わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月17日 11:24

【スーパーマーケット・トレードショー】加速する変革への対応 SMが抱える課題を解消する商材続々と(1)

省力化・省人化対策への提案が顕著

 2月13日から15日まで幕張メッセで、「スーパーマーケット・トレードショー」(全国スーパーマーケット協会主催)が開催された。今年で53回目を迎えた歴史のある業界向けの最大級の商談展示会で、毎年、バイヤーや食品流通の関係者など多くが訪れるが、今年は3日間で8万8,412人が来場した。

 食品メーカー、卸し、設備機器、情報サービスなどの2,176の企業・団体などが出展。地域産品や海外商品も紹介され、今後のスーパーマーケット(SM)の在り方や食品流通、食のトレンドなどを探る格好の場となっている。

 業界を取り巻く環境は常に変化しており、近年ではアマゾン、楽天などネット通販の台頭、コンビニ、ドラッグストア(DgS)との異業種との競合により、市場が脅かされている。人手不足による人件費や物流費のコスト増といった問題も抱え、今年は秋に消費税増税が予定され、生活者の節約志向も高まることが予想される。

 中長期的には、少子高齢化や地方の疲弊、過疎化、所得格差の増大といった社会構造の変化への対応も迫られ、生活者の意識や価値観、行動スタイルも変わろうとしている。

 一方で、IT・IoTなど最新テクノロジーの活用で、省力化、省人化などによる効率性の向上や顧客との関係性の変化がもたらされ、すでにセルフレジや、電子マネー、スマホペイなどキャッシュレス化が進み、ビッグデータを活用したマーケティング、コスト削減といった取り組みにもアプローチしている。小売業にとってテクノロジーの活用は取り組むべき主要課題となっている。

 こうしてさまざまな課題を抱えながら、その課題に応えるために毎回、メインテーマを設定しているが、今回は「創 ニッポン」を掲げ、さまざまな課題の答えをつくる一助の役割を担い、豊かな地域社会づくりの貢献を担っていくことを目指している。

 そのなかで注目されるブースが「Future Store“NOW”」。全国スーパーマーケット協会は、2016年からSMの目指すべき方向性と実現に向けた研究を開始、課題を抽出し、必要なテクノロジー情報を共有する作業に取り組んだ、18年度から生活者および小売業の目線で中長期的かつ継続的に、SMの在り方を問い、近未来型店舗モデルの開発を進めている。

店舗スマート化、健康志向への潮流

 今回は「VIVID MARCHE~人に近づき、寄り添う~」をテーマに、これまで1年間のテーマに沿った情報収集・研究の成果が発表され、生活者の調査を基に、豊かなSMの役割として3つのスタイルを提示している。

 「スマートコミュニケーション」は、最新テクノロジーを活用した店舗のスマート化により、生産性の向上を実現し、顧客、従業員双方の負荷を軽減しようとする取り組み。AI、IoT、AR、5G、画像認識、ドローン、モビリティといった最新技術を用い、レジソリューションや電子決済、受取ロッカーなどを展開、デジタル家電との連携も模索する。

 店舗をスマート化することで、省力化・省人化による効率化が図られ、業界の長年の課題である生産性の向上が期待でき、従業員の負荷軽減や顧客サービスの向上にもつながるが、ハードルの高い費用対効果の問題をいかにクリアして具現化できるかがポイントとなりそうだ。

 生活者の健康意識の高まりへの対応策として考えられたのが健康状態のチェックや食事・食材に対するアドバイスによる「ウエルネスサポート」。AI、センシング、キネクト、ウエアラブル端末、音声認識、ビッグデータなどを使って、ヘルスケアや食品鮮度保存などを実現しようとする。

 日本ウエルネス学会の定義によれば、「ウエルネス」は、幸福で充実した人生を送るために、我々の毎日の生活を見直し、改善が必要と気づいた生活習慣の改善をしていこうというもので、健康より幅広く、より積極的な概念だという。

(つづく)
【取材・文・構成:西川 立一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月26日 13:57

山本太郎氏が都知事選擁立を「一切聞いてない」、長妻発言に敬意と警戒

 立憲民主党の長妻昭選対委員長が7月5日投開票の東京都知事選にれいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及したことについて、山本氏は24日、「そ...

2020年01月26日 07:00

フットワークの良さを武器に100周年を目指す老舗企業

 福岡地区で老舗として知られる博多電設工業(株)は、1936年11月に西嶋要次郎氏が西嶋電気商会として創業した電気工事業者である。54年1月に(有)博多電設鉱業所とし...

2020年01月26日 07:00

福岡の街づくりに青春を全力投入されたら如何ですか

  福岡では天神再開発、博多周辺開発で中心部の街づくりが進行している。博多の街は1587年に豊臣秀吉による区割りで現在の基盤が形成された。そして第二次世界大戦で度重な...

2020年01月26日 07:00

お客さまの健康を第一に考え『最善主義』を貫く健康食品業者

 東京製薬(株)は2016年11月に設立された医薬品および健康食品の製造販売業者。代表取締役社長を務める森本匡豊氏は薬剤師の資格をもち、主に高齢者を対象に、古くから生...

2020年01月25日 15:56

「メイト黒崎」が自己破産~負債総額約25億円

 北九州市の商業施設「クロサキメイト」(北九州市八幡東区)を運営する「株式会社メイト黒崎」は、下資料の通り、1月24日付で東京地方裁判所へ自己破産を申請し、同日付で保...

2020年01月25日 07:30

国内中核港をより進化させ地域活性化に挑む

 博多ふ頭(株)は、1993年4月に設立された港湾企業である。福岡市が51%、地元の海運会社など港湾業界関係企業が49%出資した第3セクターである。“管理型から経営型...

2020年01月25日 07:00

企画・開発・販売、そして管理まで 高価値マンションの提供により安定成長を実現

 競合他社を見るのではなく、常に顧客を見る。そうしたスタンスで実に手堅いビジネスを繰り広げているのが(株)ネストだ。2007年の「ネストピア大濠公園」を手始めに、現在...

2020年01月25日 07:00

マンションベースにさまざまな建物を企画 運用では新サービスにも挑戦

 2012年3月の設立から投資マンション「モダンパラッツォ」を供給してきた(株)モダンプロジェ。設立からわずか7年半にも関わらず、10月末時点で100棟(木造含む)の...

2020年01月24日 18:00

【検証】「ゴーン国外脱出」~ゴーン効果

 日本の刑事司法の違法性・犯罪性が外国からの情報によって次々に世界に発信され始めた。日本国民はいつも最後に真実を知らされる破目になっている。

2020年01月24日 17:13

東京・有楽町のランドマーク「東宝ツインタワービル」が解体へ

 東京都千代田区有楽町にある「東宝ツインタワービル」が、建替えにともなう解体工事に着工したことがわかった。 同ビルは1969年5月開業。屋上に見える2基の屋上広告塔...

pagetop