• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月07日 07:05

疫学研究、介入試験等で「食の予防効果」は証明されている 商品開発のポイントは「機能性+美味しさ」(前)

早稲田大学
ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所 ヘルスフード科学部門  研究院 教授 矢澤  一良 氏

管理栄養士・栄養士らが集まり、健康・栄養食品等に関する情報発信やセミナー・イベントを行う「日本を健康にする!」研究会(会長:矢澤一良氏)は、今年5月に組織名を「(一社)ウエルネスフード推進協会」に変更し、同年5月7日に都内でお披露目会を兼ねたシンポジウムを開催する。これまでは健康産業(健康・栄養食品メーカーなど)と生活者の懸け橋となるプラットフォームの構築を目指してきたが、今後は衣・食・住・環境という、より幅広い視点から健康づくり、エイジングケアの情報を発信していく。矢澤会長が提唱する“食品による予防医学”の考え方を聞いた。


 ―矢澤先生は、講演会などで「食品による予防医学」の必要性を提唱されていますね。

矢澤  一良 氏

 矢澤 人間の身体は日々の食事によって形成されていますので、健康を維持し病気になりにくい身体をつくるには、どんな食品を摂れば良いのか、食生活が鍵となりますが、行政機関は食品で疾病を予防することはできないと言っています。

 これは“予防”という表現は医薬品にしか使えず、食品には表記できないという行政サイドの事情があると推測できます。しかし、これまでの疫学調査や介入試験などからは食生活によって疾病を予防できることがわかってきました。ただし、食事の摂り方は、個人差もさることながら年齢やライフスタイルによって変わってきます。

 たとえばスポーツにしても、卓球選手のパフォーマンスピークは10代、水泳選手はせいぜい20代前半、相撲は30歳過ぎたら“年寄”。ゴルフなら40歳過ぎても活躍できます。身体のなかの老化現象というのは使う部位や臓器によって違います。脳細胞だったら35歳がピークで、あとは減る一方だと言われています。ですから細胞、臓器によって天寿があるかもしれません。個人差によって足腰にくる人もいれば脳に来る人もいます。あるいは血管系や循環器系にくる人もいるでしょう。健康的な食事でこれらの老化を5年、10年遅らせることが重要なのです。

 認知症の発症を10年遅らせることができれば、医療費はかなり減らせることができるはずです。人間の身体は毎日食べたものでできるわけですから、何をどう食べるかの違いによって、病気を未然に防げる人と防げない人とに分かれると考えられます。私は昨年70歳になりましたが、同窓の仲間に会うと、元気な人もいれば、病気がちで家にこもりっきりの人もいます。この個人差は遺伝子だけではなく、日ごろの生活習慣が大きく関わってくるのです。生活習慣のなかでも、とくに影響するファクターが食事です。

 ―最近はブレインフードと呼ばれる機能性食品が開発され、販売されていますが、食品成分で認知機能は改善できるのでしょうか。
 矢澤 糖尿病、高脂血症などの生活習慣病(メタボ、ロコモ)の行き着く先は要介護であり認知症です。国が推進しているメタボ健診のデータを見ると、保健指導を受けた人は受けなかった人と比べて医療費が3割減ったことがわかります。これは行政にとっては非常に大きなことで、受診者全員が保健指導を受ければ、医療費はかなり抑制できることを表しています。保健指導のポイントは食事指導と運動指導ですから、食事の影響が大きいことを意味しています。

 確かに超高齢社会で問題になっている認知症も食事で改善できるかもしれません。脳細胞は35歳を超えると1日に10万個死滅すると言われますので、1年で3,650万個、10年では3億6,500万個にもなります。これによりARCD(加齢性認識能低下)が進み、やがて認知症につながっていくわけですが、脳内の神経回路をつくるシナプス伝達がしっかりできていれば、その進行を遅らせることができるのです。

 シナプス機能を発揮させる栄養成分の1つにドコサヘキサエン酸(DHA)があります。DHAがシナプスの細胞膜のリン脂質に入って細胞膜の流動性すなわちシナプスの柔軟性を高めることで、神経伝達物質のやりとりが活発になります。これがDHAのメカニズムです。脳には血液脳関門がありますが、同じオメガ3系のエイコサペンタエン酸(EPA)は脳内には入っていきません。脳機能を高めるためには、同じ魚油でもDHAが豊富な魚(カツオ、マグロなど)を食べることが必要なのです。ですから、認知症の発症時期を遅らせるためには、伝達機能を活性化させる機能性食品を摂ることも1つの選択肢になるでしょう。

(つづく)

<プロフィール>
矢澤  一良(やざわ・かずなが)
早稲田大学 ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授。1972年、京都大学工学部工業化学科卒業。ヤクルト本社・中央研究所入社、微生物生体研究室勤務。 その後、(財)相模中央化学研究所に入所、東京大学より農学博士号を授与される。2000年、湘南予防医科学研究所設立。02年4月、東京水産大学大学院(現・東京海洋大学大学院)水産学研究科ヘルスフード科学(中島董一郎記念 キユーピー(株))寄附講座客員教授。その後、東京海洋大学「食の安全と機能(ヘルスフード科学)に関する研究」プロジェクト特任教授を経て、現在、ナノ・ライフ創新研究機構 規範科学総合研究所ヘルスフード科学部門 研究院教授。予防医学、ヘルスフード科学、脂質栄養学、海洋微生物学、食品薬理学を専門とする。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月24日 18:41

【特報2】川﨑大資こと塩田大介氏の代理人弁護士がデータ・マックスに回答書で「警告」~横浜幸銀と佐賀銀行は不可解な「取材拒否」

  ■代理人弁護士は「やってはいけないことだった」 データ・マックスに届いた回答書  ※クリックで拡大  データ・マック...

2019年05月24日 14:21

【特報】参院厚生労働委員会で、データ・マックス記事をもとに秋元司内閣府副大臣を追及~川﨑大資こと塩田大介氏と関係があったことを認める

 昨日(5月23日)開かれた参議院厚生労働委員会で、立憲民主党の石橋通宏参院議員が質問に立った。質問の内容は、データ・マックスで5月21日に報じた記事に基づいたもの。

2019年05月26日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(3)

 事故直後の一部報道では、宝運丸の走錨時、海上保安庁が2度にわたって警告を発したと報じている。

2019年05月25日 07:00

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(2)

 運輸安全委員会のHP下部には、参考というかたちで掲載され、報告書の本文中「3 分析」に用いる分析の結果を表す用語について以下のように定義されている。

2019年05月25日 07:00

入場料のある本屋「文喫」、アマゾンとの差別化は“検索しない”本探し(後)

 どんな本でもネットで買える時代。でも本屋好きは、本屋にいくことをやめられない。何かを探すでもなく、なんとなく本屋に行って、思いがけなく面白い本にハマってしまうことが...

2019年05月24日 17:30

【申し込み終了のお知らせ】国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」

 6月5日(水)に参議院議員会館1階101会議室で開催する国際情勢フォーラム「米中覇権争いの行方とアジア、日本への影響」は、参加者が定員である100名に達したため申し...

2019年05月24日 16:55

【検証】関空連絡橋衝突事故を振り返る~未曽有の衝突事故は防げたのか(1)

 2018年9月4日に近畿地方を通過した台風21号。「想定外」ともいえる暴風により、近畿地方を中心に大きな被害をもたらし、関西国際空港とりんくうタウンを結ぶ関空連絡橋...

2019年05月24日 16:24

リビン・テクノロジーズ(旧・シースタイル)が上場承認 東証マザーズ

   東京証券取引所は、不動産関連のウェブサービスを手がけるリビン・テクノロジーズ(株)(東京都中央区、川合大無社長)(旧・シースタイル)を上場承認した。上場するのは...

2019年05月24日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」5月21日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年05月24日 14:33

こうや豆腐摂取で「床ずれ」の治癒促進効果を確認

 旭松食品(株)(本社:長野県飯田市、木下博隆社長)は、凍り豆腐(こうや豆腐)摂取による、いわゆる「床ずれ」にあたる「褥瘡(じょくそう)」の治癒促進効果についての試験...

pagetop