• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月01日 07:00

HC市場規模の比較とDIYの現状 背景にある日米のライフスタイルの違い(2)

さらなるマインドの変化

※クリックで拡大

 現在のHCだが在庫アイテムは数万を超える。なかにはハンズマンのように20万という、いわば“異常なアイテム数”を展開する企業さえある。稀に数年に1個しか売れない商品もあるが、それでもかまわないというのである。効率化を志向する日本型大型店にこれはできない。小売業の場合、一番大きな経費は原価である。次が人件費。在庫が多いと管理する人手がかかる。だから従業員の受け持ち面積を増やし、在庫を削り込む。買うものがない売り場からますます買うものがなくなる。結果として、日本型大型店はピーク時の30%台に落ち込んだ。

 そんななか、カテゴリーのラインロビングで成長したHCだが、ここにきて不都合な真実に直面している。思うように売上が伸びないのだ。今や大方の既存店舗は成長しない、というのが定番になっている。過去の例から見ても「停滞は衰退の始まり」である。

 その理由は“何でもあり”の手法にある。今のHCには日用品があり、食品があり衣料品があり、家電製品がある。園芸用品もキャンプ用品も室内装飾品もある。しかし、どのカテゴリーにもパワーはない。食品購入を目的にHCに来店する人はまずいないし、キャンプ用品は(株)モンベルや(株)アルペンといった専門店には勝てない。そんな見方をすると、かつての日本型大型店と同じ轍を踏んでいるように見える。

 たとえば家庭の水道栓を取り変える場合の相談をするとき、どのくらいの店舗がその客の要望に応えられるだろうか?テントの設営の相談はどうだろう、家庭菜園のアドバイスはもらえるだろうか?それ以前に、今のHCにはほとんど従業員の姿がなく、相談カウンターもない。「買いたい人は自由に選んで買ってください」というかたちで、売り場にないものは販売できないし、専門的なアドバイスもできない。この状況は大型スーパーと似ている。いくらネットの時代といっても店で専門的アドバイスを受けたいという客は少なくない。とくに高齢者や定年でリタイア後に趣味でDIYや家庭菜園を始めたいという人にそれらのサービスは必須である。

頭打ちの市場をどう開拓するか?

※クリックで拡大
※クリックで拡大

 HC企業の雄はアメリカのザ・ホーム・デポである。この企業の年間売上は日本円で10兆円を超える。第2位のロウズの売上は7兆円超だ。アメリカと日本の違いが端的に表れる業態がHCだといっても過言ではない。

 その基本になるのが市場規模の違いだ。日本のHCの年間売上は(一社)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会(日本DIY協会)加盟の全企業を合わせても5兆円に届かない。上位3社の売上を合わせてもホーム・デポ1社の約12%だ。

 日本の建築とそれを取り巻く文化の歴史は古く、「モチはモチ屋」のことわざ通り、専門性の高い仕事はもっぱら建築の専門家に依存するというライフスタイルである。その理由は彼らの高い技術と責任施工、妥当な施工料金にある。そのため、自ら住まう家をつくり、メンテナンスをするという人は少ない。

 しかし、アメリカの場合は自分の家は可能な部分は自分でつくり、メンテナンスも自分で行うという人が少なくない。なにせアメリカは日本の約25倍の国土面積である。破損個所のメンテナンスを依頼してもすぐには対応してくれない。家や庭の面積が広く、耐用年数も比較的長い家を快適に使い続けるにはそれなりのメンテナンスが不可欠になるが、職人の工賃が高い割に信頼度はいま1つだ。だからアメリカでは壁のペンキ塗りや水回りの整備といったメンテナンスは自分で行うのが一般的なのである。

 敷地や床面積も日本のそれより広いということもあるが、自分でメンテナンスを行う最大の理由はその住宅寿命にある。日本の耐用年数は30年程度といわれるが、アメリカの住宅はその3倍である。100年以上同じ家に住み続けるには、日ごろの手入れや定期的な改装が欠かせない。しかもできるだけ安価に抑えるということが必須になる。

