• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月08日 15:10

ビジネスリーダーに捧げる「アートの愉しみ方」!(前)

 今ビジネスの世界では、粗製乱造で希少性が失われつつある経営学修士・MBAとごく限られた人しか入学できない美術学修士・MFAで学位の価値が逆転しつつある。

 一方、シリコンバレーでは、2000年代初めにステム「STEM」(Science・Technology・ Engineering・Mathematics)という概念が教育界で提唱され、世界に定着したが、そこに近年「Art」が加わり、スティーム「STEAM」となった。世界の多くの企業や教育機関で、アートやデザインが重要視されるようになっている。しかし、どういうプログラムで超多忙のビジネスリーダーがアートを学べばいいのか。大学の授業風にギリシャから2000年の美術史を逐一追いかけなければならないのか。

 講演会(京大・東京オフィス)で上京中の美術ソムリエ・美術評論家の岩佐倫太郎氏に聞いた。美術館、博物館や博覧会の日本を代表するスペースプランナー・プロデューサーとして、広告代理店で長年海外ビジネスを経験してきた岩佐氏は「心配におよびません」と一言。それはなぜか。

美術ソムリエ・美術評論家 岩佐 倫太郎 氏

過去の積み上げではブレイク・スルーができない時代

 ――本日は「アート」を私たちはどのようにして、身近に置くことが可能になるかについて、色々と教えていただきたいと思います。先ずは、近年よく話題になる芸術学修士・MFAについてはどのように思われていますか。

ドイツ・ベルリンの国立美術館。
フェルメールの傑作「ワイングラス」の前で。

 岩佐倫太郎氏(以下、岩佐) MBAからMFAへの流れはここにきて少しずつ浸透してきたように思います。かつては、MBAでケース・スタディをたくさん記憶した人がエリート。その人がロジカル・シンキングやプレゼンテーションなどを学び、マーケティングや危機管理などビジネスの成功法則を蓄積すると、企業のかかえるさまざまな問題に対して、いち早くソリューションを与えることができるだろう、すなわちすばらしい経営者になれるだろうと思われていました。今から思うとわりと平和な時代でした(笑)。ところが世の中がドラスティックに変わりました。

 未来は現在の延長線上には存在しません。過去の積み上げでは、今の時代にはブレイク・スルーは見い出せません。そもそもの発想の方法論を変えないといけない、というか崖から飛ぶことを求められています。そのために座禅や断食などに走る人もいるし、超論理の創造的アプローチとして「アートやデザインの発想」があるんだろうと思います。MFAが今注目されている背景はそんなことではありませんか。

「美術脳」を活性化させ解放や癒しを得ることである

 僕は、今起こっているアートやMFAブームを、少し冷静に見たいと思っています。あおるつもりはありません。ましてや、美術の基本知識がないと欧米のエリートたちに太刀打ちできないとか言った脅しに似た言説が流れるのは危険だと思います。美術を知識に置き換えてコレクションするのがどれだけの意味があるんでしょうか。それはMBAの科目が増えただけのことになりませんか。我々はなぜ絵を見るのでしょうか。スペインの「アルタミラの洞窟壁画」を見れば、絵を描き、見ることは、古来、人間だれにもある根源的欲求であることがわかります。

 ただ、日頃の私たちは、数字や知識など、ロジックでがんじがらめになっています。これは現代を合理的に生きるためにはやむを得ないことです。しかしながら、眼や脳を合理的なものに奉仕するのをやめさせて、言葉のない色やかたちの世界に自由に放牧し、好きなように遊ばせてやることも脳の創造力の復活のために必要ではないかと思っています。

 ビジネスリーダー(以降、次世代リーダーも含む)など要職にある方はとくにそうです。アート体験は大げさにいうと、個人としてのよみがえりを図ることです。人間の脳はもともと遊び好きなんです。絵を見て、個人が解放や癒しを得て、「美術(アート)脳」を活性化することで直観力や創造力を得る、それがアート体験の最大の価値ではないかと僕は考えています。逆説的ですが、積み上げて多くのものを得ようとするのでなく、自分の今までの方法論を解体することなんですね。ここに早く気付いていただきたいなと思います。

ギリシャから2千年の美術史を逐一追いかけている?

