• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月21日 09:00

筑邦銀行がSBIホールディングスと資本業務提携(後)

 【表1】を見ていただきたい。九州地銀(含むFG・FH)の1月17日の株価と、年初来安値(以下、安値)の株価との比較表である。

~この表から見えるもの~

※クリックで拡大

 九州地銀18行の内訳は、第一地銀11行、第二地銀は7行。

・第一地銀11行のうち、金融・グループ傘下行は福岡、西日本、北九州、親和、十八、肥後、鹿児島の7行。単独行は筑邦、佐賀、大分、宮崎の4行。

・第二地銀7行のうち、金融・グループ傘下行は長崎、熊本の2行。単独行は福岡中央、佐賀共栄、豊和、宮崎太陽、南日本の5行。

・東証一部上場の金融グループは4社(傘下行9行)で、単独行3行の計12行。福証単独上場は、第一地銀の筑邦、第二地銀の福岡中央、宮崎太陽、南日本、豊和の4行で計5行。佐賀共栄銀行だけが未上場となっている。

 東証一部上場で、17日の株価が安値より大きく増加しているのは西日本FH。安値比+157円の786円で、増加率は24.96%。次が佐賀銀行で増加率は24.71%。

・九州FGの増加率は23.81%。最高値の496円に▲28円と迫っており、株価は順調に回復しているのが読み取れる。以下、ふくおかFG(18.34%増)。宮崎銀行(17.22%増)。ここまでが増加率10%以上となっている。

・安値より増加率が10%以下は北九州銀行を傘下に置く山口FGで7.57%増。大分銀行の増加率は0.61%と低い。他行の最安値は19年8月だったが、大分銀行は今年1月16日であり、当面、株価の動きに注意する必要があるようだ。

【表2】を見ていただきたい。九州地銀の純資産残高(連結)順位表である。

※クリックで拡大

~この表から見えるもの~

 SBIHDと資本業務提携した筑邦銀行の19年9月期の純資産は399億円。総資産は7,983億円。福証に単独上場している第二地銀4行と比較すると、純資産・総資産とも第3位であり、九州地銀18行のうち、16位のボリュームとなっている。

 東証一部上場の単独行トップは大分銀行。19年9月期の純資産は2,088億円。総資産は3兆3,511億円。以下、宮崎銀行の純資産は1,524億円で、総資産は3兆1,378億円。佐賀銀行の純資産は1,206億円で、総資産は2兆4,605億円。3行の純資産は筑邦銀行の3倍以上のボリュームがあり、SBIHDと資本業務提携することはなく、地銀同士の経営統合を選択するものと推測される。

<まとめ>

 筆者は昨年10月21日のNetIBNewsの記事、『これから加速する地銀の経営統合』のなかで、

日本の人口は前年比▲263,000人の1億2,644万人となっており、今後ますます減少が加速すると見られている。地銀は地域経済の縮小により、経営統合を急がないと生きていけない状況にある。九州地銀18行のうち、FG傘下行は9行で、単独は9行となっている。月刊誌の『選択』(2019.10)によると、金融庁が再編を強要する「地銀リスト」に、筑邦銀行、佐賀共栄銀行、佐賀銀行、大分銀行の4行の名が挙がっている。はたして、経営統合の手を上げるのはどこの銀行なのだろうか。

としていた。

 金融庁が再編を強要する「地銀リスト」に、筑邦銀行、佐賀共栄銀行、佐賀銀行、大分銀行の4行の名が挙がっていると記述したが、筑邦銀行がSBIHDと資本業務提携を発表した。

 今までSBIHDは第二地銀との資本業務提携だったが、第一地銀64行の最下位行とはいえ、今回、第一地銀の筑邦銀行と資本業務提携したことから、今後、SBIHDが掲げる地銀連合「第4のメガバンク構想」は、新たな金融ネットワークとして機能していくことになりそうだ。

(了)
【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 11:08

【ラスト50kmの攻防】新旧知事の”判断”  山口知事は地域の〈光と影〉を懸念NEW!

 佐賀県議会の9月定例会は、開会前の2日、新幹線問題等特別委員会が開かれて国交省の寺田吉道鉄道局次長らを参考人招致して九州新幹線長崎ルートの整備方式を集中審議したこと...

刑事司法とメディア不正支配の本尊NEW!

 安倍内閣が長期化した3つの理由を挙げてきた。 1.刑事司法の不正支配/2.マスメディアの不正支配/3.国民のゆるさ...

2020年09月23日 09:53

福岡市地下鉄、空港線・箱崎線が一部運休NEW!

 福岡市地下鉄の空港線・箱崎線は午前8時30分ごろ空港線赤坂駅で架線点検を行った影響で、午前9時40分現在、空港線は運転見合わせ、箱崎線は10分間隔の運行となっている。

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

pagetop