはこれから、『「多様性」という概念が実体化してくる』という内容の講演を行いました。当初はイスラム教(一神教)の長老に「多様性」という概念はご理解いただけるかどうか不安でした。しかし、講演後に、一番前中央に座っておられた、最高首脳(カソリックの教皇に相当)ほか、多くの長老たちから、大変な賛辞を受け、改めて「多様性」が実体化する次のグローバル文明の到来を予感しました。

「文明」そのものが、「地球公共財」になるのではないか

 ――次のグローバル文明を思索していくうえで、先生は「地球公共財」という概念を提唱しています。それはどういうものですか。

 高橋 公共財とは、経済学上で、政府や公共部門が提供する財・サービスのことを言い、民間企業が供給する私的財と明確に区別されています。通常の公共財は国内における概念ですが、それを多国間、地球規模に展開した場合に地球公共財と呼びます。これには2つの議論があり、1つは「資源論」、もう1つは「制度論」です。資源論は、ローマクラブの「成長の限界」(MITのデニス・メドウズを主査とする国際チームが取りまとめた研究)以降、重要な視点になってきました。制度論は、国際法、世界銀行などの国際機関、国際NGOなどが該当します。

 さらに私は、もし、今が次のグローバル文明への転換期だとするならば、「文明」そのものが「地球公共財」になるのではないかと考えています。

「アレキサンドリア図書館」を「地球公共財」としたい

 ――先生は現在、エジプトの「アレキサンドリア図書館」の顧問(初代理事)をしています。地球公共財との関係はありますか。

 高橋 「アレキサンドリア図書館」(ヘレニズム時代の中心地、アレキサンドリアに紀元前3世紀から紀元後4世紀頃まで存在)復興プロジェクトは1960年代にユネスコで始まり、その後1990年代のムバラク大領の時にエジプトの国家プロジェクトになりました。初代館長はエジプト出身の元世界銀行副総裁のイスマイル・セラゲルディン氏です。私は
セラゲルディン氏から初代理事(現・顧問)を委嘱されました。セラゲルディン氏はこのプロジェクトをエジプトだけのものではなく「地球公共財」にしたいと考え、私を指名しました。

本がある施設でなく、アカデミアと一体となり知性が集う

 ――すごく興味があるのはアレキサンドリアの“知”とは何かという点です。わかりやすく説明してもらえますか。

 高橋 古代の「アレキサンドリア図書館」には、文学、哲学から科学、数学、天文学まで、ありとあらゆる分野の書物が約70万巻ありました。すごいことです。しかし、最も大事なことは「図書館とは本が置いてある施設ではなく、アカデミアと一体となり、世界最高レベルの学者(知性)たちが集う場所」だったという点です。(アレキサンドリア図書館には、「ムセイオン」という、今でいう学術センターが併設されていた)2001年8月1日、アレキサンドリア市の地中海に面したかつて図書館があったとされる場所に再建された「新アレキサンドリア図書館」には、このコンセプトが引き継がれています。1年間に千数百のイベントが行われますが、そのなかの数十のイベントは、たとえば、「世界のノーベル賞受賞者を中心とした国際会議」など、世界最高レベルの学者(知性)が集います。

今こそ、日本人は世界の中心的な役割をはたすことができる

 ――最後に読者にメッセージをいただけますか。

 高橋  日本は「パックス・ブリタニカ」では「明治維新」「パックス・アメリカーナ」では「アメリカの実験国家」して、ともに光と闇を経験しました。「多様性」をキーワードに、「多国間協力」と「地球市民社会」というあり方が主流となる21世紀は、日本人の経験が生かされやすい時代だと私は考えています。またこの激動の最中にあって世界の主要国のなかで、一番安定しているのは日本です。そして、今そのことに多くの日本人が気づき始めており、また能力のある若者も育ってきました。今こそ、日本は世界の中心的な役割をはたすことができると思っています。大いに期待しております。

 ――勇気溢れるエール、ありがとうございました。

(了)

【金木 亮憲】

【略歴】高橋一生(たかはし・かずお)
 元国際基督教大学教授。国際基督教大学国際関係学科卒業。同大学院行政学研究科修了、米国・コロンビア大学大学院博士課程修了(ph.D.取得)その後、経済協力開発機構(OECD)、笹川平和財団、国際開発研究センター長を経て、2001年国際基督教大学教授。
東京大学、国連大学、政策研究大学院大学客員教授を歴任。国際開発研究者協会前会長。
現在「アレキサンドリア図書館」顧問(初代理事)、「リベラルアーツ21」代表幹事、「日本共生科学会」副会長などを務める。専攻は国際開発、平和構築論。主な著書に『国際開発の課題』、『激動の世界:紛争と開発』、訳書に『地球公共財の政治経済学』など多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop