• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月10日 15:03

【凡学一生のやさしい法律学】さくら疑獄事件(7)

 筆者は「桜を見る会」の不適切者招待について、安倍晋三首相の刑事責任は問えないとしましたが、読者から公職選挙法の供応接待罪(同法221条1項)に当たるのではないかとのご指摘ご疑念をいただきましたので、より詳細にご説明します。

 まず、実質的関係においては議員が選挙人を供応接待した場合と同一の利益関係にあることはご指摘の通りですが、この実質的関係をつくり出した法律関係を正確に検討すれば、刑事責任を問うことは不可能であることがわかります。それを一言でいえば、日本の法律は性善説で表現されており、性悪人には極めて都合よく、法網にかからない構造であることです。

 まず、安倍首相は総理大臣の資格で「桜を見る会」の参加者を招待したもので、議員の身分は総理大臣の憲法上の要件から当然に付随したに過ぎません。従って、内容の実質が、選挙民を招待して供応接待しても、何ら違法行為とはいえません。問題は、安倍首相が不適切者と知って招待した場合には犯罪行為となりますが、それを巧妙にくぐり抜ける仕組みが「推薦制度」です。

 つまり、安倍首相の招待者決定過程は、一定の推薦権者による推薦に基づくもので、その被推薦者が不適切者であるかどうかは選定担当の内閣府担当者には判断できない仕組みとなっていることです。この仕組みであれば菅義偉官房長官の推薦者のなかにも同様な不適切者がいれば菅氏も同罪の被疑者となります。推薦した国会議員全員が同罪の被疑者となりえます。

 しかし、当然、推薦権者らは、被推薦者には「社会的功労者としての適格性・該当性があったと思う」と弁解するに決まっています。つまり、すべての被疑者には招待者を決定する権限はありませんから、供応接待罪の実行行為者とはなり得ない仕組みです。

 招待したのは安倍首相ですが、その招待は相当の推薦権者の推薦に基づくものですから、これまた、違法行為・犯罪行為の実行行為と見ることはできません。みんな、阿吽の呼吸で不適切行為を組織的にやっているのです。「呑舟の大魚は法網にかからず」を安倍自民党政権は実行しています。

 ただ、推薦権者に安倍首相自身である総理大臣の「枠」があることが問題ですが、安倍首相は実際の推薦人の選定は安倍事務所のスタッフに委ねていると主張していますから、安倍首相が自ら不適切者の選定に関わった証拠がない限り、同罪の実行行為とはなりえません。

 同罪は議員および候補者ならびに支援者が擬律される身分犯ですから、仮に支援者が被疑者となり得ても、安倍首相自身は被疑者になりません。ここもまた、法律の抜け穴となっています。

 ただ、極めて重大な発言として、安倍首相は、事務所員の選定作業において、相談を受け、それに応じたことはある旨証言しており、その具体的な内容が、不適切者の案件であり、それが推薦者となった場合に限り、安倍首相は被疑者となります。それらの事実が判明しないように、推薦者名簿、招待者名簿を違法に破棄したもので、実際の招待者のなかに不適切者が存在する限り、犯罪の証拠を隠滅した行為ですから、名簿破棄の責任者たる公務員は間違いなく、公文書毀棄罪と証憑隠滅罪の被疑者です。

 行政文書の保存期間に1年未満という規定は存在せず、名簿の破棄は明らかに犯罪であるのに、野党議員は誰もこれを指摘しません。よほど、基本的な法律知識が欠けていると見るほかありません。

 被供応者が実際に飲食をしたかどうかは法律上は問題にならないと考えられます。それは供応の申込みも犯罪構成要件としているからです。正確な条文上の文言は、「物品その他の財産上の利益・・の申込若しくは約束」です。案内状に飲食の準備がある旨の記述があれば、それは約束に当たります。また、四囲の事情から、被供応者が供応の事実を事前に認識している事情にあれば、それで十分です。宿泊したホテルから会場に直行しており、昼食の接待をうけることは事前の了解とみれますから、これで十分です。

 以上のことは、現実に飲食していない不適切招待者についても、同罪が成立するという意味となります。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop