わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月15日 10:30

【検証】ゴーン逃亡~「残酷司法」から「国権濫用司法」へ(後)

4:立証不能の夫人の本心・記憶の内容

 夫人はとっさの質問に気が動転して「勘違いして」知らないと答えたのかもしれない。もしそうであれば、刑法理論からは夫人を有罪とすることはできない。つまり、検察は夫人が記憶に反して証言した、ということを立証しなければならない。しかし、それは夫人が自白でもしなければ、証明不可能な主観的構成要件である。再び、夫人を逮捕拘留して人質司法を続け自白させるつもりでいるのだろうか。おそらく夫人は「あの時は緊張のあまり、気が動転していました。冷静に考えれば、私はAを知っています」と弁解したら、検察や裁判官はこの夫人の弁解をどのように扱うのか。この弁解により夫人は無罪となる他ない。
 やがて有能な夫人の弁護士は上記の内容の上申書を検察に提出するだろう。それでこのバカ騒ぎは終息する。そして、周辺調査も何もしないで、逮捕状を発布した裁判所の形式的で無内容の無責任業務執行が本来ならマスコミによって批判されなければならない。
 そしてもう1つ、逮捕状は夫人が国外にいて執行不能だから、やがて失効する。こんなことは検察官は百も承知でやっている。日本のマスコミも馬鹿騒ぎをやめる潮時ではないか。
 以上の問題の原因は明らかに、検察が本来、聞く必要のない事項を聞くかたちの罠を使ったことにある。しかも重要なことは「夫人がAを知っているということ」が、ゴーンの犯罪の立証にはまったく関係なく、間接証拠にすらならないことである。金銭の流通に関与しただけでその金銭が黒い色をしたものか金色なのかはAも夫人も知らないことである。なぜなら、検察が勝手に黒色といって、強引に自白によって、着色しようとしているにすぎないからである。今後の検察の重要な証拠はすべて「供述証拠」であることが、本件事件の特殊性でもあることを国民は留意しておかねばならない。人質司法と黒い「供述証拠」は表裏一体のものであるとの理解が必要である。

5:ゴーンの容疑は特別背任罪である

 転々移転した金銭が不正金銭かどうかは、第一に奨励金が不当に高額であること、次にゴーンと金銭を受領した販売代理店のオーナーとの間で、日産からの販売奨励金・販売促進費の闇の分配契約が存在すること、それを検察が立証したときに犯罪が成立する。それを
自白によって証明しようとしてゴーンを130日も拘禁した。初めから検察は物的証拠が何もなく、「見立て」(つまり妄想)だけが存在した。
 妥当な額の販売奨励金を受領したオーナーが、その受領した金銭をどのように費消しても違法ではない。オーナーが奨励金の金額の決定権のあるゴーンに関し、安定した将来の褒章奨励金を期待して、いわゆる忖度して、ゴーンの一族の会社に投資したり、金銭貸与をしても、それはビジネスの世界では、むしろ普通に見られ、どこにでも存在する相互依存の関係であり、潤滑油である。取引先が相互に緊密で親しい関係はむしろ当然である。
 問題となるのは会社の損害の有無であり、それは当該販売代理店との取引が赤字か否かで判断される。利益が出ている限り、会社に損失は発生していない。特別背任罪の構成要件に該当しない。
 検察が立証すべき事項は、販売代理店に支給された奨励金がほかにくらべ、異常に高額であり、取引に赤字が出ていること、ゴーンと販売店の間に闇の分配契約が存在すること、である。夫人がAを知っているかいないかではない。
 ゴーンの犯罪を妻である夫人なら知っているとの予断のもと、あらゆる権限を濫用して、
妻を追い詰め、自白をとるために、世界にも例のない下品な国際手配をした。すべて検察官の妄想を前提にした行為である。だから、まともに公判手続きを開始せず、それに抵抗している。
 「頭隠して尻隠さず」とはこの検察の姿のことである。

(了)

【凡学 一生】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入NEW!

 堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展...

2020年01月22日 07:00

お客さま第一主義で「技術」と「信頼」を獲得 人にやさしい快適住環境空間を創造NEW!

 中原工務店は、1964年1月に故・中原義人氏が創業、65年2月に設立した。93年3月に中原賢勝氏が2代目に就任。2013年1月には賢勝氏が代表取締役会長に就任、3代...

2020年01月22日 07:00

時代に合わせて変化&成長 社員の力を結集し、新たな事業への挑戦NEW!

 (株)ダックスは1995年の設立以来、まもなく四半世紀を迎える業歴のなかで、自社ブランド「パレストマンション」を始めとする新築分譲マンションの販売を中心に事業を展開...

2020年01月21日 17:35

協力業者の作業員が事故により死亡~明電舎に6週間の指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は1月20日、(株)明電舎(東京都品川区、三井田健代表)に対し、6週間の指名停止措置を下した。指名停止期間は、2020年1月20日から3月1...

2020年01月21日 17:14

「デフレ脱却のため政策転換を!」三橋貴明氏講演「2020年の日本経済の見通し」

 元自民党副総裁の山崎拓氏が主宰する政経フォーラム(第30回)が20日、福岡市中央区の「天神スカイホール」で開催され、作家・経済評論家の三橋貴明氏が特別講演の講師とし...

2020年01月21日 16:35

医者があきらめた疾病を完治~身体が本来もつ機能を高め、リウマチ患者の症状を改善

 リウマチは免疫の異常により関節を裏打ちしている骨膜という組織に炎症が生じる疾患だ。炎症が続くことで関節が徐々に破壊され、やがて変形したり固まったりして動かなくなる。...

2020年01月21日 16:30

天神ビッグバンで一体開発を検討 福岡地所と住友生命

 福岡市・天神2丁目の2棟のビルが一体開発される見通しであることがわかった。一体開発されるのは、福岡地所(福岡市)が所有する天神西通りビジネスセンター(旧・福岡天神第...

2020年01月21日 15:00

高まる労災の訴訟リスク 問われる企業の健康管理(前)

 電通の過労死事件の報道以来、企業の健康管理が注目されるようになった。多くの大手・中堅企業は、過労などの労働災害の訴訟リスクを抱えることに敏感になってきている。働く人...

2020年01月21日 14:30

中国経済新聞に学ぶ~中国産の米国テスラ車第1弾が引渡し

 米テスラ社の上海ギガファクトリーで12月30日午前、中国産テスラ車の第1弾が正式に引き渡された。テスラがこれまで中国公式サイトで予告していた引き渡し時期は2020年...

2020年01月21日 14:16

「いつも通り薄っぺらい」、山本太郎が施政方針演説を批判

 れいわ新選組の山本太郎代表は20日、安倍首相の施政方針演説について「いつも通り薄っぺらい」と表現し、7年かけてもデフレ脱却できない経済財政運営を酷評するとともに、障...

pagetop