 では実際にどういうプログラムで、ビジネスリーダーがアート体験をすればよいのか。ここが意外と盲点になっています。本来ならリベラル・アーツとして絵の見方を身に付ける、その必要最小限の技法がもっと語られてもいいと思うんですが・・。どこから入って、どの程度のことを把握しておけばいいのか。仮に大学の授業風にギリシャから2千年の美術史を逐一追いかけていたなら、いくら時間があっても足りません。また、たとえばバロックなどの絵画鑑賞には、聖書の知識、ギリシャ神話の知識などが必要です。

 僕の考えではこうした分野は後でいくらでも勉強することができます。いまいちばん重要な所を鷲づかみにし、手繰り寄せるには、絶対外せないポイントがあるんです。そこをお話しします。しかし、日本の多くの美術史家は専門に別れてタコツボ状になっているので、俯瞰的に美術史を見て今のビジネスパースンがどういう手順で、リベラル・アーツとして絵を学んでいったらいいか、などと言ったことは多分いえないでしょうし、また関心もないでしょう。そのあたりで僕の美術ソムリエとしての出番があると思っています。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
岩佐倫太郎氏(いわさ・りんたろう)
 
美術ソムリエ・美術評論家
 大阪府出身。京都大学文学部(フランス文学専攻)卒業。大手広告代理店で、美術館、博物館や博覧会などの企画とプロデューサーを歴任。ジャパンエキスポ大賞優秀賞など受賞歴多数。「地球をセーリング」(加山雄三)ほか作詞。美術関係の記事を企業のPR誌や雑誌に執筆するほか、大学やカルチャー・センターで年間50回を超える美術講演をこなす。近著として『東京の名画散歩~印象派と琳派がわかれば絵画がわかる』(舵社)。美術と建築のメルマガ「岩佐倫太郎ニューズレター」は、多くのファンをもつ。ブログは「iwasarintaro diary」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(2)NEW!

 本日(20日)、側近に取材申し入れの書簡を送付した。側近に対しては以前より数度にわたって取材の依頼をしたものの回答がなかった。

2019年08月20日 17:42

福岡市東区の病児保育室「ぞうさんの家」、市の業務委託解除へNEW!

 福岡市東区にある小児科「ならざき小児科」(事業者:(医)育慈会、楢崎亮代表)が開設・運営している病児保育室「ぞうさんの家」が、近日中に福岡市の病児・病後児デイケア事...

2019年08月20日 17:33

フェルナンド・トーレス氏、佐賀県の「SSPアンバサダー」に就任NEW!

 佐賀県は20日、8月23日に現役を引退するサガン鳥栖のフェルナンド・トーレス氏を県庁に迎えて「SSPアンバサダー」就任式を行い、山口祥義知事からトーレス氏へ「SSP...

2019年08月20日 17:25

【訃報】博多港振興協会の角川敏行前会長が死去NEW!

 博多港振興協会の前会長で博多港運(株)の前名誉会長・角川敏行氏が15日に死去した。

2019年08月20日 17:23

「平成挽歌―いち編集者の懺悔録」(15)NEW!

 私が週刊現代編集長だったのは平成4年から平成9年までの約5年半だった。販売に調べて貰ったら、この間の平均実売率は82%を超えていた。あの当時でも信じられないほど高い...

2019年08月20日 16:55

どうする?どうなる?社会保障(1)

 「老後に2,000万円が必要」という金融庁の報告書により、年金制度、さらには社会保障制度に注目が集まった。老後に必要な資金を発表して、投資などの資産運用を促すことが...

2019年08月20日 15:25

お盆期間の高速船「ビートル」~韓国人利用客が前年比約7割減

 福岡と韓国の釜山を結ぶ高速船「ビートル」のお盆期間(8月9日~18日)の利用客は3,728人で、前年比46.6%減だったことが分かった。

2019年08月20日 15:08

ニトリ販売のレンジ台、商品転倒の恐れで約1万7,000台がリコール

 (株)ニトリホールディングス(本社:北海道札幌市、白井俊之社長)が、2018年8月21日から19年7月14日の期間に販売したレンジ台が、重量により底板に亀裂や割れが...

2019年08月20日 14:16

拡大を続ける健康食品市場

 生活者の健康志向の高まりを背景に、特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品といった公的制度の導入も進み、健康食品市場は1兆円を超え拡大を続けている。

2019年08月20日 14:00

【交通取締情報】21日、福津市で実施

 福岡県警は21日(水)、福津市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

pagetop