• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月24日 10:56

レアアース問題の深層(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 一時期沈静化に向かっているように見えた米中貿易戦争だが、アメリカの追加関税措置の発表で、一挙に状況が緊迫してきた。

 アメリカは、なりふり構わず中国を潰しにかかろうとしている。貿易戦争からスタートした米中の衝突は、ますます激化しそうで、米中両国だけでなく、世界経済全般への悪影響が懸念されている。

 中国は経済規模、先端技術力で、10年以内に米国を追い抜くことが予見され、米国は中国が覇権に挑戦することをあきらめさせ、経済規模で米国が中国に抜かれることを阻止しようとしている。米国は経済規模で米国の40%に肉薄した日本を潰しにかかったことがあるが、中国は経済規模(GDP)において、2017年の時点で米国の63.2%となっているので、もっと深刻な脅威と言わざるを得ない。このペースで行くと、2023年から2027年の間に、中国はアメリカを抜いて、世界一の経済大国となるとされている。

 先端技術力においても、中国の台頭には目を見張るものがあり、それは米国にとって深刻な脅威になりつつある。先端技術の指標となる特許出願件数の統計を見ると、米国は5万6,624件で1位となっているが、2位の中国も4万8,882件で、1位の米国を僅差で追いかけている。

 このように貿易戦争が激化しているなかで、中国は米国への対抗策として、レアアースの輸出制限を検討しているようだ。米国はレアアース需要の80%を中国からの輸入に依存しているので、中国がレアアースの輸出制限に踏み切ると、米国は貿易戦争の新たな局面に直面することになる。

 レアアースの輸出制限には前例がある。尖閣諸島をめぐる問題で緊張が高まった2010年に、中国が日本に対するレアアース(希土類)の輸出を制限したことは記憶に新しい。中国政府がレアアース(希土類)を米中貿易戦争の切り札として使う可能性についてのニュースが流れ、中国産レアアースの価格は数年来で最高レベルに達しており、今後さらに上昇する見込みだ。

 レアアースの輸出制限が現実化すれば、米国のハイテク産業、軍需産業への影響は避けられない。今後、先進各国では代替材料の開発などに乗り出すことになるだろう。今回はレアアースについて取り上げてみよう。

 レアアースとは、元素記号57番から71番までで、 地中に低濃度で存在する17種類の元素の総称である。レアアース17鉱種のうち、、原子番号の小さな鉱種は「軽希土類」、原子番号の大きな鉱種は「中・重希土類」、2種類に区別される。「軽希土類」としては、セリウム(Ce)、ネオジム、サマリウムといった元素があり、「中・重希土類」には、ガドリニウム(Gd)、ジスプロシウムなどがある。

 「軽希土類」は、世界的にも広く分布している。今後開発が進めば、新たな鉱床も発見される可能性が高く、中国以外のレアアースの供給源を確保することは不可能ではない。一方、「中・重希土類」は中国南部の鉱床に偏在しており、中国からの供給に頼らざるを得ない状況である。

 中・重希土類の用途は、電気自動車のモーターや原子炉の中性子遮蔽材に活用される鉱物で、世界中が欲しがっている鉱物資源なのだ。レアアースは化学的に安定していて、熱と電気がよく通るので、電気、電子、光学分野に広く活用されている。とくに、スマホ、電気自動車などの先端製品の製造には欠かせない素材となっている。電気自動車1台に必要とされているレアアースの量は約1kgである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 09:11

トラブル頻発が表面化した産廃業者(4)契約単価をめぐる対立NEW!

 大分市の産廃処分場運営の(株)大分大和(同市片島、根本学代表)がここ数年間で過去の取引先を相手に訴訟を頻発させている。トラブルの要因を見ていくと、経営者の交代がその...

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

pagetop