わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月10日 07:04

次世代の日本ラグビー界が進化、発展するために(前)

(公財)日本ラグビーフットボール協会 会長 森 重隆 氏

日本ラグビーフットボール協会(以下JRFU)の14代目会長に就任した森重隆氏。今年9月20日から始まる、アジア圏では初のラグビーワールドカップ2019™日本大会(以下W杯)開幕まで1カ月あまりとなった。日本ラグビー界にとって一大イベントのホスト国のリーダーとして、さらにW杯後の日本ラグビー界の方向性、そして在り方について聞いた。


次世代の日本ラグビー界のために

 ――まずは、JRFU会長ご就任おめでとうございます。就任された率直なご心境をお聞かせください。

 森重隆会長(以下森会長) ありがとうございます。率直に申しますと、「大変な任務を拝命した」という心境です。W杯ではこれまで準備してきたことを結実し、必ず成功させます。そして、日本代表の前回W杯(2015年のイングランド大会)からのさらなる躍進を期待しています。

 先の宮崎、そして岩手、大阪でのキャンプへ激励を兼ねて視察いたしました。順調に進んでいるという感想です。W杯本戦については、対戦してみないとわかりません。いずれにせよ、日本代表の戦績に関わらず、来たるW杯は大いに盛り上がると確信しております。

 むしろ私は、日本ラグビー界発展のためには「W杯後」が大事であり、その方針が喫緊の課題だと認識しております。それに向き合い、改革していくことが、私の使命です。つまり、“ラグビーブーム”が一過性ではなく、この先も続いていくためにどうしていくのかというアクションを、具体的に起こして実践しなければなりません。

 ――森会長が会長に就任された経緯についてお聞かせください。

 森会長 スポーツ庁が答申するガバナンスコードのなかで、中央競技団体の役員は「70歳上限を基準」つまり、70歳で役員を退くことを提唱しております。JRFUにおいても「同庁が推奨するガバナンスコードに沿った役員人事での体制づくりを実行しよう」となりました。それでは次の会長は誰なのかとなった時に、67歳の私の名前が挙がったのです。

 ――森会長のこれまでの経歴や経験などにより、白羽の矢が立ったと存じます。会長就任の打診を受けられて「待ってました」と、すぐにお受けになったのですか。

 森会長 いや、その逆で、「私より適任者がいる」としてすぐに辞退いたしました。この歳でJRFUの会長という重大な任務に就くなど、まったく考えてもいませんでしたから。

 ――副会長、専務理事の若返り、理事などの役員もラグビー界以外からの新任が多く見られますね。

 森会長 前体制より4歳若返りました。しかし、「若ければ良い」ということではありません。組織を冷静に見ていただく重鎮は必要ですし、ラグビー界以外の世界でご活躍されている方々に名を連ねていただきました。実行力のある組織に進化させていくつもりです。

(つづく)
【河原 清明】

<プロフィール>
森 重隆(もり・しげたか)

1951年11月6日福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校からラグビー選手として活躍し、2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。明治大学に入学して1年次から公式戦に出場。4年時に日本代表に選出される。同学卒業後、74年に新日本製鐵(現・日本製鐵)釜石製鉄所に入社。同社ラグビー部に所属し、78年〜84年まで日本選手権7連覇したなかの1〜4連覇に主将、選手兼任監督として貢献。引退後故郷に戻り、91年(株)森硝子店の代表取締役を継ぐ(現職)。その間、母校福岡高校ラグビー部のコーチ・監督となり後進の育成に務める。2015年にJRFUの副会長に就任。19年7月にJRFU会長に就任。現役時代は日本代表として27テスト。『ヒゲ森』の愛称で親しまれる。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月19日 07:30

博多の食文化を次代に伝える役割を担い魚の熟成で新たな調理法の確立に挑む

 福岡の食文化に多大な貢献をはたしてきた「日本料理 てら岡」の会長・寺岡直彦氏が博多で創業したのは1976年9月、43年前のことである。わずか27坪で始めた店は、玄界...

2020年01月19日 07:00

顧客の要望に応え続けて事業領域を拡大 自律型社員を育成し、さらなる成長を目指す

 ソリューションは2000年2月、社名のごとく「お客さまの課題や問題の解決をすること」を事業目的に掲げ創業、来年で20周年を迎える。当初は、ビジネスフォンや複合機、電...

2020年01月19日 07:00

地域活性化を支える企画力と実行力

 志水建設は、北九州市を中心に、福岡県全域と山口県を営業エリアとして活動を展開している総合建設業者だ。拠点を北九州市の中心区である小倉北区と、福岡市屈指の商業地域であ...

2020年01月18日 07:00

理念と価値観を共感する仲間とともに 「街と人が輝く社会」を目指す

 一般電気工事から交通信号機設置工事、空調設備工事、電気通信工事まで幅広い事業を手がける第一電建(株)は2020年に50期目を迎える。同社は1971年6月に住宅、ビル...

2020年01月18日 07:00

地場で一番きれいな工事現場で地域活性化に貢献する

 スエナガは、2015年1月に設立された総合建設会社である。同社の代表取締役・出口洋一氏は、34年間、地場建設業の(株)末永工務店に勤務。一貫して技術畑を歩み、常務取...

2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便

 トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決するこ...

2020年01月17日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」1月16日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年01月17日 12:59

デラックス得丼お試し価格19日まで Hotto Motto(ほっともっと)

 プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)は10日、同社が展開する持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」の全店舗で「デラックス得丼」を発売した。

2020年01月17日 12:59

原点回帰で収益改善を急ぐほっともっと 20年2月期第3四半期

 持ち帰り弁当店「Hotto Motto(ほっともっと)」を展開する(株)プレナス(本社:福岡市博多区、塩井辰男社長)が14日に発表した20年2月期第3四半期の決算短...

2020年01月17日 12:35

OCHIホールディングス(株)創業の礎を守り進化させる胆力

 2010年10月1日に越智産業(株)の単独株式移転により、持株会社として設立されたOCHIホールディングス(株)。直近の2019年3月期で1,000億円の売上高を突...

pagetop