 考えてみれば、自分の手で好きなように家を建て、部屋をつくり、庭を整えるということは楽しい。事実、そのような人が世の中には存在するし、そこまでいかなくても器用な人は壁や床、あるいは住宅機器の取り付けなど自分で行う人もいるはずだ。そんなニーズに応えるのがアメリカのHCである。

(つづく)
【神戸 彲】

<プロフィール>
神戸 彲(かんべ・みずち)

1947年、宮崎県生まれ。74年寿屋入社、えじまや社長、ハロー専務などを経て、2003年ハローデイに入社。取締役、常務を経て、09年に同社を退社。10年1月に(株)ハイマートの顧問に就任し、同5月に代表取締役社長に就任。流通コンサルタント業「スーパーマーケットプランニング未来」の代表を経て、現在は流通アナリスト。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月24日 07:00

【交通取締情報】24日、古賀市と福津市で実施NEW!

   福岡県警は24日(水)、古賀市と福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。なお、予告なく日時、場所の変更、中止をする場合があるという。

ライオンズクラブを本来の姿に─337-A地区の今とこれから─(3)NEW!

  独善・独断的な決定プロセス   前回 、2017-2018年度のガバナー選出をめぐる騒動について記したが、以下に顛末を記す。  2014-20...

2019年07月23日 21:15

【ホークス速報】初回からお祭り騒ぎの3者連続ソロHR!乱打戦を制し、祭典初日を勝利~鷹の祭典2019inヤフオクドーム

 福岡ソフトバンクホークスは23日、年に一度の「鷹の祭典inヤフオク!ドーム」(以下、鷹の祭典)初戦で千葉ロッテマリーンズに11-7で勝利した。

2019年07月23日 17:28

伝統の「対応力」で中核事業に~飯塚病院

 麻生グループは、地方財閥起源の企業としては稀有な存在だ。九州勧業・紙与産業は大家業に転じた。安川電機は株式上場して大企業となった。祖業に固執した貝島炭礦は消滅した。...

2019年07月23日 16:42

西部ガスグループが手がける初のホテルに宿泊してみた~アンドコンフィホテル熊本城ビュー

 7月1日オープンのホテル「アンドコンフィホテル熊本城ビュー」。8階建て98室の同ホテルは、西部ガスグループが手掛ける初のホテルとして注目を浴びている。今回は、一般客...

2019年07月23日 15:09

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(12)

 汗が体中から噴き出してくる。冬近い晩秋の街を走るタクシーの中は涼しいはずなのに、私の頭も顔も背中も、汗水漬くである。おまけに、講談社が近付くにつれて動悸が激しくなる...

2019年07月23日 14:11

マザウェイズ・ジャパン(株)ほか2社(大阪)/子供服小売

 マザウェイズ・ジャパンは7月16日、大阪地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年07月23日 12:06

文学館からITエンジニアの交流拠点へ~8月に天神の赤煉瓦文化館に開設

 福岡市は8月21日にITエンジニアの交流拠点「エンジニアカフェ」をオープンする。同市による取り組み「エンジニアフレンドリーシティフクオカ」の一環によるもので、ITエ...

2019年07月23日 12:00

区画整理事業による新たな賑わい「伊都の杜」(後)

 伊都の杜と糸島高校前駅とが相乗効果を発揮することで、「糸島への移住」に対する抵抗感が和らいだ。また、18年9月の九州大学伊都キャンパスの完全移転・統合の完了により、...

2019年07月23日 11:41

【速報】WINカンパニーの川﨑大資容疑者らを起訴、他1名を逮捕~東京地検特捜部

 東京地検特捜部は23日、7月3日に詐欺容疑で逮捕していた川﨑大資容疑者(51)と一山賢介容疑者(35)、板倉真容疑者(38)を、私電磁的記録不正作出・同供用、詐欺の...

pagetop