• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月22日 21:08

【ホークス速報】これが「最強」ホークスだ!

ホークス5-1オリックス

 主砲・柳田の待望の1軍復帰戦を何としても勝利で飾りたかった昨夜の試合で4-14の大敗を喫した福岡ソフトバンクホークス。

 今シーズンのホークスは失点がパ・リーグ最少だが、その投手陣のプライドが深く傷つけられてしまう一戦となった。

 昨夜の雪辱を晴らすかのように、今夜のホークスは投手陣、打線ともに一味違った。ホークス先発・和田は初回に1失点を喫するも、その後はリズムを崩さず6回1失点の好投。和田の好投に応えるようにホークス打線は5回、2アウトから1番福田、2番柳田が続けて四球を選び出塁すると、3番内川が左中間を抜ける逆転のタイムリーツーベースを放ち1-2、続く4番グラシアルもタイムリーツーベースを放ち3-1とする。

  倉野投手コーチ「昨日、投手陣がやられてしまったので、今日はピッチャーみんなでやり返してほしい」。その思いに答えるように、和田から甲斐野、モイネロが無失点でオリックス打線を抑えた。

  7回には1軍復帰後、初アーチとなった柳田の1発で4-1。8回には8番牧原のダメ押しのセンター前ヒットで5-1とリードを広げる。最後は守護神・森が抑え、昨夜のリベンジを果たした。

【麓 由哉】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop