• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年09月11日 11:08

入会後半年はアカデミーで学ぶ 卒業者3名それぞれの印象は?

(一社)博多21の会

 (一社)博多21の会では入会後、約半年間はアカデミー委員会に配属される。同会の入口となるアカデミー委員会では3月に観桜会、5月に通りもん、7月に追い山ならし、9月に放生会幕だしなどさまざまな行事で新入会員を迎え、先輩会員との親睦を深めて会の基本的なスタンスを学んでもらう。そんなアカデミー期間を終えたばかりの新入会員3名(財津ユカ氏、廣田強氏、古賀尚与氏)に現在の印象を聞いてみた。

アカデミーを卒業する潜入会員の方々 ​​​​​​​左から財津ユカ氏、廣田強氏、古賀尚与氏
アカデミーを卒業する潜入会員の方々
左から財津ユカ氏、廣田強氏、古賀尚与氏

福博の歳時に係る行事が目白押し

 ――入会から半年が経ちましたが会へのイメージは変わりましたか。

 廣田 入会前の話では、九州の経済界を動かすような人たちと会ってお酒を飲んで、いろいろと勉強になるよということでした。これまでそういった環境を知りませんでしたし不安もあったのですが、皆さま暖かく迎え入れてくれて、一流の先輩方なのにこんなに普通に接してくれるんだという、器の大きさを感じたことが第一印象ですね。先輩方からアドバイスをいただいたり、仲間が増えたりして、それぞれの社会的立場を越えたところで楽しめる会だなという印象です。仕事云々というよりも、ものすごく自分の身になることが多いと思います。自分自身が社長として成長することに期待感をもっています。

 古賀 入会前は正直、少し堅苦しいイメージでしたが、実際に入会してみると立派な会社の経営者ばかりで、普段会えないような方たちと気軽にお話ができて、すごく勉強になっています。皆さま本当に私たち新入会員のことを気にかけてくださって、よく声をかけてもらえるのでありがたいですね。これからも先輩方との話のなかからいろいろなことを吸収させてもらい、楽しく活動していきたいと思っています。

 財津 以前所属していた団体を卒業して、久しぶりに経済団体に所属するのもいいかなという気持ちで入会しました。入ってみると、各方面で現在の福岡をつくり上げて来られたような先輩方から直接お話を聞くことができたり、福岡でビジネスをしている私たちの土壌となる街の歴史・文化を体験できて、思った以上に入会して良かったなという気持ちです。また、着物文化に興味があるので、浴衣や着物を着て出かける催し物を楽しんでます。

 ――アカデミー委員会で印象に残っていることを教えてください。

 廣田 花見にしても山笠にしても、普段一般ではいけないところに行って楽しめるというのが、ものすごく印象的です。遊び方もきれいだし、派手だし、かっこいいですね。

 古賀 追い山ならし見学が一番印象に残っています。山笠のことは知っていましたが、あんなに近くで見る機会はありませんでした。山をかく男衆たちの真剣な眼差しには本当に感動しました。

 財津 台湾からの方々との交流で一緒に広島に行って厳島神社を参拝したことが印象的でした。また、博多どんたくの際に「通りもん」で会員の店舗をどんたく囃子で踊りまわって、お酒を振舞われるというのも初めての経験で楽しかったです。

 ――これからの新入会員に向けてメッセージをお願いします。

 廣田 アカデミーに入って、アカデミーだけで半年終わる人もいると思うんですけど、自分のスケジュールが合えば、いろいろな委員会に顔を出すと知り合いも増えて居心地も良くなるし、そういう遊び方をしてもらいたいですね。これだけ会員がいる団体なので、自分から徐々に積極的に参加していくほうが良いと思います。私は会が発行しているかわら版をみて、興味があったら積極的に参加するようにしています。

 古賀 良い意味で臆せず、気を遣わずに先輩方に自分から話しかけていくといいと思います。緊張はするんですけど、皆さま必ず向き合ってくださいます。本当にすごく良い先輩方ばかりなので緊張せずに、友人になりたいという気持ちで自分から話しかけていくのが大事ですね。

 財津 せっかくなので、入った以上は少しでも多くの委員会に参加してもらいたいですね。決められたことだけしかしないのは勿体ないと思うので、積極的にいろいろな方たちに関わっていくようにすれば、もっともっと自分の世界が広がるように思います。

【児玉 崇】

取材メモ

 空港問題や教育問題、環境問題など、さまざまな提言活動を行ってきた博多21の会が会員数を拡大している。多くの経済団体が会員減少に苦しむなか、同会の魅力とは一体何なのか。提言を行うことで会員拡大がストップするという懸念も聞かれたが、はたしてそうであろうか。

 提言するには会で異なる意見を集約し、主張をまとめる必要がある。それぞれ立場をもつ経営者の会であればなおさら、軋轢が生まれるのは必至であろう。しかし、この軋轢を乗り越えて提言することで、会の発展が担保されるように思える。

 アライアンスの成否は「志」が同じであるかどうかに決まるという。仲良しクラブの切磋琢磨では響かない。設立以来のアイデンティティーを発展させ、会員を拡大していくさまを見てみたい。

▼関連リンク
これからの35年に向けて 今、何を、どう見つめ直すべきか(前)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月23日 07:00

「価格」「機能」「素材」がキーワード~イオンPB「ホームコーディ」

 「HOME COORDY(ホームコーディ)」は、イオンのホームファッションのPB(プライベートブランド)。ホームコーディは、シンプルで飽きのこないデザインをコンセプ...

2019年09月22日 07:00

ラグビー・イタリア代表チーム、福岡市内の小学校で交流イベント実施

 ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場しているイタリア代表チームは本日(22日)、ナミビア代表チームとの初戦を迎える。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(4)

 地球上の生命は水を介してすべてが循環している。この水の流れを滞らないようにすることが、生命体である人間にとっても地球にとっても欠かせない。水そのものを大切にするのは...

2019年09月21日 07:00

【9/28】横断歩道のルールを学ぶ~横断歩道マナーアップキャンペーン2019

 日本自動車連盟(JAF)福岡支部は9月28日(金)、エルガーラ・パサージュ広場(福岡市中央区)で「横断歩道マナーアップキャンペーン2019」を開催する。

日本経済の飛躍のカギ“水力(ウォーター・パワー)”(3)

 欧米の水メジャーが仕掛ける大規模な水ビジネスのなかで、日本は単なるパーツの提供、納入業者の地位に甘んじてきた。言い換えれば、最も儲かる水道事業の管理、運営の部分はこ...

2019年09月20日 17:10

トランプ大統領が狙う北方領土カジノ構想(後編)

 筆者は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事がある。彼は「日本のドナルド・...

2019年09月20日 16:37

【交通取締情報】9月24日、北九州市八幡西区とみやま市で実施

 福岡県警は9月24日(火)、北九州市八幡西区とみやま市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月20日 15:22

えんHDの新本社ビル「えん博多ビル」で上棟式

 (株)えんホールディングス(えんHD)が福岡市博多区住吉で建設中の新社屋「えん博多ビル」で20日、上棟式が行われた。同社の原田社長が関係者や近隣住民へ感謝の辞を述べ...

2019年09月20日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 8月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年09月20日 14:33

地域との共生のため~しっかりとした顧客対応が必要に

 暑さも峠を過ぎて朝晩めっきり涼しくなり、野菜を植えるシーズンの到来となった。私もわずかばかりの畑にシソ、ピーマン、大根、キャベツ、白菜、人参、ジャガイモ、ニンニク、...

pagetop