• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月11日 07:04

次世代の日本ラグビー界が進化、発展するために(中)

(公財)日本ラグビーフットボール協会 会長 森 重隆 氏

リーグのプロ化について議論を

 ――話は変わりますが、前述された通り、前回W杯後、日本ラグビー界にはブームが到来しました。しかし、そのブームはおそらく6カ月程度であり、約1年後には世間から忘れられた存在となりました。その原因は何だったのでしょうか。

 森会長 やはり、国内最高峰のリーグであるジャパンラグビートップリーグ(以下トップリーグ)へブームを還元できなかったことです。本来であればJRFUと試合会場の各自治体が連携しながらプロモーションを行い、訴求力を高めて1人でも多くの方々にラグビーの面白さを伝えて、観にきていただこうとする行動力が足りなかったと分析しています。そのほかの原因もあるでしょうが、トップリーグを盛り上げきれなかったことが一番の原因であると思います。

福岡高校ラグビー部監督時代の森会長
(写真左背中/福岡高校ラグビー部90周年記念ビデオより

 ――現在もトップリーグが盛況であるとは言い難い状況です。単刀直入ですが、現状を打破するにはプロ化は不可避ではありませんか。

 森会長 そうですね。日本ラグビー界が永続的に進化し続けていくには、プロ化は避けられません。私案として、まずはトップリーグのプロフェッショナル化を明確にすることでしょう。今のトップリーグはプロとアマチュアが混在しています。アマチェアの存在も大切ですから尊重しながらも、純粋な国内プロリーグが必要なのです。

 世界のラグビーの動向を見れば一目瞭然ですが、アマチュアのままであれば、ティア(tier)1の強豪10カ国に入ることは極めて困難でしょう。ティア2(中堅国13カ国)のままで満足できるのでしょうか。世界の強豪の仲間入りをするには、国内のプロリーグは必要です。

 ――以前から、国内ラグビーのプロ化について是非が論じられてきましたが、なぜ議論が進まなかったのでしょうか。

 森会長 それはJRFUが真剣に向き合い、具体的な行動に移さなかったからです。つまり自ら出向いて、トップリーグのチームのオーナーや代表へ直接伝えることをやらなかった。チームの担当者をJRFUに呼んでプロ化について語ったところで、JRFUの想いは伝わりません。なぜなら担当者はサラリーマンであり、自分で決裁することができないからです。本気でプロ化を実現するためには、やはりチームのオーナーや代表と直接向き合って伝えていくことから始めなければなりません。これは、私と新たに副会長に就任した清宮克幸でやっていくことになります。

 ――プロ化に向けた具体的なアクションプランについてはいかがでしょうか。

 森会長 まだ新たな体制が発足したばかりで、また新任の理事の方々もいらっしゃるので、焦ることのないように、丁寧にコミュニケーションをとっていきたいと思います。そして前述した通り、チームすなわち企業側の協力が不可欠です。拙速なことにならぬようにじっくり腰を据えて企業側とこれからのラグビー界について議論していきます。

 新任理事の1人である境田正樹さんは弁護士であると同時に、男子プロバスケットボールB.LEAGUE(Bリーグ)の創設と日本バスケットボール協会の改革にも尽力され、Bリーグと同協会の理事を歴任されてきました。境田理事からは、バスケットボールリーグのプロ化の経験を基に、「絶対に焦ってはいけません。企業との共存共栄とともに全国各地の自治体との相互理解と連携が大変重要です。プロリーグを開催することで、それぞれの自治体の地域活性化に貢献できる具体的な効果を示していくことです。地道にやることが大切です」と説明を受けました。

 サッカーのJリーグ、バスケットボールのBリーグの活動を参考にしながら、グランドデザインを策定し、コミュニケーションを構築しながら、プロ化を進めていきたいと考えています。

(つづく)
【河原 清明】

<プロフィール>
森 重隆(もり・しげたか)

1951年11月6日福岡市生まれ。福岡県立福岡高等学校からラグビー選手として活躍し、2、3年時に全国高等学校ラグビーフットボール大会に出場。明治大学に入学して1年次から公式戦に出場。4年時に日本代表に選出される。同学卒業後、74年に新日本製鐵(現・日本製鐵)釜石製鉄所に入社。同社ラグビー部に所属し、78年〜84年まで日本選手権7連覇したなかの1〜4連覇に主将、選手兼任監督として貢献。引退後故郷に戻り、91年(株)森硝子店の代表取締役を継ぐ(現職)。その間、母校福岡高校ラグビー部のコーチ・監督となり後進の育成に務める。2015年にJRFUの副会長に就任。19年7月にJRFU会長に就任。現役時代は日本代表として27テスト。『ヒゲ森』の愛称で親しまれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop