• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 コンビニ深夜休業の是非。各方面からさまざまな“論客”が参戦してメディアを賑わせた。誰もが毎日のように利用するコンビニ。1日1店舗の利用客数を800~1,000人、全店舗数を5万8,000とすると、毎日5,000万人がコンビニを訪れている計算になる。国民の生活の一部に組み込まれたコンビニが今、内部で深刻な問題を抱えている。一連のメディア報道が人々に不安を与えたことはたしかだろう。コンビニ業界は今後どこへ向かうのか。

セブン-イレブンのセルフレジ実験
セブン-イレブンのセルフレジ実験

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月、本部近くの「麹町駅前店」(東京・千代田区)でも実験を加速させている。両店でとくに目を引くのがセルフレジ。独立した場所に設置して、どの程度の人時数削減(省人化)が図れるのか検証している。

 作業として捉えたときに、レジに関わる時間が全作業のなかで最も長く3分の1を占めるとセブンは試算している。そこで、レジカウンター上には、フルセルフに切り替えが可能なレジを設置した。このレジは、通常時にはフルセルフレジとして運用し、状況に応じてスキャンと袋詰めを従業員が実施するセミセルフレジに切り替えることとした。また、レジカウンターとは別の壁に面した場所にフルセルフレジを設置している。

 JR東日本リテールネットは19年7月、JR武蔵境駅改札口の外に、本格的“無人”店舗としては「日本初」となる「NewDays 武蔵境 nonowa」店をオープンした。セルフレジ2台を設置して「売り場」に人員は配置しない(バックヤードに1人配置)。同店は午前7時から午後10時まで不特定多数のお客さまに向けて営業する本格的な(売り場)無人店舗である。

 同店の売場無人化を実現した条件は大きくは6つある。第1にキャッシュレスのセルフレジのみで対応(現金を扱わない)。現金を扱わないため、レジの管理をほとんど必要としない。セルフ決済の方法がわからない人は、バックヤードの従業員を呼び出すことができる。

 第2に同じ施設(武蔵境駅)内に同じ経営の店舗がある。立地するJR武蔵境駅には同じニューデイズの店舗がすでに2店舗出店している。荷受けや品出し、フェースアップ、清掃業務などを行う店舗従業員は、駅施設の他の2店舗から交替で配置することができる。店長も同駅の別の店舗と兼任ができ、売り場管理がしやすい。

 第3に免許品、収納代行、サービス品の取り扱いが不可。酒、たばこやサービスが必要であれば、ニューデイズの他の店舗で対応が可能なので、割り切ることができる。第4に交通系ICカードの所有率が高い場所での営業。交通系ICカード専用改札口の外なので通行客のほとんどがキャッシュレスに対応できる。第5に買上点数が少ない。駅施設のコンビニは買上点数が少なく、袋詰めを必要としないお客が多い。セルフレジであっても時間のロスが少ない。

 第6に小型店舗のため売り場管理にかかる人時数が少ない。駅施設のコンビニは店前通行量が多く、同時にお客の用途が限られるため、小型店舗でも成立できる。そのため、売り場の管理がしやすい。

 こうした条件が整えば、レジにかける人時をゼロにして、損益分岐点を引き下げることができる。結果、それまで見落とされてきた立地にも出店の可能性が拡大できるのだ。

 店舗オペレーションの負荷軽減に対しては、AIの発注予測や「AmazonGo」のような画像認証など、最先端技術を用いた実験が、各コンビニチェーンのもとで進行している。一番の課題は顧客接点であるコンビニ加盟店が将来にわたって持続できるのかということだ。日本全国に張りめぐらされたコンビニ網はもはや日本人にとってなくてはならない生活の一部となっている。さまざまな業界の知見を活用しながら、コンビニビジネスの再構築を図るべきところまできている。

(了)

<プロフィール>
梅澤 聡(うめざわ・さとし)

札幌市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、西武百貨店入社、ロフト業態立上げに参画、在職中に『東京学生映画祭』を企画・開催(映画祭は継続中)。1989年商業界入社、販売革新編集部、月刊『コンビニ』編集長、月刊『飲食店経営』編集長を経てフリーランスとなり、現在は両誌の編集委員を務める。アジアのマラソン大会と飲食店巡りをまとめた『時速8キロのアジア』を商業界オンラインに連載中。

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月03日 09:52

【コロナに負けない(12)】不動産業界にもIT革命?!マッチングアプリへの反響増加NEW!

 IT業界から「生産性の低さやITリテラシー不足」を指摘され続け、数多の不動産テック企業が不動産業界のIT化に挑戦してきたが、目的をはたすことなく散っていった。そんな...

2020年04月03日 09:31

【コロナに負けない(11)】葬儀社は勝ち組ではないNEW!

 福岡トップクラスの葬儀社を直撃取材した。「新型コロナウイルス蔓延は、葬儀業界にとって特需でしょう?」と皮肉っぽく質問を投げかけた。ところが意外な回答であった...

2020年04月03日 07:00

イタリアにおける新型コロナウイルスの最新状況(後)NEW!

   新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、Brexitや、アメリカからの追加関税、ドイツからの経済需要減速などが続いたことにより、イタリアが景気後退の局面に立たさ...

2020年04月02日 17:27

アンケートを利用して大学生を勧誘し、無理やり契約迫る~東京都のセミナー運営会社に行政処分

 東京都は3月31日、学生向け就職活動教育や支援、人材育成塾「一生懸命塾」の運営などを手がける(株)もといに対し、特定商取引に関する法律に基づき、4月1日から3カ月の...

2020年04月02日 17:26

【コロナに負けない(10)】時間差で真理が逆転する

   韓国の友人に以下の謝罪文を送った。  「正直に検査をし、大量の新型コロナウイルス感染者を出して、韓国の医療システムが崩壊したなどと批判された。しかし、結果は...

2020年04月02日 17:25

【政界インサイダー情報】新型コロナウイルス問題 IRを直撃

 ここにきて、我が国も東京、大阪の大都市を筆頭に、日々急激な新型コロナウイルスの全国的拡散で、経済への大打撃も含めて予断を許さない状況です。とくに、米国の状況は...

2020年04月02日 17:21

危機認識・検査拡大・経済対策即時実施が不可欠

 国会審議における中核野党の存在感が低い。国民民主党が自公側に寝返っている印象が強い。このような時期であるからこそ、国会の役割、野党の役割が大きい...

2020年04月02日 17:18

【速報】福岡県立学校がゴールデンウィークまで始業を延期 新型コロナウイルスの感染拡大で

 福岡県は2日、福岡県立学校の始業をゴールデンウィークまで延期することを決めた。福岡県教育委員会で今日午前から続いていた検討会議で決定したもの。5月7日からの始業を目...

2020年04月02日 16:00

新宿区に続いて渋谷区も~夜間営業の店舗やライブハウスなどの出入り自粛を要請

   東京都渋谷区は4月1日、区のHPで「区長メッセージ」と題したリリースを公表。「ライブハウスやさまざまな飲食店などエンターテインメント施設や娯楽施設が多いのは渋谷...

2020年04月02日 15:30

【突撃レポート】破産手続申請の原鶴温泉咸生閣

 データ・マックスは3月31日に福岡地裁久留米支部に破産手続きの開始を申請した原鶴温泉咸生閣に向かい、突撃レポートを敢行した。その模様を動画でお届けする...

pagetop