• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月19日 14:46

【パチンカー代の『釘読み』】Dステーションだけなのか、釘調整問題

 NEXUS(株)が運営するパチンコホール「Super D'STATION大間々店(群馬県みどり市)」が、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下、風適法)違反により、行政処分を受けたことは、大きな話題となった。

 同社が違反行為として群馬県公安委員会に指摘されたのは、パチンコ台の無承認変更、いわゆる「釘調整」。同社は今回の件を受け「当社は、このたびの処分を重大且つ厳粛に受け止め、今後は『法令遵守』『健全営業』の徹底を全社一丸推し進める所存です」とコメントしている。

休業で飛び交った噂

 当該店舗は、2019年6月6日付で群馬県公安委員会から4カ月の営業停止処分を受けるまで、休業していた。休業が始まったのは、18年11月26日から。突然の出来事に、当時遊技ファンや業界関係者の間では「釘調整で店長と社長が書類送検される」「全店営業停止になる」など、さまざまな憶測が広がった。

 実態は風適法違反容疑にともなう営業自粛だったわけだが、誰が、どのような状況下で釘調整を行ったのかに関して、群馬県公安委員会はその詳細を明らかにしていない。

黒塗り箇所が非常に気になるところ
※クリックで拡大

釘調整の是否

 パチンコ・スロットなどの遊技機は、メーカーから導入された状態で稼働させなければならない。しかし、経年劣化や不意のトラブルによる損傷は避けられない。こうした場合の現場(ホール)対応で、たとえばパチンコの釘を「メーカーから導入された状態(=元の状態)に戻す」ということはあるだろう。風適法で禁じられた行為(無承認変更)だが、現実問題として毎回公安委員会に変更の承認申請書、届出書を提出し、許可が下りるまで待つとなると、相応の時間・費用がかかる。許可が下りるまでは対象となる遊技機は稼働できないため、ホールの業績にも影響が出る。

 遊技の結果を大きく左右するような調整ならともかく、先述のような意味合いの「微」調整に対しては、多少の恩情があっても良いように思えるが…。

まれに釘が玉を弾きまくる時あるよね

疑問だけが残された

 同社に「Super D'STATION大間々店」の営業再開予定や、同店の営業停止処分が今後の業績に与える影響など問い合わせたが、期日までに回答はなかった。

 全国どのホールでも起こり得る釘調整による営業停止処分。だからこそ、本件に関してはなぜDステーションだったのか、という疑問が残されている。

【Dステーション運営、NEXUS(株)】

 1995年に群馬県沼田市に「D'STATION沼田店」をオープンさせたのが同社の始まり。M&Aなども駆使し、2019年6月現在、運営ホール数は全国で60店舗に迫る。九州では、17年の「P-ZONE」買収劇で注目を集めた。ホール運営のほかホテルやフィットネス事業も手がけ、20年に売上高4,000億円を目標に掲げるなど、後発企業ながら業界屈指の存在感を放つ。

旧:P-ZONE12店舗を含めると、18年6月期時点の売上高は約3,000億円
※クリックで拡大
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立NEW!

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその...

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

pagetop