• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月18日 07:00

TRGほか新サービスで解決目指す プレイヤーだからわかる業界の不便 一樹百穫 

不動産業
(株)トリビュート

売買、仲介手がけ不動産再生で躍進

 (株)トリビュートは創業以来、「不動産再生」に主眼を置いてきた。不動産再生とは、「空室が目立つ」「用途が立地に合っていない」「土地が狭小、不整形地」などの課題を解決することで不動産の市場価値を高めること。これは、課題のある不動産に限った話ではなく、何の問題もない好立地のビルにもいえることなのだ。トリビュートは再生業務において、いったん自社で物件を取得するか売主の意向に沿ったコンサルティングを行うことで、これまで取引先からの信頼を得てきた。

同社が発刊している物件情報
同社が発刊している物件情報

 再生案件を数多く手がけるなかで、取引先からさまざまな相談が寄せられるようになったという。「駅前の土地をいくらで買いたい」「いくらなら売る」「これくらいの規模のビルを建てたいが土地がない」など、売買仲介の域を超えて、それぞれのプレイヤーをマッチングする機会が増えていったのだ。そこで、このサービスを事業化することを決意。いわゆるアレンジャー業務だが、単に地権者などと交渉するだけでなく、より高いレベルのサービスにするために市場動向やエリア特性などの情報収集を始めている。

 また、物件情報の正確性が不動産取引の課題であると感じてきた同社は、売主から預かった約100件もの不動産情報を冊子にして季刊で発行。掲載されているのはすでに売主とつながった情報のため、買主や買主側の仲介を始めとする取引先から好評を得ている。

不動産営業の不便解消 新サービス・TRGとは

TRG(トラジ)
TRG(トラジ)

 すでに始動した新サービスもある。不動産取引に関わるなかで気づいた実務レベルでの不便さに着目し、宅建業者向けのウェブサービスである。これが、タレント・武田真治氏を起用したことで注目されている、不動産業の営業担当者マッチングサービス・TRG(トラジ)だ。

 田中稔眞社長は、「新サービス開発の背景に自社内の非効率があった」と話す。「業者間で商談のアポイントを取る場合、電話で行う場合が多いが、相手のニーズが事前にわかればもっと効率化できる。また、知らないエリアでも業者の素性をある程度事前に知ることができれば、安心して情報交換できるようになる」という。
 さらに田中社長は、「『新しい不動産業者と知り合いたい』『取り扱い件数を拡大したい』『メールや電話よりも効率的に仕事したい』といった営業ニーズは必ずある。トラジで不動産売買を加速させます」と新サービスへの意気込みを語った。

 登録には個人の実名、顔写真の登録が必須となるだけでなく、宅建業者であることが求められる。国交省や都道府県から発行された宅建許可番号が必須なのである。ユーザーは土地・建物の登録、検索も可能だ。地域や会社名、店舗名でユーザーを検索でき、互いに「パートナー」になれば、1対1、グループ、登録物件ごとにチャット機能を使って情報交換できるようになる。また、購入希望条件を設定すれば、条件に合った物件が自動で紹介される。

海外への本格進出狙い来年にはマレーシアへ

代表取締役 田中 稔眞 氏
代表取締役 田中 稔眞 氏

 今後の戦略と不動産市場の動向について、田中社長は次のように話す。「東京、福岡はもちろん大阪、名古屋など都市の中心部の人口は増加しています。国内の不動産に対しては、エリアを慎重に見極めながら投資していきます」。

 また、国内にとどまらず海外にも目を向け、トリビュートならではの正確な物件情報を投資家に提供し、日本とアジアのビジネスを活性化させてきた。海外の富裕層がもつ不動産投資ニーズを聞き取り、日本の不動産オーナーにそのニーズを情報提供し、双方をマッチングしてきた。このように、海外市場にも取り組んできた同社だが、さらに一段ギアを上げていくという。

 田中社長は、「やはり成長しているアジアを見過ごすわけにはいきません。これまでは、海外投資家に日本の不動産を売ることがメインでしたが、今後はその逆も手がけていきたい。片手間で進出するのではなく、社長である私が自ら現地で体感しなければ得られないチャンスがあるはずだと思い、来年のマレーシアへの移住を決断しました」と、本格的な海外事業への拡大について語った。

再生した佐世保のビル
再生した佐世保のビル

 新サービスや海外への本格進出を実現するのは、アイデアだけでなくそれを可能とする実行力だろう。同社では田中社長を始めとする創業メンバーだけでなく、未経験で入社した社員が力をつけてきたことで、新サービスへのチャレンジができるようになったのだ。できるだけ自由な社風を標榜する同社だが、経営理念である「人を大事に 人を笑顔に」から外れない限りは自主性を重視していることが社員の成長に結びついたのだろう。

 創業以来、物件情報の確実性を最も大切にし、さまざまな事業に取り組んできた同社。国内および海外の再生事業を始めとする不動産事業だけでなく、始動した新サービス・トラジを用いた事業化を目指すアレンジャー事業についても注目したい。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 稔眞
所在地:福岡市博多区博多駅前3-27-24
TEL:092-292-2313
所在地:東京都港区芝公園3-4-30 
TEL:03-6257-3801
設 立:2009年4月
資本金:1,600万円
URL:https://tribute-company.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月03日 14:00

熊本副知事・小野泰輔氏が来月投開票の東京都知事選に出馬表明~ホリエモンの出馬は?NEW!

 2日、熊本県副知事・小野泰輔(おの・たいすけ)氏が7月5日投開票の東京都知事選に出馬すると表明した。小野氏は今年46歳...

2020年06月03日 13:16

九州地銀の20年3月期決算を検証する(4)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の純資産残高順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月03日 12:04

経産省、コロナ消毒で使う次亜塩素酸水に「有効性の確認なし」NEW!

 経済産業省は、5月29日時点において、消毒に使われる次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)について、新型コロナウイルス(COVID-19)への有効性は5月29...

2020年06月03日 11:21

視界不良の2020年消費~流通大手イオンはどう動くか(前)NEW!

 スーパーやドラッグストア、SC(ショッピングセンター)開発・運営、金融などさまざまな事業を展開する同社では低収益事業の改革が目下の経営課題だ。2021年2月期は業績...

コロナ下で実施される最重要二大選挙NEW!

 安倍内閣の支持率が朝日、毎日の世論調査で30%を下回った。コロナウイルスの感染が拡大したが東アジア地域では相対的に被害が抑制されている。最重要の指標といえる人口あた...

2020年06月03日 10:21

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月03日 09:30

四国新幹線「ないのがおかしい」(中)NEW!

 国土交通省鉄道局は3月31日、JR四国に対し、国土交通大臣名で「経営自立(最終的には株式の上場)」に向けた経営改善を求める文書を手渡した...

2020年06月03日 07:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(後)

 「何もかもインターネットでできると、オンラインでの交流は活発になる一方で、人の動きが消えて、人通りのない閑散としたまちになるでしょう...

2020年06月03日 07:00

「スーパーシティ」構想で再注目 九大・箱崎キャンパス跡地のポテンシャル(後)

 周辺エリアも合わせると約50haもの広大な敷地をもつ箱崎キャンパス跡地の再開発をめぐっては、統合移転プロジェクトの進行中から注目が集まっており、これまで段階的に協議...

2020年06月02日 16:47

九州電力 海外での地熱発電事業を強化へ~米国の地熱技術サービス企業を買収

 (株)キューデン・インターナショナルと西日本技術開発(株)が、地熱技術サービスを提供する米国サーモケム社の買収に係る株式購入契約を締結(5月29日調印)した...

pagetop