• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月04日 07:00

土の専門家として建築現場を協力サポート! 大地に根差した大きな信頼を育てる 一樹百穫 

重仮設工事、不動産事業、土木工事
(株)ワイテック

経験と実績で信頼を得る

代表取締役社長 行武 志郎 氏
代表取締役社長 行武 志郎 氏

 福岡の建設業者を多角的にサポートし、順調に業績を伸長してきた(株)ワイテックは、今期25周年の節目を迎えた。同社の創業は1994年4月。代表取締役社長・行武志郎氏の父である琢雄氏が経営する行武通信建設(株)の関連会社として(有)ユクタケの名で設立された。その後は、95年に(有)ワイテェックに社名変更、2007年に(株)ワイテックに商号変更した。

 現在、掘削工事で必要となる重仮設(山留)、地盤改良に必要な特殊工法や特殊機械の提供、各種杭工事を行う特建事業を柱に、土木・不動産・重機事業を展開。土木分野に関わるすべてをワンストップ型で提供し、福岡で確固たる基盤を築き上げている。

 設立当初3人だった従業員は現在25人にまで増え、関連グループ会社の(株)エステックと(株)エスジーコーポレーションを合わせると全体で36人になるという。13年には博多区博多駅南に自社ビルBlanc・Style博多を完成させ、本社を移転。16年には太宰府ヤード、18年には沖縄営業所、今年2月には大濠オフィスを開設し、事業拡大を続けている。信頼と安全性を第一に、福岡の都市形成の基盤を今日も支えている注目企業だ。

博多本社
博多本社
太宰府ヤード
太宰府ヤード

チーム力で顧客に応える

 42歳という若さで成長企業の陣頭指揮を執る行武氏に、社風についてうかがったところ「とても明るい職場です」と笑顔で答えてくれた。

 「仕事中に笑い声が聞こえてくると、本気で仕事に取り組んでいるのかな…と若干不安になりますが、まず会話がないとコミュニケーションができないですよね。話をしないと信頼し合える環境づくりはできません。間違いに気付いたらすぐに謝れる環境、失敗を許せる環境がないと、人間は隠したり自己完結したりという心理が働きます。その小さな綻びが、やがて大きなミスや事故につながってしまう。事業柄そこは大切にしたいと思いますね。これまでは個々の力に頼っている部分もありましたが、会社がこの規模になってくると、今後は横のつながりやチーム力を発揮しないと、たとえば大手ゼネコンのニーズには応えることができません。周りと連携してお互いに高め合い、頼れる環境をつくっていきます」(行武氏)。

 行武氏の表情からは、決して馴れ合いではなく、コミュニケーションで会社の環境(土台)を固め、さらなる飛躍につなげていこうとするたしかな意志を感じられた。

積極的に新卒採用

 これまで中途採用を行っていた同社だが、20年春に初めて新卒を採用することが決定している。今回の新卒の内定者は5人、中途採用4人の予定で、今後も積極的に新卒採用を増やしていく方針だという。

 また、今年新たに総務課を立ち上げ、人材育成方法や評価制度なども含め、改めて組織強化に取り組んでいる。行武氏は「1年間の新卒用スケジュールをつくるなど、受け入れ体制を整えているところです。現社員には、今後新卒が入社してくることに対応できるよう、教育のあり方を一から指導していきます」とし、若手が増えることでさらに活気ある職場になることに期待を寄せる。

 「博多オフィスも手狭になってきているので、将来的にはコントロール機能を集約させようと考えています。今後の展開としては、好況が続いている沖縄での需要に対応するべく、沖縄営業所の強化に引き続き力を入れていきます」(行武氏)。今年2月に竣工した自社ビルの大濠オフィスでは、今後の事業拡大を踏まえ、関連グループ会社を含めた集中経理を行う予定だと話す。

今年2月に竣工した大濠オフィス
今年2月に竣工した大濠オフィス

変化を恐れず挑戦続ける

 求める人物像について行武氏は「知識や技術ももちろん大切で、もっているに越したことはないのですが、まずは元気で向上心があり明るいことです。また、コミュニケーション能力が高いこと。誠実かどうかも社会人として大切な要素だと思います」と、“信頼”をコンセプトにする同社ならではのポイントを挙げてくれた。

 また、同社は年1回のプロ野球観戦や海外旅行で社員同士の親睦を図っている。来年はソフトボールとフットサルチーム、釣りクラブなどをつくって社内のコミュニティを活性化したい考えだ。

 「沖縄営業所ができたこともあり、来年から社内報を作成します。新入社員の紹介や業務内容などを掲載し、営業所間のコミュニティツールとして活用する予定です。総務課ができたことで、これまで手が届かなかったことにも力を入れ、チャレンジしていきます。日本経済は歴史的にも一本調子が続いた過去はありません。荒波が押し寄せて歪みが生じ、弾けて平らになって…と続くから、活性化されて成長していく。会社も同じで変化を恐れていては進化も発展もできません。自分たちの強みを理解し、武器としてしっかり活用して、チーム力で時代の波を乗りこなしていきたいです」(行武氏)。

沖縄営業所
沖縄営業所

<COMPANY INFORMATION>
代 表:行武 志郎
所在地:福岡市博多区博多駅南2-2-7
設 立:1994年4月
資本金:1,000万円
TEL:092-292-1516
URL:http://www.y-tech.biz

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop