• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月24日 10:22

コクヨはなぜ、ぺんてるの買収に失敗したのか~強者の「驕りのオウンゴール」で自滅(前)

 2019年の掉尾を飾る文具業界のM&A(合併・買収)劇。文具最大手のコクヨと2位のプラスによる、筆記具メーカーぺんてるの争奪戦は、プラスに軍配が上がった。勝利は確実と見られていたコクヨはなぜ敗れたか。コクヨ創業家の御曹司の“驕り”が反発を招いたようだ。

ぺんてる「コクヨの目論見を阻止した」

 コクヨは12月12日、ぺんてる株の買い付け結果を発表した。

 買い付け価格は1株4,200円。「本買付を通じて、ぺんてるの約300人のすべての株主様のうち、100名を超える多くの株主の方々からご賛同をいただきました」とリリース。

取得株式の議決比率は7.86%。コクヨはぺんてるに37.80%を出資しており、合わせると45.66%。売買契約が済んでいない0.6%を加えても目標の過半数に達しなかった。

 ぺんてる、プラス、買い付け会社ジャパンステーショナリーコンソーシアム合同会社(以下、JSC)の3社は12月13日、買い付け結果を発表した。プラスはぺんてる経営陣が賛同する「ホワイトナイト(白馬の騎士)」として買い付け会社JSCを11月に設立。JSCが1株3,500円で買い付けを進めてきた。

 「約200名(株式持ち分比率にして約30%)のぺんてる株主の皆様にJSCへとぺんてる株式を売却いただき、ぺんてるの現経営陣並びにプラス及びJSCの資本業務提携を支持していただいている株主の皆様と合わせれば、株式持ち分比率にして50%を優に超える結果となっております。

 ぺんてるの多くの株主の皆様が、金額の多寡でなく、ぺんてるが目指してきた価値観に共感され、ぺんてるの存在意義を認められたことが、この結果に表れているものと受け止めております。

 この結果、ぺんてるはコクヨ(株)が主張してきた、ぺんてるの連結子会社化という目論見が阻止され、これまで通り、ぺんてるの自主独立の経営・事業活動を継続することが確保されたと判断しております」

 事実上の勝利宣言である。ぺんてるはコクヨと進めてきた協業の協議も中止すると表明。また、コクヨに対するぺんてるの株式の譲渡を承認しないと言明した。ぺんてるは譲渡制限条項がついた非上場株で、譲渡には取締役会の承認が必要になる。ぺんてるは、コクヨが取得した7.86%の株式の譲渡は認めないというわけだ。

ぺんてるOBが保有する株の争奪戦

 コクヨとプラスによるぺんてる株争奪戦は、ぺんてる退職者のOB株が焦点だった。

 報道によると、非上場会社であるぺんてるの株主は約340人。コクヨが37.80%を保有する筆頭株主。役員と従業員の持株会が13.5%、創業家一族の保有分も13%程度。残る35.7%がOBや取引先と見られている。

 役員と従業員の持株会の13.5%が、ぺんてる=プラス陣営の基礎票。さらにプラスが36.5%の株を買い増して、合わせて過半数をとる計画だ。一方、コクヨは12.2%上積みして、過半数を握ることを狙った。

 コクヨはOB株の取り込みを確実にするため、買い取り価格を引き上げた。当初は、1株3,500円で買い取る予定であったが、「ホワイトナイト」として参戦してきたプラスが、1株3,500円を提示したため、コクヨは3,750円、そして4,200円と2回引き上げた。OBは高齢者が多い。保有株を売却して老後資金に充てたいと考えるOBが大半だ。「どちらにも売らない」としてきた株主も4,200円なら考えるだろう、との読みがコクヨにはあった。

 上場会社のTOBなら、これで勝負がつく。安いほうに応募する株主がいるわけがないからだ。ぺんてる株の争奪戦は、コクヨが勝つ。誰もが、そう思った。

 ところが、蓋を開けてみると、大番狂わせ。ぺんてるの株主は、100人がコクヨに売り、200人がプラスに売った。4,200円より3,500円のほうに売ったのだ。700円損するとわかっているのに、なぜOBたちはプラスに株を売ったのか。最大のミステリーだ。

ぺんてる創業家3代目追放のクーデターが発端

 一連の騒動は、ぺんてるの創業家出身の3代目、堀江圭馬社長が2012年のクーデターで、その座を追われたことがきっかけだ。堀江氏は復権を目指すが、ほかの創業家一族の同意を得られなかった。堀江氏は復帰をあきらめ、18年春、保有していた37.80%のぺんてる株を、投資会社マーキュリアインベストメントが運営するファンドに売却した。

 19年5月、コクヨは、このファンドに出資して、間接的にペンテルの大株主となった。ぺんてるは事前に説明がなかったため猛反発。コクヨが直接出資に切り替えて、筆頭株主に躍り出たことで、両社のバトルが勃発する。これまで、登場してきた両陣営の人物を整理してみよう。

【コクヨ陣営】
・コクヨ:売上高3,151億円(18年12月期)、文具業界最大手、東証一部上場
黒田英邦氏(コクヨ社長)
池野昌一氏(ぺんてる元専務)
小山潔人氏(マーキュリアインベストメント最高投資責任者)=指南役
堀江圭馬氏(ぺんてる元社長)=応援

【ぺんてる=プラス陣営】
・ぺんてる:売上高403億円(19年3月期)筆記具大手、売上の65%が海外、非上場
・プラス:売上高1,772億円(18年12月期)、オフィス用品大手、非上場
和田優氏(ぺんてる社長)
今泉嘉久氏(プラス会長兼社長)
岡崎潤氏(ジャパンステーショナリーコンソーシアム合同会社職務執行者)
水谷壽夫氏(ぺんてる元社長)
田中康之氏(ASPASIO社長)=指南役

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分NEW!

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)NEW!

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)NEW!

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)NEW!

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)NEW!

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

2020年02月21日 11:41

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(1)NEW!

 折り紙を知らない人はいないが、「折紙工学」のことを知っている人はどれだけいるだろうか。折紙工学は実は日本発の研究分野で、紙おむつから宇宙ステーションのアンテナまで、...

2020年02月21日 11:03

ねこの日はマークイズ福岡ももちで「ねこねこ食パン」をNEW!

 明日、2月22日は222(ニャンニャンニャン)で『ねこの日』。これにちなみ、MARK IS福岡ももち1階のベーカリーショップ、「HEART BREAD ANTIQU...

2020年02月21日 11:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(4)NEW!

 家庭の惣菜需要が、客数や、とりわけ買上点数に貢献してきた。もう一方の客単価を高める施策が「一品単価」の向上である。育ち盛りの子どもを複数抱える一般的な家庭では、価格...

2020年02月21日 10:30

新型コロナウイルスの蔓延と米中貿易「第一段階」合意の行方(3)NEW!

 今回、トランプ大統領が「怪物のような巨大な、そして美しい取引」と強調した米中「第一段階」合意の内容を検証してみたい。結論からいえば、2年前にすでに基本的な合意が形成...

2020年02月21日 10:15

SBIホールディングスが清水銀行と資本業務提携NEW!

 SBIホールディングスは2月18日、静岡県を地盤とする第一地銀の清水銀行(静岡市)と資本業務提携を結ぶと発表。SBIホールディングス(以下、SBI)は、全国の地方銀...

pagetop