• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月12日 07:00

「財政難の北九州市浮揚には、IRしかない」~井上秀作・北九州市議会自民党議員団副団長(4)

井上秀作・北九州市議会議員・北九州市議会自由民主党議員団副団長

6月議会はIR関連質問で攻勢かける

 ――今後、北橋市長にどう働きかけていくお考えですか。

 井上 私は、北九州市がIR誘致を表明するタイムリミットは、9月議会だと思っています。6月議会はその前哨戦です。7日には、自由民主党の中島慎一団長が北九州空港へのアクセス鉄道について質問する予定です。

 北橋市長には、北九州空港へのアクセス軌道に対する思い入れがあります。自動車でしかアクセスできないというのは、空港を活性化するうえで非常にツライ部分があります。大分県や宮崎県には、東九州新幹線を整備したいという思いがあります。小倉駅から北九州空港に至る新幹線ができれば、大分、宮崎まで延伸するきっかけにできるかもしれません。北九州空港に新幹線を通すには960億円かかります。年間旅客数200万人が目標と言っていますが、とてもペイできません。最低でも500万人は必要です。

 そのためには、IRという仕掛けが必要になります。北橋市長は「IRの勉強をしていきたい」とおっしゃっているわけですが、中島団長は市長にまずIR事業者に会って情報収集をすべきであると意見されます。

 10日は、私が財政状況に関する質疑を通じて、IRに対する北橋市長の見解を質します。

 北九州市の借金はこの10年間全然減っていません。臨時財政対策債を入れると1兆円を超えます。これまでにいろいろな施策を講じてきたけれど、結果的にまったく減っていない。どうやって返すのですか。市の貯金は2018年度に255億円ありましたが、4年後には114億円まで減る見通しになっています。どうやって貯金を増やしていくんですか。市の財政状況を抜本的に改善するためには、もはやIRしかないんじゃないですか。IRが設置できたら、財源の涵養につながりますか、どうですか、財政局長、お答えください。

 そういう質問をします。そのうえで、北橋市長に対し「財源の涵養につながるIR誘致について、もう少し前向きに検討を進めていただきたい。いかがですか」と聞きます。

 3つ目が、まちの活性化とIRについての質問です。市内には10の大学などの学生がいますが、地元に就職するのはわずか2割です。中小企業は人手不足で困っています。なぜ学生は北九州市に残らないのか。まちに魅力がないからです。若者は、いろいろなレジャーが楽しめるきらびやかなまちに憧れるものです。IRはカジノのイメージが強いですが、面積の97%はエンターテイメント施設です。IRを誘致すれば、多くの若者、子どもが集まる新しいまちをつくることが可能です。民間投資で、日本最大のエンターテイメント施設を北九州市につくりましょう。市の総合体育館はすでに老朽化していますが、これもIR施設なんです。ドーム型の野球場だってつくれます。そういう話をします。

 ――北橋市長を説得できそうですか。

 井上 北橋市長は、もちろん市の財政状況はご存知です。IR誘致が実現すれば、税収は確実に増えることもご理解していただいています。私たちの試算では毎年200億〜300億円必ず入ってくるわです。宿泊税とは桁違いの税収になるわけです。固定資産税や法人税なども入ってきます。私たちが命がけで実現しなければならないプロジェクトだと考えています。いずれ北橋市長も必ず賛同していただけるものと信じています。

(つづく)
【大石 恭正】

<プロフィール>
井上 秀作(いのうえ・しゅうさく)

 駒沢大学法学部政治学科を卒業後、国際航業(株)に入社。95年、井上勝二北九州市議会議長秘書を経て、2002年2月、北九州市議初当選、以後5期連続当選をはたし、17年2月に北九州市議会議長に就任(19年3月退任)。1969年4月生まれの50才。北九州市小倉北区出身。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(後)NEW!

 小売業の求人募集といえば、以前はレジ後ろや店頭掲示板を使った店内掲示などが主であった。店内掲示は緊急性を要さない場合や、継続的に新規採用を続けたい場合に向いている。...

2019年08月19日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(後)NEW!

 7月10日、横浜銀行と千葉銀行が「業務提携で合意した」との発表があり、業界にインパクトを与えた。いまや銀行同士の業務提携(アライアンス)はとくに珍しくもないが、地銀...

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

pagetop