• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月07日 07:00

高齢者への出資はコストでなく投資である(後)

神奈川県立保健福祉大学 学長 中村 丁次 氏

「疾病リスク低減食」と「栄養リスク低減食」に分類

 介護予防やフレイル予防を想定した場合、「特別用途食品」について私なりに提案があります。まず、特別用途食品を「疾病リスクを低減する食品」と「栄養リスクを低減する食品」との2つに分けることです。疾病リスク低減食品は、薬理作用を補助して治療効果を高めることができる食品です。

 たとえば、低たんぱく食品、脂質調整食品、低糖質食品、アレルゲン除去食品などを「疾病リスク低減食品」とし、味覚を改善し消化吸収・代謝を促進し、自然治癒力を高めるものを「栄養リスク低減食品」と位置付けてはどうでしょうか。今はこれらが混在していますが、疾病リスクと栄養リスクという目的に応じて明確に分類すれば、高齢者にとっては、もっと使いやすいものになるでしょう。

 医療においても、病態や治療法により栄養障害が発生します。そして、その状態を放置すると栄養性疾患が発生し、薬物治療、外科療法、リハビリ療法の効果が低減します。傷病者であればこそ積極的な栄養・食事療法が必要になりますので、病者用、高齢者用食品、栄養補助食品の開発と積極的活用が必要になるのではないでしょうか。

75歳を超えると医療費は下がる

 話は先程のWHOレポートの内容に戻りますが、高齢社会における医療費負担の問題についても「高齢化=医療費増加」といったステレオタイプの発想を変える必要があります。この点についてWHOレポートでは、「高齢化が進むと保健医療のコストが維持できなくなるといった固定観念があるが、その根拠は不確かなものである」と指摘しています。

 一般的に、高齢者が増加するのにともない健康・医療ニーズは増加するというイメージがあり、財政的には負の側面が強調されますが、高所得国のなかには、1人あたりの医療費がおよそ75歳を超えると大幅に下がっている国もあるのです。世界的に高齢化はますます進んでいます。人々が長く健康的な生活を送れるようにすることが、医療費の膨張という負担を実際に軽減することになるでしょう。

 この点についてWHOレポートでは「高齢者への出資は投資であって、コストではない」と指摘しています。最後にその部分を紹介したいと思います。

※クリックで拡大

 「保健システム、介護、より広範な対応を可能とする環境づくりへの出資が、コスト(費用負担)と表現されることがよくある。このレポートでは、それとは異なるアプローチをとる。これらの出資を投資として捉えるのだ。その投資により、高齢者の能力を培い、その結果として満足できる生活が可能となり、高齢者が貢献できるようにもなる。また、こうした投資により、高齢者の基本的権利に関する責務を社会が果たせるようにもなる。経済的合理性の枠組を再構築することで、コストを最小限に抑えることに焦点をあてた議論から、社会が適切な運用と投資に失敗すれば、失ってしまうであろう利益を考慮した分析へと、議論を移すことになる。政策立案者が本当の意味での情報に基づく政策を打ち立てようとするならば、投資とそれにより生じる利益の程度を十分に定量化し考察することが非常に重要となるだろう」(WHO「高齢化と健康に関するワールドレポート」。

(了)
【取材・文・構成:吉村 敏】

<プロフィール>
中村 丁次(なかむら・ていじ)

 1948年生まれ、山口県出身。徳島大学医学部栄養学科卒、医学博士(東京大学)。聖マリアンナ医科大学病院を経て、2003年から神奈川県立保健福祉大学教授、11年から同学長に就任。(公社)日本栄養士会会長、日本栄養学教育学会理事長、日本臨床栄養学会副理事長、日本栄養・食糧学会評議員、厚生労働省「日本人の長寿を支える『健康な食事』のあり方に関する検討会」座長など。日本静脈経腸栄養学会名誉会員、聖マリアンナ医科大学内分泌代謝学客員教授。

 主な著書:「からだに効く栄養成分バイブル(最新改訂版)」(主婦と生活社)、「身体診察による栄養アセスメント 症状・身体徴候からみた栄養状態の評価・判定」(第一出版)、「食生活と栄養の百科事典」(丸善)、「子供の肥満を防ぐ100のレシピ」(成美堂出版)ほか多数。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 10:02

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(1)NEW!

 カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開する(株)ファーストリテイリング。SPA(製造小売)のビジネスモデルで急成長してきた。ユニクロは国内外に2,000店舗超。その...

2020年02月17日 09:30

太陽光・風力・水力発電 ここが変われば自然エネルギー社会になる!(4)NEW!

 国の政策を変えるのは時間がかかるため、成果が出る自治体から政策やイノベーションを働きかけています。

2020年02月17日 08:58

【ALARM!】マンション売上変調NEW!

 福岡のマンション戦線で、異常な傾向が目立ってきたとあちこちで言われている。竣工したマンション一棟を同業者に転売する動きが出てきたのだ。

2020年02月17日 07:00

「建物は人がつくるもの」人を育て、技術を磨き続ける(後)NEW!

 20年は4名の新入社員を迎え入れます。女性を含め全員が技術職でして、最初は全員現場に出てもらいます。年々採用が激化していて、今の採用はちょっと異常ですね。大手が少し...

2020年02月17日 07:00

「コインランドリー業界」と「宮崎の地域振興」に大きな転換点を引き起こす2020年(後)NEW!

 私はコインランドリー事業を始めた当初から無料化をテーマにしており、その足がかりとして、店内にタッチパネルを設置しています。広告収入を可能とするタッチパネルは、洗濯を...

2020年02月16日 07:00

CTF国際大会第1位の栄冠を手にしたのは日本チーム!(後)

 オンライン予選では、64カ国、799チーム、2,347人の方に参戦いただきました。国際大会には14チームが出場しました。内訳はオンライン予選から11チーム、そしてA...

2020年02月16日 07:00

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(9)

 ゴーンが無罪となった場合、犯人蔵匿の罪で逮捕・拘留された者はどうなるか。裁判所もゴーンの裁判と併合・並行して審理する場合には、ゴーンが無罪で犯人蔵匿犯が有罪となるこ...

2020年02月15日 07:00

CTF国際大会第1位の栄冠を手にしたのは日本チーム!(中)

 人材という点でいえば、SECCON開始当初に比べれば、日本人のプレーヤーのレベルは大きく上がっています。CTFの世界大会で、優勝、入賞するチームも増えました。CTF...

2020年02月15日 07:00

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(8)

 検察の見立てに合う自白が得られなかったためか、取調後も厳しい接触禁止を強いている。なぜか。恐らく、虚偽誘導が行われた可能性があり、ゴーンと妻が取調の内容を突き合わせ...

2020年02月14日 18:13

予定していた技術者を配置できず契約辞退~神奈川県の建設会社に指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は2月12日、(株)寿組(神奈川県相模原市、齋藤一寿代表)に対し、3カ月間の指名停止措置を下した。指名停止期間は2月12日から5月11日まで...

pagetop