• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月22日 07:00

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(後) ヒガシ 躍進の軌跡 

野球部

「人間力野球」で狙う甲子園優勝

 高校球児の憧れ、甲子園には春2回、夏4回出場。そのうち2000(平成12)年の春大会ではベスト8に。同年行われた明治神宮大会では優勝をはたしている。現在は下野輝章監督が114名の部員を指導。甲子園での優勝目指して練習に打ち込む。OBがすごい面々で、現役では田中賢介選手、松本友選手、森雄大投手、福岡SBホークスからオランダリーグに行った吉村裕基選手、元読売巨人軍の村田修一選手らがいる。

野球部

ボクシング部

「練習で泣き試合で笑え」と猛練習

 1965(昭和40)年、梅谷忠吉氏がインターハイで優勝して以来、数々の戦績を誇る。とくに2012(平成24)年と同13(同25)年のインターハイ団体部門連覇は印象深い。また、同03年のインターハイで団体優勝が危ぶまれた状況下、当時の佐々木監督の退職に花を添えようと部員が頑張り、見事優勝をはたした逸話がある。現在、福岡竜太監督のもと26名が日々精進。OBに元プロボクサーの八尋史朗氏がいる。

ボクシング部

柔道部

最後まで攻めの姿勢で試合に臨む

 小丸和弘監督の指導下、金鷲旗大会団体ベスト16、福岡県新人大会団体優勝、個人ではインターハイ出場、全国選手権大会ベスト16などの戦績を上げている。2017(平成29)年度金鷲旗大会では、黒河内健介君が4人抜き、松山孝誠君が5人抜きという快挙を成し遂げ、ベスト32に入った。現在、30名が全国大会出場を目指し練習に汗を流す。OBに元プロレスラーで現在タレントの佐々木健介氏がいる。

柔道部

卓球部

試合を想定し創意工夫の練習

 三宅和朗監督時代、1977(昭和52)年度全日本選手権男子シングルス・ジュニアの部で優勝、当時の部員・吉浦忠行氏が世界選手権強化選手に選出。現在の宮本純一監督になってからは同94(平成6)年度インターハイでダブルス・ベスト8、2016(平成28)年度インターハイ出場という戦績を残す。常に試合を意識した工夫ある練習で30名が全国大会出場を目指す。

卓球部

体操部

3年連続で全国選抜大会出場も

 もともと器械体操部だったが新体操部を経て、1984(昭和59)年、体操部となった。2009(平成21)年度に団体で全国選抜大会に、翌年度は個人でインターハイに出場。全国選抜大会には1992(平成4)年、1993(平成5)年、2013(平成25)年にも出場している。

 現在、野口恭徳監督の指導下、「楽しく練習する」ことをモットーに7名の部員がインターハイ出場を目指す。

体操部

バスケットボール部

「男気あふれるプレー」で精進

 若菜久光監督時代の1971(昭和46)年、インターハイでベスト8。2017(平成29)年度福岡県新人大会ではベスト8に入った。2018年、対・宗像高校戦試合終了直前の逆転劇は語り草になっている。現在、鈴木康平監督のもと、34名の部員が「男気あふれるプレー」を心がけ、ウインターカップ出場、福岡県ベスト4入りを目指す。

バスケットボール部

重量挙部

目指すはインターハイ出場

 同好会を経て、1965(昭和40)年に創部。井上晟監督時代の同94(平成6)年、インターハイの個人99kg級で銅メダルを獲得している。2019(令和元)年度の全九州大会には2選手が出場した。現在、葛谷修監督のもと、11名の部員が「スマートなリフティング」を心がけ練習に励む。目標はインターハイでの入賞だ。

重量挙部

應援團

甲子園、花園の大舞台で活躍

 2001(平成13)の創部。応援団の晴れ舞台である夏の甲子園、さらに高校生ラグビーフットボールの聖地、花園競技場で応援できたことは同団の歴史に鮮やかな1ページとして残る。現在、岩田修部長のもと、9名の団員が各部活の力になる応援を心がけ、当校の先頭に立って生徒全員を牽引。元気なヒガシの1つの象徴になっている。

應援團

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop