• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月27日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~セブンイレブン北京がデリバリーElemaに出店

 コンビニ大手セブンイレブンの合弁会社セブン‐イレブン北京有限会社は、デリバリープラットフォームの美団外売に出店したのに続き、このほどElemaのデリバリープラットフォームにも出店し、オンラインデリバリー商品のカバー範囲をさらに拡大した。

 オンラインチャンネルでの動きが遅れていた「セブンイレブン北京」は、ここ2年ほどの間にデリバリーサービスを徐々に進展させているが、ローソンやファミリーマートに比べると慎重だと言える。中国業界でオムニチャネル小売が主流になる中、セブンイレブン北京もデリバリープラットフォームヘの出店を起点としてEC分野の取り組みを積極的に模索したい考えだ。

 セブンイレブン北京は中国新聞社の取材に対して、「昨年に比べて、デリバリープラットフォームでの受注量が120%増加した。現在、プラットフォームで取り扱う商品は1千種類を超え、一般的には、コミュニティ型店舗のデリバリー注文がより多く、大容量の飲料やおでんなどのホットスナックが商品の中心だ」とした。

 店舗面積が相対的に小さく、来店客フローは大きいコンビニ業態にとって、デリバリープラットフォームヘの進出が遅れたのは、デリバリーを受け付けることで店舗のサービスや効率に影響が出るのではないかとの懸念がぬぐえなかったことが背景にある。こうした問題についてセブンイレブン北京は、「セブンイレブン北京の店舗は来店客の多い時間帯に合わせて人員のシフトを組んでおり、一般的に店長がデリバリー注文に対応し、注文を受けると担当スタッフが商品をそろえて会計をする。特殊なケースでもこの担当スタッフが注文した顧客に電話で連絡することになっており、現時点でデリバリー注文による来店客の買い物への影響はみられない」と説明した。

 ローソンの中国現地の小売企業がさまざまな協力スタイルを模索し、ファミリーマートがさまざまな営業販売モデルや有料会員モデルを打ち出す一方で、セブンイレブンの中国でのイノベーションは比較的に少ないようだ。無人コンビニや新小売などの新概念、セルフレジやECなどの新しい取り組みにも、セブンイレブンはそれほど興味を示してこなかった。

 セブンイレブン北京の関係責任者は、「今、セブンイレブン北京が一番力を入れているのは、日配生鮮食品の開発だ」と述べた。

 セブン‐イレブン(中国)の内田慎治会長はこのほど取材に答える中で、「今、人々がこぞって強調する新小売は実際には主に『サービス』という観点から出発したものだ。世界全体の状況を踏まえると、中国小売産業の『サービス』は発展が速く、先進的であることは間違いない。たとえばデリバリー配達、モバイル決済などは、『サービス』という側面で消費者のニーズを非常に十分に満足させているが、商品という側面では消費者のニーズに十分に応えることがまだ難しい。しかし消費者がコンビニで買うのはサービスではなく商品なのであり、質が高く、価値のある商品こそが消費者を引き留めるカギになる」と述べた。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
■(株)アジア通信社
所在地:107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)NEW!

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)NEW!

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

pagetop