• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 17:07

(株)ラック社長・柴山文夫氏「お別れ会」~約1,400人参集!故人の人柄を慕った方が数多く

 2019年12月17日に満78才で永眠されたラック社長・柴山文夫氏のお別れ会が同社の結婚式場「RITZ5」で行われた。参列者は1,400人を超え献花の時間は40分にもおよんだ。会場には故人の座右の銘だった【雄気堂々】が掲げられてあった。

 【雄気堂々】とは勇敢で、力強く立派な様子を表した言葉である。悩んだり迷ったり、1人壁のなかに閉ざれてしまったような気持ちになったとき、前に進む力をくれた言葉である。

 お別れ会で感銘を受けたのは、まず参列者の多さ。互助会業界関連の方々、盛和塾の仲間たち、取引先と幅広い交流があったことを改めて知り、故人の偉大さを再認識した。

 さらに設置された柴山ミュージアムでは柴山氏の趣味の豊富さが垣間見られた。世界中をまわった旅で撮影した知的さを感じさせる写真集、取得した美術品の数々、膨大な書物を見ると経営者であり、知識の巨人であったことも確認した次第である。

合掌

 本日はご多用中にもかかわらず 故 柴山 文夫 儀 お別れの会にご来臨賜り、誠にありがとうございます。

 数多のピンチと、それ以上のチャンスに愛された人生でした。幾度も挫折を味わいながらも、現在の会社の前身となる「西日本ウェディングセンター」を立ち上げたのは、26歳のときのことです。

 人間は、一度は麻疹をやって免疫体質を作らなければならない、
とは本人の言葉ですが、創業からの数年はまさに苦難の連続…。
それでも彼は、努力することをやめませんでした。
どんな逆風が吹き荒れようとも歩みを決して緩めなかった強く逞しい心が、沢山の人を引き寄せたのでしょう。

 誰もが「バカな」と驚く独創性と、誰もが「なるほど」と納得する合理性に満ちたアイデアは、先人の教えがちりばめられた本や小説、そして素晴らしい恩師から学んだと聞きます。

 企業が強くあるためには、麻疹だけでは不十分、「現場力」が必要
不可欠。現場の社員のために何ができるかを常に考え、見極め、
即行動に移してきた彼の面影は、今も我々の心に息づいています。

 冠婚葬祭という伝統的な産業を軸に、時流を読み解き、様々な事業を展開してきたラックグループ。「喜び哀しみといった通過儀礼のサービスを通じて、儀式文化の応援団になる」というミッションを掲げ、今も走り続けています。彼が残したものは、遺徳ではありません。なぜなら「柴山社長」は、皆の中に生きているからです。

 誰よりも強く、誰よりもタフに。

 大きな優しい心で生きた柴山文夫は、令和元年12月17日、静かに瞼を閉じましたが、きっと今頃あの世で絵はがきをしたためているのでしょう。

 新しいことに果敢に挑戦して、美味しいワインを探しているはずです。あの柔和な笑顔と気概を胸に、企業文化をしっかり継承して前へ進み続けてゆく我々を、いつか褒めてくれると信じて…「ありがとうございました」。

 皆様との素晴らしいご縁、賜りましたひとかたならぬご厚情に、深く感謝を申し上げます。

 今後も変わらぬお付き合いを賜りますよう、何卒宜しくお願いいたします。本日は誠にありがとうございました。

(株)ラック
代表取締役社長
実行委員長   松井 秀二
喪主 柴山 三鈴

(株)ラック
代表取締役社長
柴山文夫
令和元年12月17日永眠(満78歳)

出身地:熊本県阿蘇郡長陽村河陽3362
出身校:福岡大学法学部法律学科卒業。
   福岡大学大学院法学研究科刑事法専攻修了
趣 味:読書、海外美術館めぐり、ゴルフ(HD20)
休日の過ごし方:読書、ゴルフ、執筆
過去に経験したスポーツ:テニス、野球
旭日小綬章受章(平成23年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2020年02月21日 14:50

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(12)

 60年前の昭和30年代に起きた「白山丸事件」。「犯人が国外にいる」ことだけで公訴時効は中断する、という判例で、現在もこれが盛んに悪用され、事件そのものを検察が知らな...

2020年02月21日 14:00

インターネット時代における言論人の使命・責任とは何か!(3)

 第2セッションのテーマは「ジャーナリズム挑戦課題」である。座長はPeter Zoerher(国連UPF ヨーロッパ&中東メディア担当ディレクター)で、6人のパネリス...

2020年02月21日 13:01

新型コロナウィルス問題に隠された真実(後編)

 中国人の食に賭ける思いには日本人の想像を絶するものがある。たとえば、先に述べたが、絶滅の危機に瀕しているトラについて。もちろん、中国政府は野生のトラを捕獲したり、そ...

2020年02月21日 13:00

アベノミクスがもたらす「資本栄えて民滅ぶ」国の未来(4)

 日本経済が民主党政権時代を上回る超低迷を続けているのに、企業収益が倍増してきたのは、労働者に対する分配所得を圧縮してきたからだ。労働者1人あたりの実質賃金は第2次安...

pagetop