• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月08日 15:10

ビジネスリーダーに捧げる「アートの愉しみ方」!(前)

 今ビジネスの世界では、粗製乱造で希少性が失われつつある経営学修士・MBAとごく限られた人しか入学できない美術学修士・MFAで学位の価値が逆転しつつある。

 一方、シリコンバレーでは、2000年代初めにステム「STEM」(Science・Technology・ Engineering・Mathematics)という概念が教育界で提唱され、世界に定着したが、そこに近年「Art」が加わり、スティーム「STEAM」となった。世界の多くの企業や教育機関で、アートやデザインが重要視されるようになっている。しかし、どういうプログラムで超多忙のビジネスリーダーがアートを学べばいいのか。大学の授業風にギリシャから2000年の美術史を逐一追いかけなければならないのか。

 講演会(京大・東京オフィス)で上京中の美術ソムリエ・美術評論家の岩佐倫太郎氏に聞いた。美術館、博物館や博覧会の日本を代表するスペースプランナー・プロデューサーとして、広告代理店で長年海外ビジネスを経験してきた岩佐氏は「心配におよびません」と一言。それはなぜか。

美術ソムリエ・美術評論家 岩佐 倫太郎 氏

過去の積み上げではブレイク・スルーができない時代

 ――本日は「アート」を私たちはどのようにして、身近に置くことが可能になるかについて、色々と教えていただきたいと思います。先ずは、近年よく話題になる芸術学修士・MFAについてはどのように思われていますか。

ドイツ・ベルリンの国立美術館。
フェルメールの傑作「ワイングラス」の前で。

 岩佐倫太郎氏(以下、岩佐) MBAからMFAへの流れはここにきて少しずつ浸透してきたように思います。かつては、MBAでケース・スタディをたくさん記憶した人がエリート。その人がロジカル・シンキングやプレゼンテーションなどを学び、マーケティングや危機管理などビジネスの成功法則を蓄積すると、企業のかかえるさまざまな問題に対して、いち早くソリューションを与えることができるだろう、すなわちすばらしい経営者になれるだろうと思われていました。今から思うとわりと平和な時代でした(笑)。ところが世の中がドラスティックに変わりました。

 未来は現在の延長線上には存在しません。過去の積み上げでは、今の時代にはブレイク・スルーは見い出せません。そもそもの発想の方法論を変えないといけない、というか崖から飛ぶことを求められています。そのために座禅や断食などに走る人もいるし、超論理の創造的アプローチとして「アートやデザインの発想」があるんだろうと思います。MFAが今注目されている背景はそんなことではありませんか。

「美術脳」を活性化させ解放や癒しを得ることである

 僕は、今起こっているアートやMFAブームを、少し冷静に見たいと思っています。あおるつもりはありません。ましてや、美術の基本知識がないと欧米のエリートたちに太刀打ちできないとか言った脅しに似た言説が流れるのは危険だと思います。美術を知識に置き換えてコレクションするのがどれだけの意味があるんでしょうか。それはMBAの科目が増えただけのことになりませんか。我々はなぜ絵を見るのでしょうか。スペインの「アルタミラの洞窟壁画」を見れば、絵を描き、見ることは、古来、人間だれにもある根源的欲求であることがわかります。

 ただ、日頃の私たちは、数字や知識など、ロジックでがんじがらめになっています。これは現代を合理的に生きるためにはやむを得ないことです。しかしながら、眼や脳を合理的なものに奉仕するのをやめさせて、言葉のない色やかたちの世界に自由に放牧し、好きなように遊ばせてやることも脳の創造力の復活のために必要ではないかと思っています。

 ビジネスリーダー(以降、次世代リーダーも含む)など要職にある方はとくにそうです。アート体験は大げさにいうと、個人としてのよみがえりを図ることです。人間の脳はもともと遊び好きなんです。絵を見て、個人が解放や癒しを得て、「美術(アート)脳」を活性化することで直観力や創造力を得る、それがアート体験の最大の価値ではないかと僕は考えています。逆説的ですが、積み上げて多くのものを得ようとするのでなく、自分の今までの方法論を解体することなんですね。ここに早く気付いていただきたいなと思います。

ギリシャから2千年の美術史を逐一追いかけている?

