• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便 一樹百穫 

不動産業
(株)トリビュート

売買、仲介手がけ不動産再生で躍進

 (株)トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決することで不動産の市場価値を高めること。これは、課題のある不動産に限った話ではなく、何の問題もない好立地のビルにもいえることなのだ。トリビュートは再生業務において、いったん自社で物件を取得するか売主の意向に沿ったコンサルティングを行うことで、これまで取引先からの信頼を得てきた。

同社が発刊している物件情報
同社が発刊している物件情報

 再生案件を数多く手がけるなかで、取引先からさまざまな相談が寄せられるようになったという。「駅前の土地をいくらで買いたい」「いくらなら売る」「これくらいの規模のビルを建てたいが土地がない」など、売買仲介の域を超えて、それぞれのプレイヤーをマッチングする機会が増えていったのだ。そこで、このサービスを事業化することを決意。いわゆるアレンジャー業務だが、単に地権者などと交渉するだけでなく、より高いレベルのサービスにするために市場動向やエリア特性などの情報収集を始めている。

 また、物件情報の正確性が不動産取引の課題であると感じてきた同社は、売主から預かった約100件もの不動産情報を冊子にして季刊で発行。掲載されているのはすでに売主とつながった情報のため、買主や買主側の仲介を始めとする取引先から好評を得ている。

不動産営業の不便解消 新サービス・TRGとは

TRG(トラジ)
TRG(トラジ)

 すでに始動した新サービスもある。不動産取引に関わるなかで気づいた実務レベルでの不便さに着目し、宅建業者向けのウェブサービスである。これが、タレント・武田真治氏を起用したことで注目されている、不動産業の営業担当者マッチングサービス・TRG(トラジ)だ。

 田中稔眞社長は、「新サービス開発の背景に自社内の非効率があった」と話す。「業者間で商談のアポイントを取る場合、電話で行う場合が多いが、相手のニーズが事前にわかればもっと効率化できる。また、知らないエリアでも業者の素性をある程度事前に知ることができれば、安心して情報交換できるようになる」という。
 さらに田中社長は、「『新しい不動産業者と知り合いたい』『取り扱い件数を拡大したい』『メールや電話よりも効率的に仕事したい』といった営業ニーズは必ずある。トラジで不動産売買を加速させます」と新サービスへの意気込みを語った。

 登録には個人の実名、顔写真の登録が必須となるだけでなく、宅建業者であることが求められる。国交省や都道府県から発行された宅建許可番号が必須なのである。ユーザーは土地・建物の登録、検索も可能だ。地域や会社名、店舗名でユーザーを検索でき、互いに「パートナー」になれば、1対1、グループ、登録物件ごとにチャット機能を使って情報交換できるようになる。また、購入希望条件を設定すれば、条件に合った物件が自動で紹介される。

海外への本格進出狙い来年にはマレーシアへ

代表取締役 田中 稔眞 氏
代表取締役 田中 稔眞 氏

 今後の戦略と不動産市場の動向について、田中社長は次のように話す。「東京、福岡はもちろん大阪、名古屋など都市の中心部の人口は増加しています。国内の不動産に対しては、エリアを慎重に見極めながら投資していきます」。

 また、国内にとどまらず海外にも目を向け、トリビュートならではの正確な物件情報を投資家に提供し、日本とアジアのビジネスを活性化させてきた。海外の富裕層がもつ不動産投資ニーズを聞き取り、日本の不動産オーナーにそのニーズを情報提供し、双方をマッチングしてきた。このように、海外市場にも取り組んできた同社だが、さらに一段ギアを上げていくという。

 田中社長は、「やはり成長しているアジアを見過ごすわけにはいきません。これまでは、海外投資家に日本の不動産を売ることがメインでしたが、今後はその逆も手がけていきたい。片手間で進出するのではなく、社長である私が自ら現地で体感しなければ得られないチャンスがあるはずだと思い、来年のマレーシアへの移住を決断しました」と、本格的な海外事業への拡大について語った。

再生した佐世保のビル
再生した佐世保のビル

 新サービスや海外への本格進出を実現するのは、アイデアだけでなくそれを可能とする実行力だろう。同社では田中社長を始めとする創業メンバーだけでなく、未経験で入社した社員が力をつけてきたことで、新サービスへのチャレンジができるようになったのだ。できるだけ自由な社風を標榜する同社だが、経営理念である「人を大事に 人を笑顔に」から外れない限りは自主性を重視していることが社員の成長に結びついたのだろう。

 創業以来、物件情報の確実性を最も大切にし、さまざまな事業に取り組んできた同社。国内および海外の再生事業を始めとする不動産事業だけでなく、始動した新サービス・トラジを用いた事業化を目指すアレンジャー事業についても注目したい。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 稔眞
所在地:福岡市博多区博多駅前3-27-24
TEL:092-292-2313
所在地:東京都港区芝公園3-4-30 
TEL:03-6257-3801
設 立:2009年4月
資本金:1,600万円
URL:https://tribute-company.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分NEW!

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)NEW!

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)NEW!

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)NEW!

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)NEW!

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

2020年02月21日 11:41

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(1)NEW!

 折り紙を知らない人はいないが、「折紙工学」のことを知っている人はどれだけいるだろうか。折紙工学は実は日本発の研究分野で、紙おむつから宇宙ステーションのアンテナまで、...

2020年02月21日 11:03

ねこの日はマークイズ福岡ももちで「ねこねこ食パン」をNEW!

 明日、2月22日は222(ニャンニャンニャン)で『ねこの日』。これにちなみ、MARK IS福岡ももち1階のベーカリーショップ、「HEART BREAD ANTIQU...

2020年02月21日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(4)NEW!

 家庭の惣菜需要が、客数や、とりわけ買上点数に貢献してきた。もう一方の客単価を高める施策が「一品単価」の向上である。育ち盛りの子どもを複数抱える一般的な家庭では、価格...

2020年02月21日 10:30

新型コロナウイルスの蔓延と米中貿易「第一段階」合意の行方(3)NEW!

 今回、トランプ大統領が「怪物のような巨大な、そして美しい取引」と強調した米中「第一段階」合意の内容を検証してみたい。結論からいえば、2年前にすでに基本的な合意が形成...

2020年02月21日 10:15

SBIホールディングスが清水銀行と資本業務提携NEW!

 SBIホールディングスは2月18日、静岡県を地盤とする第一地銀の清水銀行(静岡市)と資本業務提携を結ぶと発表。SBIホールディングス(以下、SBI)は、全国の地方銀...

pagetop