• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月14日 18:13

予定していた技術者を配置できず契約辞退~神奈川県の建設会社に指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は2月12日、(株)寿組(神奈川県相模原市、齋藤一寿代表)に対し、3カ月間の指名停止措置を下した。指名停止期間は2月12日から5月11日までとなっている。

 関東地方整備局の職員によると、同社は1月14日、横浜国道事務所発注の「R1横環南栄IC・JCT改良その1工事」を落札。しかし1月16日になってから「配置を予定していた技術者が配置できず、代わりの技術者も配置できない」との申し出があり、契約締結を辞退したという。同工事については、再度入札が行われている。

 国交省は「工事請負契約に係る指名停止等の措置要領」で、指名停止措置を行う理由について「契約締結を辞退することについて信頼関係を著しく損なう行為(不正または不誠実な行為)」と定めており、同社がこれに該当すると判断。今回の措置に至った。

 同社は取材に対し、「担当者が不在のためコメントできない」としている。

【長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop