• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月15日 07:04

原発と住民の関係も変化 再エネ小売との協力構想も(後)

住民が再エネの可能性模索

 唐津市湊地区は同市中心部から車で海沿いを走ること約15分で着く集落で、神集島を臨む港町にはいい風が吹く。海を背にして山側を見ると、海風を受けて勢いよくまわる2つの風車が見えた。18年2月に稼働を開始した唐津市湊および相賀風力発電所のものだ。

 同発電所の運営・管理を行っているのは自然電力(株)。福岡市に本社をもち、唐津市湊風力発電所の工事も手がけた。同社はいま、同地区の住民団体「湊中学校区地域まちづくり会議」と電力小売事業での協力を構想している。

 同社は、11年設立の自然エネルギー発電所の設置から運営、アセットマネジメントまで行う発電事業者。17年からは電力小売事業も行い、企業などの環境対策に向けた支援も行っている。

 14年には熊本県合志市で太陽光発電所の売電収益の一部を地域の農業振興に還元するプロジェクトを立ち上げたほか、長野県小布施町では自治体や地元ケーブルテレビと共同で電力会社「ながの電力(株)」を設立するなど、さまざまなかたちでの地域貢献を行っている。唐津市でも開設当初から先述の風力発電所の売電収益のうち、1%が地区の農業支援に還元されるプロジェクトが予定されていたが、今回の住民団体との構想は、そのプロジェクトとは別。今回の構想は住民団体が代理店のようなかたちで地域住民への契約を進め、その件数に応じた金額を受け取るというものだが、同社は、「企業や自治体との協力はこれまであったが、地域の住民団体との協働は初めての試み。協議次第でスキームが変わる可能性がある」としている。

「まちづくりへの考え変えたい」

まちづくり会議のメンバーと自然電力の担当者

 風車を臨む湊公民館で自然電力の井手脩治氏、「まちづくり会議」で電力部会の部会長を務める新英樹氏、そして同地区出身で同「まちづくり会議」で以前会長を務めていた唐津市議会議員・原雄一郎氏の3者会合を取材。考えを聞いた。

 合同会社や自治体も出資するかたちでの発電所運営などですでに実績ある同社。しかし、「電力小売で住民団体と連携するのは初めて」だという。井手氏は、「電力小売に参入したのは最近で、事業としてのアピールもある」としたうえで、「地域への還元を模索していく」と熱意を見せる。

 「まちづくり会議」が電力小売事業を考えたのは、予算の問題からだった。唐津市の事業で、市内8つの中学校区にそれぞれ予算を分配、地区ごとに特色あるまちづくりが行えるように意図したものだが、20年度以降の予算は市として予定されていない。

風車と田畑

 湊中学校区地域まちづくり会議では同地区に在住の若手の人々が中心となって運営し、これまで地区の祭り「湊神祭」などを催したほか、イベントを行うことでソフト面からの地域の活性化を行ってきた。ハード面を駐在員ら年配者層が務めているが、「連携は取れている」と新氏。実際に、電力小売事業に対する意見集約は年配者層も行い、地域全体での取り組みになっている。

 今回の構想を進めるなかで、「まちづくり会議が祭りを運営していることを初めて知った」という声を聞いたという新氏、「これまで『あって当たり前』と思われてきたお金への考え方を変える機会になる」と述べ、「これまで以上に人々が自分たちの地域のことを考える良い機会になっている」と語る。

 自然電力の小売事業の特色は再エネ由来の電力比率を明らかにしている点だが、意外にも、構想について話し合うなかで、「原発に対するスタンスについて、これまで話には出てこなかった」と原氏は明かす。「イデオロギーの話ではなくて、地域がどうするか、どうしていくかという考えに立って進んだ話」として、「たとえ結実はしなくても、次に繋ぐことができるのではないか」と地域の自主性が促され次世代に希望を託すことができたという考えを示した。

 早ければ年内に話をまとめようという今回の構想。現在は集めた資金の使途の明確化を図るなど、地区内でのすり合わせを行っている。新氏は、「納得してもらう以上、自分たちもきちんと説明できるようにしたい」と地元目線で進めていく考えを強調した。

 日本の原子力発電事業が岐路に立つなかで、人々の意識も変わってきている。今回の取材では、その変化の中心はやはり若い人たちで彼らが将来を担っていくのだと改めて実感させられた。

(了)
【小栁 耕】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月19日 07:00
NEW!

【6/21~23】「サッポロ生ビール黒ラベルパーフェクトデイズ2019福岡」開催

 「サッポロ生ビール黒ラベルパーフェクトデイズ2019福岡」(以下、パーフェクトデイズ)が21日からの3日間、福岡市役所西側ふれあい広場で開催される。

2019年06月19日 07:00
NEW!

孫正義の秘密兵器~ソフトバンク300年ビジョン計画(2)

 インターネット時代を先取りした孫正義氏は数々のビジネスディールを成功させ、大富豪の地位を獲得した。2000年にはドットコムブームが到来するわけだが、その時点で彼の個...

2019年06月18日 16:40

初の中心街への出店となる「天神店」オープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 ポーズを決めた紺の調理衣を着た男性の姿と、「げんこつからあげ弁当」の文字が躍る赤い看板が印象的な、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」。6月15日に新たに「天...

2019年06月18日 15:39

平成挽歌―いち雑誌編集者の懺悔録(7)

 講談社はオーナー企業である。上場はしていない。小学館、新潮社もそうだが、菊池寛がつくった文藝春秋はそうではない。したがって派閥ができる。オーナー企業は、社長にはなれ...

2019年06月18日 15:09

シリーズ・消えた「流通企業」寡占化の下で消えていった名物コンビニ~サンクス、am/pm、サンチェーン、ショップ99

 昨今、何かと話題の多いコンビニ業界だが、寡占化が最も進んでいる業態でもある。3社で市場の90%以上のシェアをもち、合わせ総額10兆円にもなる。だが、その背景にはこの...

2019年06月18日 14:56

孫正義の秘密兵器~ソフトバンク300年ビジョン計画(1)

 数多い日本人経営者のなかで、トランプ大統領やプーチン大統領、そしてモディ首相や習近平国家主席の心を鷲づかみにできる人物はまず見当たらない。唯一例外的な存在が孫正義氏...

2019年06月18日 13:19

東九州道で事故の影響による通行止めが発生~午後1時5分現在

   東九州道の国分IC-末吉財部IC(上下線)で、午後0時30分から事故の影響による通行止めを行っている。

2019年06月18日 11:36

【交通取締情報】19日、福岡市博多区で実施

 福岡県警は18日(水)、福岡市博多区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年06月18日 11:25

ピエール瀧被告、有罪判決

 東京地裁は18日、ピエール瀧被告に有罪判決を言い渡した。

消費税増税強行=参院選単独実施は本当なのか

 消費税増税が間違っている理由を三つ挙げてきた。第一は、日本経済を深刻な不況に転落させること。第二は、消費税増税が格差拡大をさらに推進すること。第三は、消費税増税が零...

pagetop