• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月01日 07:00

確かな「技術力」と信頼される「対応力」 省エネ分野にも進出し、多角化にも注力 一樹百穫 

設備工事
(株)ユニイチ

高い技術力と機動力

 (株)ユニイチは1989年、松尾一広代表取締役が福岡県久留米市で創業した。現在は、同市を中心に給排水、上下水道、空調、そして消防までの設備工事を手がけ、地域のインフラ整備で確固たる存在感を示す「水と空気のスペシャリスト」集団だ。

代表取締役 松尾 一広 氏
代表取締役 松尾 一広 氏

 松尾氏は民間企業を経て36歳で独立。たった1人の設計事務所から始めて、30年で年商5億円にまで発展させた。「図面が引ける」ことで顧客のニーズに機動的に対応。「迅速に」「確かに」が信頼され、幼稚園、小中学校・高校から老人ホーム、病院、民間企業、マンション、公共施設などの工事を一手に引き受け、「バブル崩壊もリーマン・ショックもさしたる影響はなかった」(松尾氏)と30年を振り返る。しゃにむに営業してきたわけではない。「コツコツと仕事をしてきたら、いつの間にか名前が知られてきた。知らないところから声をかけていただくことも増えてきた」と語る。

 今や久留米市の指定工事業者45社中、常に上位をキープ。近年では、リフォームやメンテナンスにも注力しているほか、家庭・事業所への水の宅配、パッケージ型自動消火設備の販売・設置も担うなど、地域の安全・安心にも寄与している。

仕事は楽しみながら

 30年の節目の年に改装・拡張された久留米市東合川の新社屋に働く従業員は、現在14人。うち女性は3人で1人は2級建築士の資格を有している。少数精鋭が特長で、「オールマイティーな人材ばかりだ。やる気のある人には何でも任せる」という。

 仕事は「対応力」が売りだけにハードな部分もある。給排水や空調の工事などでは、顧客の窮状を助けるために、土・日・祝日の業務も出てくるだろう。「忙しい時期と余裕のある時期を見極め、休暇がとれるときは積極的にとるように」と社員には話している。オン・オフのメリハリをつけることを重視しているのだ。そして「仕事は楽しみながらするように」とも強調する。やらされ感のある仕事の進め方では、気分的につらくなるし、間違いや工事の遅れの原因にもなるだろう。それぞれの業務のなかに面白さや、やりがいを見つけていくことを勧めている。

 さらに、期待以上の成果を上げた者には報いている。同社では、毎年、社員1人ひとりに年間目標を設定させて、それを上回る成果が出れば金銭のかたちとして分配する方針だ。

「やる気があれば何でも任せる」と語る松尾代表
「やる気があれば何でも任せる」と語る松尾代表
30周年を機に改装・拡張された本社屋
30周年を機に改装・拡張された本社屋

 

エコビジネスへの新展開

 新規分野へも参入中だ。キーワードは「エコ」。環境省の補助金を使い、中小企業などのLED照明、空調、ボイラーのエコ仕様への改修を支援する。具体的には、設備更新により、どの程度のコストカットが可能かを診断するほか、補助金申請のサポートも行う。認められれば、設備の導入費用の半分近く(内容で異なる)が国から支給される。アフターフォローも万全で、対象施設に最適な機器選定・導入計画立案まで手助けしてくれる。

 この事業では、新会社を福岡市内に設け、事業拡大を図っていく計画。エコビジネスを足がかりに、県都・福岡への進出も視野に入れている。「建設需要の大幅な増加が望めないなか、リフォームや環境ビジネスへの展開が、今後、重要になってくる」と松尾氏は語る。

求められる人材は

 新規事業への拡大を進めるなかで、求められるものは新たな若い人材だ。とくに、これから需要が増えていくであろう設備のメンテナンスを任せられる人を必要としている。

 ユニイチでは、地元の久留米工業大学を始め、多くの学校からインターン・シップで学生を受け入れている。建築系の若い人を求めているのだ。「欲しいのは、明るくて、なおかつコミュニケーション能力もある人」と松尾氏。どの業界でもそうだが、チームとして仕事を進める以上、能力・技術力よりも大切なことかもしれない。そして「たくさん稼いで、家でも建ててもらって、ユニイチに入社して本当に良かったと感じてもらいたい」と望んでいる。

 ユニイチは創業30年。確かな「技術力」と、信頼される「対応力」で業績を伸ばしてきた。これからも自社の強みをアピールしながら、50周年、さらには100周年へ向けて、時代の動向も見据えた多角化も進めながら、確かな足取りで前進していく。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:松尾 一広
所在地:福岡県久留米市東合川4-9-25
設 立:1989年7月
資本金:1,000万円
TEL:0942-45-3033
URL:http://www.uniichi.com/

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop