• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月06日 09:00

私と稲盛塾長

 1969年11月に創業し、『より良い水創りと人財(ひと)創り』を経営理念に掲げ、良質な水の提供とそれを可能にする人財育成に努めてきたゼオライト(株)。同社は、日本が誇る経営者・稲盛和夫氏が塾長を務める盛和塾で提言されているフィロソフィに強く感銘を受け、自社の経営に取り入れ、業績を拡大してきた。同社代表取締役会長である河村勝美氏に盛和塾への思いを聞いた。

盛和塾との出会い

 盛和塾との出会いは、ささいなことでした。経営者として、さまざまな勉強会や研修、交流会に参加するなか、ある知人から紹介されてオブザーバーとして参加しました、そんなありふれたきっかけで何気なく会場に向かったのが私と盛和塾、そして稲盛塾長との出会いです。

 それまで数々の研修、研究会に参加しましたが、盛和塾はそれらとは圧倒的に違いました。塾長、講師、生徒のすべての方が本気でした。私が最初に感銘を受けたのは、そこに集まる人たちの学ぼうとする姿勢でした。塾生、1人ひとりが講演内容を一言も聞き漏らすまいと耳を傾け、学んだことを少しでも自分の経営、人生に生かそうと必死にメモを取っていました。

 私はこの出会いに非常に感謝しております。この出会いがなければ、“今”の会社はなかったでしょうし、私自身の生き方、考え方、そして「心の在り方」もまったく別のものになっていたでしょう。

心の在り方とフィロソフィ

 稲盛塾長は私に心の在り方を教えてくれました。中でも成功方程式を教示していただいた時は、目からうろこで強く感動したのを覚えておりますし、今の弊社の社員教育にも取り入れています。

 私たちは、技術研修などの実技にかかわる教育も行っておりますが、稲盛塾長のフィロソフィを基本とした「心の教育」を特に大切にしています。講演で稲盛塾長も仰っていますが、経営者が社員教育をするためには、まずは経営陣が盛和塾で学ぶフィロソフィ、利他の心の本質をしっかりと身につけなければなりません。言葉だけではなく、本質をしっかりと学ぶことで、それぞれの企業に合わせた理念や経営方針を立てていくことができます。

 私たちは、「ゼオライトフィロソフィ」を作成し、経営者を始め、役員、社員全員でこれを共有しています。ゼオライトフィロソフィとは、お客さまとの相互信頼のもとに製品をつくり、サービスを提供し、限りない喜びと満足を共有していくために、ゼオライトの社員はどのような考え方をすべきかを示しています。全42項目の判断の基準、行動の指針をまとめたもので、最初には経営理念とともに成功方程式を掲げています。

『人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力』

 この方程式は、「正しい考え方をもち、正しく行動する」「燃えるような熱意をもつ」「能力を磨く」ことを掛け合わされたものが、結果として、その人の人生をより良いものにしていくと表しています。すばらしい会社となるためには、その会社の経営陣を始め、社員全員がすばらしい人生を歩む努力をすることが大切だからです。そのほかに「ゼオライトの12か条」「ゼオライトのビジョン」「ゼオライトの精進」などを作成しておりますが、すべて稲盛塾長の影響を受けています。それほど稲盛塾長の影響は強いものでした。

これからの河村勝美の生き方とゼオライト

 私たちは「お客さまの喜びは、会社、社員の喜び」という思いを体現してきました。これは、弊社の名誉会長・河村恭輔が創業当時から大切にしてきたことです。私は夫であり、上司でもある名誉会長にすべての信頼をもってともに歩んできました。

 社長を退き、会長として4年目を迎えました。昨年は全従業員の結束力と社長のリーダーシップで過去最高の結果をつくり出してくれました。事業承継の目的は、内部体制の確立と仕組みつくりですが、不十分な為、代表として反省ばかりの日々です。今期こそさらなる技術力、人間力を高め、日常業務が会社の利益につながると実感できる仕組みを構築します。

 稲盛塾長の教えである「心を高める、経営を伸ばす」とは、良きことを想い、良きことを行う事、また人間として何が正しいか、そして一緒に働いてくれている従業員を笑顔にすることであり、私の使命です。

 今回、盛和塾は終わりを迎えようとしていますが、何も不安はありません。稲盛塾長が残してくださった数多くの書籍やお言葉、フィロソフィがあるからです。稲盛塾長が仰っているように、フィロソフィは覚えるだけでは意味がありませんし、理解しているだけでも意味がありません。心の底から理解し、行動していく、これを一生涯続けていくことが大切だからです。

 私の人生、会社の未来、会社で働いてくれる社員、そしてお客様。すべての人たちの未来がすばらしいものになるように、これからも努力し続けていきます。

河村会長と稲盛塾長

▼関連リンク
ゼオライト(株)ホームページ

【麓 由哉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月06日 16:53

メモリードのリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」が小戸に誕生NEW!

 メモリードグループは2020年8月、福岡市西区のシーサイド、小戸にリゾートホテル「ガーデンテラス福岡ホテル&リゾート」をオープンした...

2020年08月06日 15:30

(株)アクアマリン(東京)/人気アニメキャラクターのフィギュア製作

 同社は8月3日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同4日、同地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:27

(株)rs(旧・シロカ(株))(東京)/家電・雑貨販売ほか

 同社は7月21日、東京地裁に特別清算を申請し、8月3日に特別清算開始決定を受けた...

2020年08月06日 15:04

【イベント】長崎大学の学生が研究発表「宇久島の未来」 UCバークレーの学生も参加

 長崎大学環境科学部の国際交流委員会は8月17日に、「20年後の宇久島」をテーマとした研究発表会を行う。国際交流プログラムの一環として行うもの...

2020年08月06日 14:30

ニューヨークは必ず再起する(前)

 ついこの間まで世界コロナ都市と呼ばれてもおかしくないぐらい、新規感染者や死者が多かったニューヨーク。普段より長い冬のなか、狭いアパートで何カ月も監禁されたことをすっ...

2020年08月06日 13:57

【横田一の現場レポート】コロナ禍で需要落ち込みでもリニア建設に固執~背景に守旧派土建政治連合(後)

 アフターコロナ時代に突入してもなお、コロナ前のリニア推進論を口にするだけの〈維新コンビ〉と対照的なのが、JR東海や国交省、さらに自民党国会議員らと対等に渡りあう川勝...

2020年08月06日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(4)

 「この本は2019年の春に私がオックスフォード大学に行き、苅谷教授の研究室で行った対談をまとめたものです。苅谷先生との対談をやってみたいと考えるようになったのは...

2020年08月06日 11:30

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(4)

 南シナ海での米中対立と連動するかのように、台湾や香港をめぐる米中両国の政治・軍事面での駆け引きもエスカレートしている...

2020年08月06日 11:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(8)インドの友人の思い出

 ニューデリーの国営アショカホテルで、インドシルク、民芸品、骨董品、宝石を扱う3つの店舗を経営していたサテイパル社長とは、今も付き合いを続けている...

2020年08月06日 10:47

タカラレーベンが天神5丁目でタワマン開発へ

 「レーベン」シリーズの分譲マンションを開発してきたタカラレーベン(東証一部)が、福岡市・天神でタワーマンションを計画していることがわかった...

pagetop