• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月24日 10:56

レアアース問題の深層(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 一時期沈静化に向かっているように見えた米中貿易戦争だが、アメリカの追加関税措置の発表で、一挙に状況が緊迫してきた。

 アメリカは、なりふり構わず中国を潰しにかかろうとしている。貿易戦争からスタートした米中の衝突は、ますます激化しそうで、米中両国だけでなく、世界経済全般への悪影響が懸念されている。

 中国は経済規模、先端技術力で、10年以内に米国を追い抜くことが予見され、米国は中国が覇権に挑戦することをあきらめさせ、経済規模で米国が中国に抜かれることを阻止しようとしている。米国は経済規模で米国の40%に肉薄した日本を潰しにかかったことがあるが、中国は経済規模(GDP)において、2017年の時点で米国の63.2%となっているので、もっと深刻な脅威と言わざるを得ない。このペースで行くと、2023年から2027年の間に、中国はアメリカを抜いて、世界一の経済大国となるとされている。

 先端技術力においても、中国の台頭には目を見張るものがあり、それは米国にとって深刻な脅威になりつつある。先端技術の指標となる特許出願件数の統計を見ると、米国は5万6,624件で1位となっているが、2位の中国も4万8,882件で、1位の米国を僅差で追いかけている。

 このように貿易戦争が激化しているなかで、中国は米国への対抗策として、レアアースの輸出制限を検討しているようだ。米国はレアアース需要の80%を中国からの輸入に依存しているので、中国がレアアースの輸出制限に踏み切ると、米国は貿易戦争の新たな局面に直面することになる。

 レアアースの輸出制限には前例がある。尖閣諸島をめぐる問題で緊張が高まった2010年に、中国が日本に対するレアアース(希土類)の輸出を制限したことは記憶に新しい。中国政府がレアアース(希土類)を米中貿易戦争の切り札として使う可能性についてのニュースが流れ、中国産レアアースの価格は数年来で最高レベルに達しており、今後さらに上昇する見込みだ。

 レアアースの輸出制限が現実化すれば、米国のハイテク産業、軍需産業への影響は避けられない。今後、先進各国では代替材料の開発などに乗り出すことになるだろう。今回はレアアースについて取り上げてみよう。

 レアアースとは、元素記号57番から71番までで、 地中に低濃度で存在する17種類の元素の総称である。レアアース17鉱種のうち、、原子番号の小さな鉱種は「軽希土類」、原子番号の大きな鉱種は「中・重希土類」、2種類に区別される。「軽希土類」としては、セリウム(Ce)、ネオジム、サマリウムといった元素があり、「中・重希土類」には、ガドリニウム(Gd)、ジスプロシウムなどがある。

 「軽希土類」は、世界的にも広く分布している。今後開発が進めば、新たな鉱床も発見される可能性が高く、中国以外のレアアースの供給源を確保することは不可能ではない。一方、「中・重希土類」は中国南部の鉱床に偏在しており、中国からの供給に頼らざるを得ない状況である。

 中・重希土類の用途は、電気自動車のモーターや原子炉の中性子遮蔽材に活用される鉱物で、世界中が欲しがっている鉱物資源なのだ。レアアースは化学的に安定していて、熱と電気がよく通るので、電気、電子、光学分野に広く活用されている。とくに、スマホ、電気自動車などの先端製品の製造には欠かせない素材となっている。電気自動車1台に必要とされているレアアースの量は約1kgである。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月25日 13:34

【特集】これでいいのか産廃処理(2) 「正直者が馬鹿を見る」中間処理業界NEW!

  安定型処分場で埋立できる産業廃棄物(産廃)は、“安定型5品目”と呼ばれる、「廃プラスチック類、ゴムくず、金属くず、ガラスくず・コンクリートくず、がれき類」など。廃...

2021年01月25日 13:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(7)NEW!

 ベストはなぜ負けたか。ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ、エディオンなどの競合量販店が九州に食指を伸ばした、デフレと不況で消費者の購買意欲が薄れた、そ...

菅義偉首相の致命的欠陥とはNEW!

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

2021年01月25日 10:57

【検証】トクホ“復権”に向けた消費者庁の検討会、失敗に終わる可能性もNEW!

 機能性表示食品の登場により、影が薄くなった特定保健用食品(トクホ)。トクホ制度をテコ入れするため、消費者庁は昨年12月に「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に...

2021年01月25日 10:39

2020年のM&A コロナで海外案件が減少、小型化も~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライク(東証一部)は、2020年の年間M&A動向を集計した。M&A件数は、2013年以来7年ぶりに前年を下回る849件(前年比4件減)となった...

2021年01月25日 09:50

中国経済新聞に学ぶ~2020年に中国人は何を消費したか?(後)NEW!

 淘宝(タオバオ)は2020年12月21日、20年に人気を集めた商品を発表し、マスク、ヘルメット、熱乾麺(武漢の軽食)などがトップ10入りした。今年のインターネットプ...

2021年01月25日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(6)

 2010年1月20日の役員会で代表取締役の提案があり、井澤信親氏が推薦された。投票により、賛成多数で井澤氏の代表取締役専務就任が決定した。このとき、中野茂常務も他薦...

2021年01月25日 07:00

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(後)

 それどころか、この経済対策と平行して進められたのが、庶民からカネを巻き上げる「社会保障制度改革」であった。菅内閣は実に驚くべきことに、このコロナ禍状況において、75...

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

pagetop