• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月10日 14:46

連勝も課題が残る結果に~ホークス3-2ライオンズ

 現在首位の福岡ソフトバンクホークスは9日、埼玉西武ライオンズ戦に3-2で勝利し、2位の北海道日本ハムファイターズとのゲーム差を7とした。前日、東京ドームでライオンズを相手に延長12回の激闘を繰り広げたホークスは、この試合も厳しい戦いを強いられた。

 ホークス先発はライオンズ戦、3戦3勝と相性が良い高橋礼、対するライオンズ先発は十亀。「リズムが悪かった」という高橋礼は初回先頭バッターの秋山にフェンス直撃の3塁打で出塁されると、3番外崎にショートゴロを打たれ、その間に秋山がホームイン、先制を許した。

 味方の援護はすぐにあった。1回裏、牧原が十亀のワイルドピッチで出塁すると、「入るとは思わなかった」と2番福田が詰まりながらも右中間へ逆転2ランホームランを放ち2-1。4番デスパイネ、6番松田がフォアボールで出塁すると、7番上林がタイムリーヒットを放ち、3-1とリードする。

 逆転を目指すライオンズは、2回に7番栗山、8番金子のヒットなどでランナーを3塁まで進めチャンスを広げるが、追加点が奪えない状態が続く。一方のホークスも追加点が奪えない。

 試合が動いたのは5回表ライオンズの攻撃。9番鈴木がライト前ヒットで出塁すると、1番秋山がライト前ヒットでノーアウト1,3塁とする。続く2番源田のピッチャー強襲の打球は、高橋礼のかかとにあたりヒット、この間に3塁ランナーがホームに帰り3-2。1発が出れば逆転となる場面だが、高橋礼がクリーンナップ3番外崎、4番山川をともにレフトフライに仕留め、リードを保ったまま5回で降板した。

 その後、ホークスの投手陣は高橋純、嘉弥真、加治屋が無失点と役割をはたし、9回は甲斐野がしっかりとリードを守り、試合はそのまま3-2で終了した。

リリーフ陣が活躍し、9回表には9番金子のバントを甲斐が2塁に送球し、ダブルプレーを奪うなど守備面が光った試合だったが、一方で打線は福田のホームランを含む3安打と振るわず、課題も残る試合となった。

ホームランを期待する小さなホークスファン

【麓 由哉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop