• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月15日 16:28

ラグビーW杯、日本代表激闘制する─日本代表vsスコットランド代表─

 ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)で、日本代表は10月13日に横浜国際競技場でスコットランド代表と対戦し、28-21で勝利した。この結果、日本代表は悲願のW杯ベスト8進出を決めた。1987年第1回大会から9回連続出場の日本代表にとって初めてのトーナメント進出である。

 「激闘・死闘・全力を尽くす」─両チームのベスト8を賭けた戦いは壮絶であり、試合後は精魂果てるほどの試合だったので、国民は固唾をのみながら観戦したことだろう。今回のW杯プール戦のラストマッチに相応しい歴史に残る一戦であることは明確である。

 日本代表は筆者の予想とは真逆の戦法で、スコットランドを徐々に追い詰めていった。筆者はSO(10番)田村優の多種で自在にコントロールできるキックで手堅く陣地を進めることを優先させると予想した。しかし、それとは違い、積極的に長短のパスで前進する、ポゼッション(ボール支配率)優先の戦法で挑んだ。結果、その積極的な戦法が功を奏して4トライを奪い、ボーナスポイントを獲得しての勝利となった。

 日本代表は、前半のボールポゼッションが74%とスコットランド代表を圧倒した。世界的な名手として名高いSH(9番)グレッグ・レイドロー、SOフィン・ラッセル、FB(15番)スチュアート・ホッグという中核に「仕事」をさせなかった。開始早々の前半6分に、タックルミスからフィン・ラッセルのトライで先制されたものの、日本代表は冷静かつ大胆にボールを縦横無尽に動かした。その結果、前半だけで3トライを奪い、完全に試合の主導権を握っていた。

 後半、スコットランド代表の逆襲により、1トライ1ゴール差まで詰められるが、終始ディフェンスは力強く、そしてスキルフルなタックルによりスコットランド代表のアタックを寸断した。

 マン オブ ザ・マッチには、スピードスターWTB(11番)福岡堅樹が選ばれたが、LOジェームス・ムーアとトンプソン ルークのディフェンス力の高さが全試合を通して日本代表のアタックとディフェンスを支えている。

 LO(ロック)のポジションは、スクラム・ラインアウトの支柱的な存在で、とくにピンチで頼りにされることが多い。そして空中線でのボール争奪、ブレイクダウンなど常にあらゆる局面でのプレイに参加しているLOの存在が勝敗を分ける。

 ジェームスとトンプソンは、どの代表のLOよりもハードワークをして献身的なパフォーマンスを披露している。それは、タックル成功率93%、95%と高い水準を示していることからもわかる。

 前述の通り、LOは誰よりも強靭でチームの中核的な存在で、タックルだけではなく、アタックの局面でもチャンスメークを求められる “鉄人”である。
その両名が、ディフェンス・アタックとも目立たないながらも、得点への重要なサポート役を担っていることを忘れてはならない。

 ほか、CTB(12番)中村亮土は正確無比なハンドリング&パスワークによるチャンスメーカーとなり、やや修正は必要なものの、ここ1番の強力なタックルも特筆すべき点がある。トライゲッターと同様、地味ではあるが、ぜひともこの3名のパフォーマンスにも注目していただきたい。

 日本代表はプールAの1位として10月20日、東京スタジアムにて、南アフリカ代表と対戦する。いうまでもなくスコットランド代表戦以上の激戦が予想される。

 南アフリカ代表は、世界有数の強靭なディフェンスを誇り、ディフェンスからチャンスをつくって逆襲する戦法がスタンダードだ。

 スコットランド代表に苦しめられた“チョークタックル”=相手選手を倒さずに上体を抱え込みボールキャリアーの重心をコントロールし、ターンオーバーかパイルアップ(ボールの動きを止める)を狙ってくる。これを阻止するためには、日本代表のボールキャリアーは、より低い姿勢でのランとコンタクトポジションが必要だ。さらには、しなやかなボディコントロールによってボール支配をキープすることである。

 積極的にオフロードを駆使することもオプションの1つである。ディフェンスは試合ごとに進化している。南アフリカ戦では、やはり90%以上の成功率が求められる。とくに自陣10mから22m付近でのタックルエラーは危険である。いずれにせよ、1トライ差の攻防が雌雄を決すると予想される。

 皆で声援を送りながら日本ラグビーの新たな歴史を、見届けよう。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月20日 14:23

音楽に見る日本人の正体(3)総集編(前)NEW!

 拙著「『陸軍分列行進曲』とふたつの『君が代』―出陣学徒は敵性音楽で戦場に送られた」の発売から2カ月以上が経った。読者からの反応は実に良い。 しかし、寄せられた感想は...

2020年10月20日 13:12

【~11/15】ふくおかジビエフェアが県内18店舗で開催NEW!

 福岡県は県内の飲食店や販売店でジビエ料理や加工品を提供する「ふくおかジビエフェア」を開催中...

2020年10月20日 11:07

福岡の建設工事出来高、8月は持ち直すNEW!

 国土交通省は19日、『建設総合統計(2020年8月分)』を公表した。これによると、福岡における8月の建設工事出来高は1,167億円...

2020年10月20日 10:02

糸島野菜の生産者になりませんか?農業研修生募集NEW!

 糸島市では、福岡普及指導センターやJA糸島と連携し、糸島野菜の担い手となる新規就農者の確保や育成を支援している...

2020年10月20日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(2)

 サイバー攻撃といえば、海外からの侵入や見知らぬハッカーによる攻撃をイメージしやすいが、実際には内部犯の可能性も多く、システムを熟知している人間であれば簡単にセキュリ...

2020年10月20日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(後)

 橋下氏は、前回記事で取り上げた宇都宮氏の見解の変更について、「かなり恥ずかしい議論をしていたが、流石に見解を変えたね」と投稿した...

2020年10月19日 16:15

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命拒否事件(6)番外編(前)

 国民は弁護士の知力・論理力がいかに拙いものであるかという実演劇を、橋下・宇都宮両有名弁護士の論争に見ることができる。橋下氏の議論の注目すべき点は...

2020年10月19日 15:43

話題を呼んだDeFi(分散型金融)市場(前)

 今年は、DeFi(分散型金融)が注目を集めた年である。しかし、暗号資産(仮想通貨)をよく知らない人にとっては、この言葉自体をほとんど聞いたことがないだろう...

2020年10月19日 15:13

アビスパ、12連勝でついに首位! 群馬0-1福岡

 サッカーJ2リーグ・アビスパ福岡は18日、第27節ザスパクサツ群馬戦をアウェー・正田醤油スタジアムで行った...

2020年10月19日 14:56

朝鮮戦争―日本の民主主義の変節、自由主義の崩壊の原点!(6)

 1945年9月に、朝鮮半島は、朝鮮民族の意思よりはるかに強い勢力により分断されました。そして、冷戦が終わった後も、何か強い力が南北の動きを妨げています...

pagetop