 では実際にどういうプログラムで、ビジネスリーダーがアート体験をすればよいのか。ここが意外と盲点になっています。本来ならリベラル・アーツとして絵の見方を身に付ける、その必要最小限の技法がもっと語られてもいいと思うんですが・・。どこから入って、どの程度のことを把握しておけばいいのか。仮に大学の授業風にギリシャから2千年の美術史を逐一追いかけていたなら、いくら時間があっても足りません。また、たとえばバロックなどの絵画鑑賞には、聖書の知識、ギリシャ神話の知識などが必要です。

 僕の考えではこうした分野は後でいくらでも勉強することができます。いまいちばん重要な所を鷲づかみにし、手繰り寄せるには、絶対外せないポイントがあるんです。そこをお話しします。しかし、日本の多くの美術史家は専門に別れてタコツボ状になっているので、俯瞰的に美術史を見て今のビジネスパースンがどういう手順で、リベラル・アーツとして絵を学んでいったらいいか、などと言ったことは多分いえないでしょうし、また関心もないでしょう。そのあたりで僕の美術ソムリエとしての出番があると思っています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
岩佐倫太郎氏(いわさ・りんたろう)
 
美術ソムリエ・美術評論家
 大阪府出身。京都大学文学部(フランス文学専攻)卒業。大手広告代理店で、美術館、博物館や博覧会などの企画とプロデューサーを歴任。ジャパンエキスポ大賞優秀賞など受賞歴多数。「地球をセーリング」(加山雄三)ほか作詞。美術関係の記事を企業のPR誌や雑誌に執筆するほか、大学やカルチャー・センターで年間50回を超える美術講演をこなす。近著として『東京の名画散歩~印象派と琳派がわかれば絵画がわかる』(舵社)。美術と建築のメルマガ「岩佐倫太郎ニューズレター」は、多くのファンをもつ。ブログは「iwasarintaro diary」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年12月03日 17:17

【BIS論壇N0.334】RCEP、TPP、APECの動向NEW!

 11月15日、日中韓、ニュージーランド、豪州、東南アジア諸国連合(ASEAN)アセアンの15カ国によるRCEP(東アジア地域包括的経済連携)が合意に達した...

2020年12月03日 16:11

福岡市、香椎駅前の土地など市有地を入札へ

 福岡市は、未利用の市有地について入札による売却を行う...

2020年12月03日 16:00

酒類卸最大手のカクヤスグループ 九州での勢力拡大を狙う

 酒類卸最大手の(株)カクヤスグループは近年、異業種に対するものも含め積極的にM&Aを活用し業容拡大を進めている。こうしたなかで、今年、九州地区で本業での攻勢を一気に...

2020年12月03日 14:33

アビスパ、貴重な勝ち点で昇格に大きく前進 岡山1-1福岡

 サッカーJ2リーグのアビスパ福岡は2日、アウェーの香川県丸亀市・Pikaraスタジアムでファジアーノ岡山と第38節の試合を行った...

2020年12月03日 14:00

経営コンサルのハラトータルオフィスがニュースレターを発行

 個人・中小零細企業向けに資金調達や財務改善など、銀行取引を中心とした経営コンサルタントを提供するハラトータルオフィス(株)が先日からニュースレターの発行を開始した...

2020年12月03日 11:33

麻生グループの御曹司、麻生巌氏は、投資家・孫正義氏になれるか~日本の台所・豊洲市場の東都水産に友好的TOBを実施(2)

 卸売市場に関する改正法が、6月21日に施行された。法改正の目玉は、国の認可制だった中央卸売市場の開設が、一定の基準を満たせば、民間企業でも可能な認定制になったことだ...

2020年12月03日 11:00

【縄文道通信第54号】縄文文化―ユートピア論(前)

 新型コロナウイルスの世界的な蔓延で、人類は改めて生存の危機を感じ始めた。さまざまな世界的な識者の見解を見ていると、悲観論が蔓延している感がある...

2020年12月03日 10:30

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(6)

 「不適切であるが違法ではない」という迷言は近年、ヤメ検によって創作された詭弁である。普通の人には概念的理解ができないため、不適切の場合には違法ではないから、先に事案...

2020年12月03日 10:03

耐震強度不足に加えマンション全体で7,000本鉄筋不足 驚愕の“殺人マンション”パークサンリヤン大橋の裁判(1)

 「パークサンリヤン大橋」の区分所有者が西鉄らを相手取り提訴した損害賠償事件。この裁判では、構造設計一級建築士の仲盛昭二氏ら4名が原告側の技術意見書を作成し 原告側弁...

2020年12月03日 09:44

福岡市、市営住宅向けコインパーキング事業者募集

 福岡市ではコインパーキングの設置・運営事業者の公募を行っている...

pagetop