わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年05月31日 15:53

HC市場規模の比較とDIYの現状 背景にある日米のライフスタイルの違い(1)

 1970年代に第1号店が誕生してから拡大・繁栄してきたホームセンター(HC)だが、日本の景気停滞状況と相まって、その業態に陰りが見え始めている。もともとアメリカで展開されていた同業態店舗の模倣から始まった日本のHCは国内で独自の発展をしてきたが、この世界的な景気低迷のなかにおいても、やはりアメリカ業態の模倣が生き残りの方策となるのだろうか。

ホームセンターの萌芽

 戦後、日本の流通業の若手経営者たちはアメリカ流通業界の雄といわれたシアーズとKマートに学んだ。そのなかの何人かが後に日本型大型店と呼ばれる業態を創業した。当初、アメリカに倣って“食品なし”でスタートしたが、より強い店舗になるためのラインロビングの一環として、“食品”を加えた。

 ラインロビングとはいろいろな部門(業種)を集めて1カ所に消費者が買いたいと思っているものをそろえるという手法である。いわゆる利便性の提供である。それまで消費者は衣、食、住それぞれ別の店に行かなければならなかったし、具体的にはさらに細かく店を使い分けなければならなかった。たとえば、肉1切れにしても「かしわ屋」という鶏肉の専門店には牛、豚肉は置いていなかった。靴や下駄は履物店に行くことが普通だった。交通手段もなく、徒歩がほとんどで消費者は文字通りモノの豊かさとは縁遠い日常を送っていた。

 当初、業界の理論的リーダーは食品と非食品は利用頻度が違うという理由で、“食品と非食品の合体”には反対だった。だが、当時の日本人のライフスタイルから見ても非食品だけでの規模拡大はいささか無理があり、必然的に日常消費の典型部門である“食品”に各社こぞって手を伸ばした。

 アメリカに倣い、「よりたくさん、より安く」というコンセプトを基本にして、食品を加えた新しいかたちの店は多くの消費者の支持を得ることになる。とくに衣料品は安く売っても高い粗利率が取れ、さらに消費飢餓という時代背景による売れ残りリスクがなかったため、彼らは食品をより安く売ることができた。そんな流れのなかで従来型の小売業は瞬く間に姿を消した。

豊かになると消費者のマインドが変わる

 日本には「隣百姓」という言葉がある。我々の国民性を表す実に言い得て妙な表現だが、簡単にいえば「隣が稲刈りの準備を始めたからうちも…」の類いである。隣が洗濯機を買ったから…、隣がテレビを買ったから、という消費が戦後は結構長い間続いた。しかし、豊かさが重なるとそのかたちが変化する。「十人一色」から「十人十色」になり、やがて「一人十色」となる。

 消費者の要求レベルが高くなるのである。豊かになるほど消費者は妥協しない。

 たとえば何でもある大型スーパーだが、園芸用のおしゃれな女性用長靴はない。気に入ったシャツを見つけたが、それに合うパンツが…。いろいろあるが欲しいものがないという現象が現れるのである。豊かになると消費者を十把ひとからげにした品ぞろえは見向きもされなくなる。かつて通用したラインロビングが通用しなくなるのだ。

 そこに登場するのがカテゴリーキラーである。やがて日本型大型店はそのラインのほとんどをカテゴリーキラーに浸食される。紳士服、靴、カジュアル衣料、スポーツ用品、家電、日用品、書籍、文具…。

 1970年代前半に登場したホームセンター(HC)は日本型大型店の部分カテゴリーを切り取ってより豊かな商品種類をそろえることで「買いたいものがある」状態をつくり出した。その後、かつての日本型大型店を彷彿とさせる猛烈な出店攻勢で、新たな市場もつくり出しながら市場を席巻する。そして今やその数は5,000店に迫ろうとしている。

(つづく)
【神戸 彲】

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)

1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に(株)ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop