• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月04日 07:15

鉄道を主軸事業に地域の暮らしに貢献 九州全域を代表する地場優良企業 一樹百穫 

総合建設業
九鉄工業(株)

基盤は鉄道関連の安定事業

 創業1942年、すでに77年の歴史をもち九州を代表する地場優良企業に数えられるのが九鉄工業(株)である。鉄道工事を主軸に九州の人々の暮らしを支え、同時に幾多の重要建築物をつくってきた実績をもつ。令和元年の今年は、築105年となる重要文化財・門司港駅の改修を完成させた。

 また、同じく北九州の折尾駅においては125年前につくられた鹿児島本線と筑豊本線の立体交差を解消するという一大プロジェクトに取り組んでいる。駅といえば街の顔である。街をつくり、その発展の一翼を担う同社が、どれほど大きな存在感を有するかはこうした実績からもよくわかる。

 さて、350億円超の2018年度売上を見てみると、得意先であるJR九州と官公庁がおよそ94%を占めているが、総合建設業としての高い技術力が認められ、近年は民間受注が伸び続けていることにも着目したい。たとえば博多税務署跡に3社ジョイントベンチャーによる70億円規模の複合ビル建設がスタートしているが、こうしたプロジェクトに名を連ねられるのも、鉄道関連の安定した事業がベースにあるからだ。すべてにおいて余裕をもって取り組めることが同社の大きな強みの1つだ。

門司港駅改修工事
門司港駅改修工事

働きやすい“優しい職場”

 土木・建築・線路・安全の4部門で事業を推進する同社だが、そこで求めるのは土木や建築を専攻した新しい人材である。近年は女性社員の活躍もめざましく、彼女らによりいっそう能力を発揮してもらうべくさまざまな職場環境づくりに取り組んでいることを少し紹介しておこう。現場での更衣室やトイレを充実させたほか、制服やヘルメットについても彼女たちの希望を取り入れ、洗練されたものに変えていくという。

 「実務を経験したい」「生まれ育った九州で働きたい」「社会貢献につながる仕事に取り組んでみたい」。そうした思いから同社を選択するという若者たちが多い。日々、現場で汗を流す社員たちが共通して感じているのは、九鉄工業が“優しい職場”だということらしい。

 地場企業のなかで抜群と言っていい待遇面もさることながら、その背景にあるのは、やはり鉄道関連事業による安定した業績だ。同社が掲げる理想の企業像にも明示されているのは、何よりも安全・品質を最優先。そこから生まれる“目先の利益は追求しない”という姿勢は、ずばり社員たちの働きやすさにつながる。社員たちが一様に抱く“優しい職場”という印象は、恵まれた職場環境の証だ。

やりがいあふれる仕事

 各部門では、それぞれの領域に通じたプロフェッショナルたちが、その能力を最大限に発揮するとともに深く関わり合いながら業務を推進している。土木事業部門に所属し、3年目になるというある若手社員は「多くの人たちと接し、さまざまな考えや手法を学ぶことができる。入社当時には考えられなかったほど見識を広めることができた。仕事を通し、これからもっと自分を大きく成長させていきたい」と、自身の将来に期待を膨らませる。

 断言していい。九鉄工業のように社会インフラを支える仕事は、同時に大きなやりがいが感じられる仕事である。同社の魅力について、現在は取締役であり福岡支店長・佐藤哲也氏は自らの経験からこう語る。

 「入社から30年にわたっていろいろな現場を経験し、人並みに苦労もしてきたつもりですが、振り返ってみると一度も九鉄工業を辞めたいと思ったことはありませんでした。それは会社が常に目に見えて成長していたし、社員が一丸となって仕事に取り組む姿に誇りを感じていたからです。その思いは今もまったく変わりませんね」。

 同社の魅力は、未来が見えること。そして大きな仕事をやり遂げようという情熱があふれていることだ。

九州各地のインフラをつくってきた
九州各地のインフラをつくってきた

高みを目指す社員たち

 今年も新卒1名の女性技術者が仲間に加わった。職場の雰囲気も少しずつ変わりつつあるという。安定した事業経営を実現している同社にとって、これからさらに高めていくべきは社員の仕事に対する満足度だろう。

 同社においては、185名の一級土木施工管理技士を筆頭に、一級建築士、一級建築施工管理技士、測量士などの国家資格をもつ者が数多く在籍している。約500名の社員数から比してみれば、その技術力の高さがわかる。資格取得支援に会社が積極的であることはもちろんだが、個々が人生をかけて仕事に打ち込み、高みを目指していることの結果ともいえる。

 また、待遇面での優位性に加え、福利厚生の充実ぶりも注目に値する。JR九州のグループの一員として各種施設の利用ができ、仕事を離れた時間をも社員たちは有意義に過ごせる。スポーツ経験者がオフをさらに充実させたいなら、JR九州グループの各種運動部に所属することで活躍できるだろう。

 培った技術をいっそう進化させ、より信頼される企業として社会に貢献していくという九鉄工業。長い歴史に支えられた企業風土のなかで、地域のために働きたいという若者にとって、まず間違いのない選択肢だ。

九鉄工業の職員たち

代 表:古賀 徹志
所在地:福岡市博多区博多駅南6-3-1(福岡本社)
設 立:1942年9月
資本金:2億1,600万円
TEL:092-475-6760
URL:http://www.kyutetsu.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収NEW!

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通しNEW!

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

トランプ安倍政治を終焉させられるかNEW!

 米国中西部のミネソタ州ミネアポリスで5月25日、丸腰の黒人男性が白人警官にひざで首を組み敷かれた末に死亡する事件が発生した...

2020年06月01日 11:14

飲食店のコロナ対策!大胆に「新しい生活様式」に沿った「新しい経営戦略」へNEW!

 飲食店においては、緊急事態宣言が全面解除されても多くの店舗で客足が戻らず、厳しい経営を余儀なくされている...

2020年06月01日 09:00

NTTとトヨタ自動車の業務資本提携で動き出す「スマートシティプラットフォーム」NEW!

 3月24日、NTTとトヨタ自動車(株)との業務資本提携の締結が発表された。両社は「スマートシティ構想」の実現のため、プラットフォームを共同で構築・運営する方針だとい...

2020年06月01日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(後)

 新幹線を所管する国土交通省鉄道局は、「現時点で、整備新幹線のスキームを見直すことは検討していない」という。新幹線整備にともなう地元負担をめぐっては、過去にもいろいろ...

2020年06月01日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(後)

 福岡市においては高島宗一郎市長が19年4月の市長会見で、スーパーシティ構想への意欲を示している。

2020年05月31日 07:00

ストラテジーブレティン(252号)~「コロナパンデミック中間総括」(後)

 コロナ以前から3つの歴史的趨勢が起きていた。1. ビジネス、生活、金融、政治のすべてを覆いつくすIT・ネット・デジタル化、2. 財政と金融の肥大化による大きな政府の...

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

pagetop