• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月07日 14:45

ラグビーW杯日本代表・大一番に向けて~13日スコットランド戦

 ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)の日本代表の快進撃で、国内の盛り上がりは最高潮に達しており、つい最近まで見向きもされていなかったラグビーが連日、トップニュース扱いである。その報道ぶりは、凄まじいもので、日本代表選手たちがまるで「英雄」であるかのような扱いだ。

 そんななか日本代表は、10月5日に豊田スタジアム(愛知県)でサモア代表と対戦し、38-19で勝利した。スコア上は、「ダブルスコア」という結果になったが、点差とは裏腹に大変内容が濃く、サモア代表の秀逸で献身的なパフォーマンスが見られた試合だった。試合終了まで果敢に挑戦する姿勢を保ち続けた、サモア代表に改めて敬意を表したい。

 試合は、互角の戦いとなった。ワールドラグビーが発表している同ゲームのデータによると、テリトリー(陣地の支配)、ボールポゼッション(ボール支配率)ともほぼ50%ずつで、甲乙付けがたい数値だった。

 スクラム・ラインアウトのセットでの攻防もほぼ互角、アタックの内容(ボールキャリーでの獲得距離やゲインライン突破率、キックでの獲得距離、キックチェイスでの獲得数など)もしかりであった。

 両者の大きな違いは、ディフェンスで、日本代表がサモア代表に大きく優った項目だった。日本代表のタックル成功率90%に対し、サモア代表は84%で、大きな差があった。それでもサモア代表は、前節(9月30日)のスコットランド戦より、タックル成功率を7%向上させた。日本代表戦に向けて、ディフェンスを再整備し、周到な準備を実施してきたことの証である。

 強力なフィジカルを駆使し、1対1の局面でのタックルと整備・徹底されたシャローディフェンスは目を見張るものがあった。

 一方、わずかなタックルミスも見逃さず、アタックの起点とした日本代表の進化も注目する点である。そして、私見ながら勝負の分岐点は、63分に投入したスクラムハーフ(SH)の田中史朗のパフォーマンスである。65分に左5mラインやや内側のハーフウェイ付近のラックで、田中がサモア代表のSHに放った一撃必殺のタックルをこの試合のハイライトにあげたい。タックルスキルはもちろんのこと、田中の判断力がなせる業だといえる。あの局面での冷静沈着な判断こそが、田中の真骨頂である。あの田中のタックルを見て、私は日本代表の勝利を確信した。

 日本代表は、ここまで3勝全勝で勝ち点14。申し分ない結果である。

 次は、プール戦最後の対戦となるスコットランド代表。おそらくスコットランドは10月9日のロシア戦でボーナスポイントを獲得して勝利するだろう。それにより、スコットランド代表は勝ち点10となる。まだまだスコットランド代表にもトーナメント進出のチャンスがある。一方、日本代表は勝利か引き分けで決勝トーナメントへの進出が決定する。まさに双方にとって大一番となる。

 日本代表は、スタンドオフ(SO)田村優の正確無比でバリエーション豊富なキックで、陣地を優先させ、かつ空中戦でボールを争奪する手堅い戦法をとることが予想される。日本代表のディフェンス力は、日増しに向上しているので、その戦法で試合をつくるのが良いだろう。そして僭越ながら、SHは田中の先発をおすすめする。

 堅守が絶対条件であることから、サモア代表戦におけるSH流大のタックルエラー率25%は、不安要素である。なぜならスコットランド代表のSHは群を抜くゲームマネジメント力を有するグレイグ・レイドローだ。SHのパフォーマンスはいうまでもなく、それらとともに自チームフォワードへの的確な指示とバックスとのリンクプレイ、そして何よりも相手レフェリーとの駆け引きが抜群である。

 レイドローと互角に戦うには、百戦錬磨の田中を先発起用させて、隙のない陣を張ることが重要だ。つまり、レイドローに終始プレッシャーを与えるということである。この大一番は、SHの戦いが雌雄を決するであろう。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月20日 14:23

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(前)NEW!

 拙著「『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』―出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた」の発売から2カ月以上が経った。読者からの反応は実に良い。 しかし、寄せられた感想は...

2020年10月20日 13:12

【~11/15】ふくおかジビエフェアが県内18店舗で開催NEW!

 福岡県は県内の飲食店や販売店でジビエ料理や加工品を提供する「ふくおかジビエフェア」を開催中...

2020年10月20日 11:07

福岡の建設工事出来高、8月は持ち直すNEW!

 国土交通省は19日、『建設総合統計(2020年8月分)』を公表した。これによると、福岡における8月の建設工事出来高は1,167億円...

2020年10月20日 10:02

糸島野菜の生産者になりませんか?農業研修生募集NEW!

 糸島市では、福岡普及指導センターやJA糸島と連携し、糸島野菜の担い手となる新規就農者の確保や育成を支援している...

2020年10月20日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(2)

 サイバー攻撃といえば、海外からの侵入や見知らぬハッカーによる攻撃をイメージしやすいが、実際には内部犯の可能性も多く、システムを熟知している人間であれば簡単にセキュリ...

2020年10月20日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(後)

 橋下氏は、前回記事で取り上げた宇都宮氏の見解の変更について、「かなり恥ずかしい議論をしていたが、流石に見解を変えたね」と投稿した...

2020年10月19日 16:15

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(前)

 国民は弁護士の知力・論理力がいかに拙いものであるかという実演劇を、橋下・宇都宮両有名弁護士の論争に見ることができる。橋下氏の議論の注目すべき点は...

2020年10月19日 15:43

話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)

 今年は、DeFi(分散型金融)が注目を集めた年である。しかし、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人にとっては、この言葉自体をほとんど聞いたことがないだろう...

2020年10月19日 15:13

アビスパ、12連勝でついに首位! 群馬0-1福岡

 サッカーJ2リーグ・アビスパ福岡は18日、第27節ザスパクサツ群馬戦をアウェー・正田醤油スタジアムで行った...

2020年10月19日 14:56

朝鮮戦争―日本の民主主義の変節、自由主義の崩壊の原点!(6)

 1945年9月に、朝鮮半島は、朝鮮民族の意思よりはるかに強い勢力により分断されました。そして、冷戦が終わった後も、何か強い力が南北の動きを妨げています...

pagetop