• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月05日 07:00

人生100年時代の健診施設 KRD Nihombashi(中)

KRD Nihombashi 外観

 

健診の受診後に健康になれることが大切

 企業の健康診断や人間ドックなど、多くの人が受けている健診。受診した後に健診結果を見ても、病気というほどの深刻な結果ではなく、体に痛みを感じることがないと、健診結果を本棚の奥にしまってしまい、自分の体のことも忘れてしまうことが多い。しかし、健診の本当の目的は、早い段階で病気を見つけるとともに、病気にかかる可能性をあらかじめ見つけて病気を防ぐことだ。

 健診が終わると健康を意識しなくなるのではなく、健診の結果から病気の症状が出る前に体からのサインを見つけて、病気になる前に健康な体に戻すサポートをしたいと考えている。健診後の医師からのアドバイスや施設に併設されたスタジオで開催されているヘルスケアプログラムなどを通して、これまでの生活スタイルを大きく変えることなく、無理なく続けられる範囲で健康とうまくつき合う方法を見つけられることを目指している。

体を気にかけることから健康が生まれる

 健康は、生活習慣や食事を意識して、普段から体を気にかけることから始まる。一方で、健康のことが気になっても、人生を楽しみながら健康になれる自分のライフスタイルにあった方法が分からないことも多い。また、健康な時には健康を気にかけることを忘れがちで、病気になってから健康のありがたさに気付くものだ。

 健康を維持するために大切なことは、自分の体の健康状態がわかることだ。そのため、全体的な健診結果だけでなく、各検査項目の結果が体のどの部分のどのような状態を調べたものか、そして気になる検査結果が出ている時には、生活スタイルをどのように調整したらいいかという専門的なことについても、医師からの具体的なアドバイスを受けることができる。健康を取り戻すためには、自分の生活スタイルにあった体に良い生き方を知ることが一番の近道だからだ。

 一般的な人間ドックでは年に1回の健診だが、KRD Nihombashiは、健診の6カ月後にフォローアップの血液検査を行っている。普段の生活で健康のために気を付けていることが、良い結果になって表れているかを見ることで、今後の取り組み方がわかるためだ。さらに、前回、2年前、3年前と時間の流れにそって健診結果を見ることで、今、向かっている方向が良いかどうかを知り、今の方法が良いか他の方法に変えるほうが良いかわかる。

 また健診を受けた後も体に気になるところがある時には、医師に相談ができてアドバイスを受けられる。今は希望者が予約して対面で相談する仕組みだが、今後はスマートフォンやパソコンを使ってオンラインで医師に相談できる体制をつくることを目指している。健診を受けた後も、1人ひとりに寄り添うことで、健康でいられる生活を実現できるようにサポートすることが、KRD Nihombashiならではの取り組みではないだろうか。

併設スタジオで健康のきっかけをつかむ

 KRD Nihombashiでは、施設に併設されたスタジオで健康になるために必要な情報を習得できるヘルスケアプログラムを開催しており、健診結果から1人ひとりにあったヘルスケアプログラムをアドバイスしている。

 栄養の知識や最新医療の情報、メンタルヘルスなどの専門家から知識を得て、運動教室やクッキングスクールなどに参加して実際にやってみることで、健康的な生活習慣を送るための第一歩を踏み出すことができる。健康になるために大切なことは、まずはその場に参加することだという。参加して、専門家と時間を共有するなかで健康に良い生活習慣が身近になり、普段の生活に少しずつ取り入れることができるためだ。これまで、友人に勧められて健診やヘルスケアプログラムを受けたことがきっかけで、健康でいるために必要なことがわかり、普段の生活スタイルが工夫できるようになった方も多いという。

 たとえば健診結果は、検査項目などが専門的な言葉で書かれているため、健診を受けても結果を理解して生かしきれないことも多いといわれている。健診結果を生かして普段の生活習慣を改善できるように、検査項目を理解するために必要な専門的な知識を学ぶプログラムを開催している。検査項目の基準値がわかり、数値が読めるようになると、健診の結果を見て健康になるためには何をすればいいかがわかるようになり、普段の生活を送るなかで健診結果を生かせるようになる。

 また、「病は気から」という言葉もあるように、心と体の健康のバランスに注目したメンタルヘルスのプログラムを開催している。ヨガ教室で心のバランスを整えて体への負担を減らすことはもちろん、体の栄養状態は心の状態に影響するといわれているため、食事の栄養バランスを改善することで心の健康を整えることに取り組んでいる。多くの健康情報があふれるなかで、専門家から話を聞き行動に移すことで必要な情報を見極めて取捨選択できるようになり、自分に合う健康法を見つけられる第一歩になると考えている。

(つづく)
(取材・文・構成:石井 ゆかり)

お問い合わせはE-mailで受け付けております
KRD Nihombashi

所在地:東京都中央区日本橋本町4-4-2
E-mail:info@krd-nihombashi.com
URL:https://www.krd-nihombashi.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月18日 07:00
NEW!

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(後)

 シェールガス革命が進行中であるが、そもそもシェールガスとは何だろうか。シェールガスとは、堆積岩の一種である頁岩(けつがん)から採掘されるガスのことを指す。頁岩中のご...

2019年06月18日 07:00
NEW!

コード決済におけるクレジットカード不正対策ガイドラインを策定(後)

 店舗で行われるカード決済の通常利用では原則、サインやパスワードの入力などを求められる。カード券面を所持していることに加え、磁気データや券面にない情報で求めることで本...

2019年06月17日 17:39

市立小学校増築工事の影響で住宅に亀裂、下水逆流~近隣住民と福岡市の間で深まる溝

 福岡市の外郭団体が発注した工事で受けた建物の損傷について「謝罪した」とする福岡市側と、「謝罪されたおぼえはない」とする被害者。もはや修復不可能に映るまでに広がった両...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

 6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社...

2019年06月17日 17:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(後)

 豊洲市場のような公共建築物の場合、民間の建築物における建築確認の代わりに計画通知という制度があり、特定行政庁(豊洲市場の事例では東京都)が計画を審査します。

2019年06月17日 16:48

Jリーグを九州から盛り上げろ!九州のクラブの経営力を診断(前)

 サッカーのJリーグ史上、稀にみる復活劇といえる。今季、6シーズンぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進を続けている。J1の在籍歴がありながら、初めてJ3に降格した...

2019年06月17日 16:00

「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

 衆参両院で予算員会が開かれないまま通常国会の会期末が迫る中、新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は16日、広島市内で開かれた街頭記者会見でこの状況をつくったのは戦...

2019年06月17日 14:59

【9/1】ホテルオークラ福岡開業20周年記念企画 京都・神戸・福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催

 ホテルオークラ福岡は9月1日(日)、京都、神戸、福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催する。

2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられてい...

2019年06月17日 14:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(中)

 公設市場にはシビアな建築コスト削減は求められていないと思います。建築コストを抑えることよりも、仮に大地震が発生した場合でも市場の機能を損なわず都民に食材を提供できる...

pagetop