• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月04日 11:30

人と地球環境の調和を追求 安心な地域社会をつくる 一樹百穫 

総合設備工事
山本設備工業(株)

老舗の総合設備工事会社

代表取締役社長 山本 慎一 氏
代表取締役社長 山本 慎一 氏

 山本設備工業(株)は、1956年2月に創業者の山本熊一氏と同じ志をもつ2名の社員とともに事業を開始した。61年3月に法人化、創業63年の社歴をもつ地場有数の老舗総合設備工事会社である。3代目代表取締役社長・山本慎一氏は、2006年1月に就任し今日に至る。

 同社の事業は総合設備工事で、住宅および建築物の水と空気における供給環境を充実させる仕事が中核だ。24時間対応のアフターメンテナンス体制を構築し、薬品類を一切使わない無害な圧縮空気と水道水で管内を洗浄、人体と環境に優しい『JAB洗浄』のサービス提供している。

 17年11月、鉄骨3階建ての本社社屋の落成を機に南区那の川から同区清水に移転。社屋がスタイリッシュな外観もさることながらオフィス内は、シンプルながら洗練されたレイアウトと社内のコミュニケーションを重要視したロケーションが、同社ならではという印象だ。また、建物周りに緑を植えるなど、地球環境保全、人への優しさなどの配慮もうかがえる。同じタイミングで、ロゴマークを一新。新ロゴマークは、建物の配管、幹葉、そして木がすくすくと伸びているイメージで作成されている。

同社内観 同社外観

 

真のチームワークを構築

 同社のオフィスを訪問すると、いつも誠実・丁寧な挨拶で迎えられる。フロアには、各セクションの社員が、それぞれの仕事に没頭している。また、工事担当、営業担当が闊達なミーティングを実施している。声が飛び交い熱気あふれるという“派手さ”はないが、静かながらも仕事に対して一点集中し、お互いの役目を尊重し、適切なコミュニケーションを図りながら、仕事を進めている。

 先輩・後輩そして上長と部下との関係性においては、自律したコミュニケーションを構築している。それは単に“上下関係が緩やか”などという表面上の関係ではない。仕事においては迅速かつきめ細かく正確な品質が要求される。厳正さを求められるなか、とくに経験の浅い社員に対して先輩や上長は、同社の仕事に対する姿勢から丁寧に伝えて、実務を教示する。「見て覚えろ!」と旧態依然とした手法ではなく、ともに現場を経験しながら成長し、一人前になっていく仕組みをつくり上げている。

 さらに、自身の持ち場が終わると、工程スケジュールがタイトな現場に駆けつけて、サポートを行う。同社は、真のチームワークで一丸となって仕事を実践する。

チームワークが強み チームワークが強み
チームワークが強み

 

よりやりがいのある企業へ

 同社には、これまで手がけてきた工事実績での技術・施工マニュアルを全社で共有し、今もなお蓄積され続けている。この技術・施工の実績集は、同社にとってかけがえのない財産である。なぜならば、それぞれの工事の中身が正確に記されている。実績のみならず、課題点、問題提起を記されている。

 仕事に励む社員の方々の取り組む崇高な姿勢が、同社の顧客から高い評価を得て、厚い信頼を築き上げている。

 「勤勉で明朗。常に元気よく仕事してくださっており、真摯に謙虚にそして迅速に丁寧に仕上げてくださいます。夜通し行うなど厳しい難易度の高い案件も同様です」と顧客からの声も寄せられる。それは、前記した通り、チームワークを重んじ社員同士がお互いを尊重しながら、仕事を進めていることが大きな要因となっている。

 「いわゆる“仲良し”の集団ではなく、仕事に対してはお客さまのオーダー以上に応えるべく、徹底して品質を追求いたします。そして、オフタイムは皆で思い切り遊びます。本当の“仲間”としてお互いを認め尊重しております」(山本慎一代表)と社内の企業風土が、謙虚かつ明朗であることこそ、同社の特色の1つだ。今後も、働く人にとって、よりやりがいのある企業として、人材教育と確保に邁進していく。

生命に直結した企業として

 同社の事業は、空気と水に関わる仕事で、それがすべてである。空気と水は、人間の生命にとって不可欠である。

 山本代表は常々、「生命に直結する空気と水の仕事をお任せいただいております。“山本設備工業が工事をしてくれるなら安心できる”となることが最も大切です。そのようにお客さまから信頼をいただくにはどうすべきか。それは、私含め1人の人間として日々学び、自己鍛錬を積みながら成長していくことです。企業人、技術者である前に1人の人間としてお客さまの信頼を得てこそ、その先に仕事があるのです」と人間力を高めていくことの重要性を述べている。

 もちろん、技術や品質に対する学びと研鑚を積んでいることは、いうまでもない。さらに山本代表は、同社協力の専門職の職人の地位向上を目指していく。「職人さんの対価をより高めていくことは、これから当社が誠実に取り組み実行していかねばなりません。共存共栄を実践していくことです」と語る。

 同社は、(1)面倒見が良い、(2)全員の顔が見られる、(3)真のチームワーク、(4)アットホームとする企業風土だ。業務上派手さはない。それでも、生命の直結した事業で地域社会に貢献し続ける。一本気な同社の進化に期待が寄せられる。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:山本 慎一
所在地:福岡市南区清水3-5-27
設 立:1961年3月
資本金:5,000万円
TEL:092-554-5930
URL:http://www.y-s-k.co.jp/recruit

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収NEW!

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通しNEW!

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

トランプ安倍政治を終焉させられるかNEW!

 米国中西部のミネソタ州ミネアポリスで5月25日、丸腰の黒人男性が白人警官にひざで首を組み敷かれた末に死亡する事件が発生した...

2020年06月01日 11:14

飲食店のコロナ対策!大胆に「新しい生活様式」に沿った「新しい経営戦略」へNEW!

 飲食店においては、緊急事態宣言が全面解除されても多くの店舗で客足が戻らず、厳しい経営を余儀なくされている...

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

pagetop