• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月12日 11:08

九大、世界初のセラミド機能解明につながる蛍光分子の開発に成功

 九州大学は7日、セラミドの細胞膜中の動きを、ありのままに観察できる蛍光分子の開発に世界で初めて成功したと発表した。

 セラミドは肌の角質層の細胞間にある脂質の一種。肌の保湿バリア機能を示す成分で、細胞膜にも存在する。シグナル伝達物質としてアポトーシス(遺伝子で決められたメカニズムによって起こる細胞死)を制御することから、その重要性と役割が注目されるようになり、小麦やコンニャクなどにも含まれていることから、健康食品素材としても広く利用されている。

 研究では同大学大学院理学研究院の松森信明教授の研究グループが、これまでセラミドの細胞膜での挙動が不明で、詳しい役割も解析できなかったことから、セラミドに親水性のリンカー(つなぎ手)を介して蛍光基を導入する新たなセラミド分子の開発に成功した。

 研究グループは「セラミドは単純な分子なので、蛍光基を導入できる部位が限られている。今回、蛍光基を導入した分子頭部はセラミドの挙動に重要であると考えられており、ほとんどの研究者は、この部位に蛍光基を導入するとセラミド本来の挙動を示さなくなると予想していた。常識と思われていることを鵜呑みにせずに試してみることの重要性を改めて感じた」といい、細胞膜中でのセラミド分子の挙動を観察することが可能となったことから「細胞内でのセラミドの機能解明につながる重要なツールとして期待できる」としている。

 なお、研究成果は1月4日に米国学術誌「Langmuir」のオンライン版で公開された。

開発した蛍光セラミドを人工細胞膜に導入して蛍光顕微鏡で観察した図
市販の蛍光セラミドと今回開発した蛍光セラミド
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月19日 17:53

対立軸は「金権主義者」と「社会を大事にする人たち」!

  原発ゼロ自然エネルギー推進連盟会長 吉原 毅氏  2月12日(水)、午後6時45分から9時まで、神宮前「東京ウィメンズプラザ」において「グローバル...

2019年02月19日 17:08

「懲りない」非常電源の点検普及団体 消防庁指摘もいまだ続く「不適切表現」

   非常用発電機の消防点検啓発活動を行う「(一社)日本発電機負荷試験協会」(JLA)(本部:東京都中央区、長坂五郎代表)の加盟企業が、営業目的で建物オーナーに配布し...

2019年02月19日 15:42

伊藤産業がアンパンマンバッグを国内でつくる理由~在庫を抱えず職人を大切にした安定経営

  9割以上の商品を国内工場で製造  テレビ番組がスタートしてから30年以上になる大人気キャラクター「アンパンマン」。ボイス情報(株)のライセンスキャラク...

2019年02月19日 14:19

『脊振の自然に魅せられて』雪原に動物の足跡を見る

   新雪が降り積もった日に脊振の登山道を歩いていると、さまざまな動物たちの足跡を見かける時があります。  動物の種類によって足跡のかたちが違いますが、その...

2019年02月19日 14:02

アダル・武野重美会長の成功の秘訣~ピンチにこそ閃きが湧く

  福岡市で家具製造販売を展開するアダルが中国・上海に進出したのは1996年のこと。アダル・武野会長のこれまでの歩みを振り返る。 1990...

2019年02月19日 14:02

よく考えて行動し連帯すれば世界は変わる

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は経済政策の基本路線刷新が必要だと訴えた2月19日付の記事を紹介す...

2019年02月19日 12:24

国交省、排ガス規制強化を20年12月より適用

   国交省は2月15日、道路運送車両の保安基準の細目を定める告示などの改正を行い、ガソリン直噴車と二輪車などの排出ガス規制を強化すると発表した。  主な...

2019年02月19日 12:12

国セン、ラグビーワールドカップのチケット購入トラブル多発で注意喚起

   (独)国民生活センターは7日、2019年9月20日~11月2日に開催予定の「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」(以下RWC2019日本大会...

2019年02月19日 11:58

福岡県の治安概況~飲酒運転の撲滅が課題

   福岡県警察(以下、福岡県警)は、ホームページ上で「平成30年中の治安概況」を公表している。福岡県警が三大重点目標として掲げる「暴力団の壊滅」「飲酒運転の撲滅」「...

2019年02月19日 11:28

『親を棄てる子どもたち ―新しい「姨棄山」のかたちを求めて』の意味するところ(前)

  大さんのシニアリポート第76回 『親を棄てる子どもたち 新しい「姥捨山」のかたちを求めて』(平凡社新書)をようやく上梓することができた。書き始めて...

pagetop