• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月27日 16:36

NIDを通じたドラモリの活動 ドラッグストアとVCの将来(1)

 日本ドラッグチェーン会(NID)は、1970年に産声をあげ、昨年6月には創設50周年を迎えた。同会の加盟社数は77社、約5,300店舗、総年商1兆4,150億円(ドラッグ部門)の巨大ボランタリーチェーン(VC)に成長した。50周年を前に一昨年9月、事業会社(株)ニッドの代表に、ドラッグストアモリの会長である森信氏が就任。ニッドは、加盟店舗向けにPB商品の開発と供給を行っている。NIDの関伸治会長と商品開発を担うニッドの森信社長の両輪でVCを牽引。業界再編が急速に進む今、求められるVCの役割とDgSの将来像を考える。

VC誕生の陰にメーカーの資本参加に対する小売の危機感

 日本ドラッグチェーン会(NID)がVC(ボランタリーチェーン)として産声をあげたのは、1970年。VCとしては、オールジャパンドラッグ(AJD)も同年に創設され、くしくも2つのVC組織が、ドラッグストア(DgS)作りのスタートを切ることとなった。

 VC誕生の背景には、製薬メーカーの薬局・薬店などの囲い込みがあった。69年、大正製薬(株)がTFC(大正フランチャイズチェーン)を発足させた。同社はすでに「ワシの会」を組織化、全国に支部を置き、薬局・薬店など小売店の系列化を行っていた。これは、メーカー系列型のチェーン組織ともいうべきものだった。化粧品の「資生堂チェーンストア」も同様だった。

 大正製薬は、「ワシの会」のほかに、「専売品だけを扱う「大正会」も組織した。専売品とは、ナショナルブランド(NB)製品の名前を変えて「大正会」の加盟店だけに卸した商品。さらに大正製薬は、TFCを通じて、組織化を強化すべく薬局・薬店に出資を始めた。

 メーカーの資本参加に、小売は危機感をもった。当時を振り返って、VCの設立にも参加したDgS関係者は、「商売の自由が利かなくなるのではという危機感が、小売にはあった」と話す。70年にNIDとAJDという2つのVCが誕生したのは、このTFCがきっかけといわれている。

 2つのVCは、今日までDgS業態の確立を目指し、発展・組織拡大してきた。ここで、今回紹介する昨年6月に創設50周年を迎えたNIDと事業会社の(株)ニッドについて、見ておこう。

 NIDは、直近の加盟社数77社、店舗数約5,300、総年商1兆4,150億円(ドラッグ部門、2019年11月末現在)の巨大VCに成長。創設以来、半世紀にわたり、共同仕入れ機構の役割をはたしてきた。

 同会を支える主要加盟社は、(株)サッポロドラッグストアー、(株)薬王堂、(株)イトーヨーカ堂、サミット(株)、(株)トモズ、(株)マツモトキヨシHD、中部薬品(株)(V・drug)、(株)バロー、(株)コクミン、ゴダイ(株)、(株)ドラッグストアモリなどだ。

一定のルールを順守すれば異業種の加盟も認める

 50周年を前に、一昨年9月、ニッドの社長に、ドラッグストアモリの森信氏(19年5月27日開催の取締役会で代表取締役会長)が就任した。森信社長は、8年半にわたりニッドを率いた筒井敏幸氏((株)まるい薬局社長)の後を引き継いだ。

 ニッドは、医薬品の製造および販売、医薬部外品、医療用具、化粧品等の販売を目的に設立された。開発したプライベートブランド(PB)商品の供給は、国内の加盟店舗のみが扱えることになっている。

 昨今、大手チェーンDgSによるM&Aを中心とした業界再編の話題でもちきりだが、大手同士の戦いに、中小DgSが巻き込まれるのは必至。こうした業界環境にあって、中小DgSの“救世主”として機能しているのがVCだ。

 規模で勝る大手に対抗する手立ては限られており、VCに加盟すれば、OTC医薬品、化粧品、サプリメント、健康食品などのH&B商品をはじめ、日用雑貨、また、近年DgSでも取り扱いが増えている食品なども幅広く仕入れ、販売することが可能だ。

 NIDの加盟社や、これから加盟を検討する企業にとっても、規模のメリットを享受することができる。こうした点でも、同会は、DgSをはじめ、他業態の小売業にとって、存在価値のあるVCへと発展する伸びしろをもっている。異業種、異業態であっても、志と考え方を共有できるところであれば、歓迎する意向だ。

 薬業界には、NIDを“野武士集団”と揶揄する声があるが、規制にとらわれず柔軟に自分たちの進むべき道を歩むその姿が、そういわせるのかもしれない。

 柔軟さを示す規約にも、それは表れている。というのも、同会の規約は、たとえOTC医薬品の扱いがない異業態でも、一定のルールを順守すれば、加盟できる内容になっている。こうした柔軟な規約の下、他業界から有力な企業が、新たに加盟している。食品スーパー、ホームセンターなどがそうだ。

(つづく)
【北美 慎一郎】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 17:48

福岡で人気のお弁当をドライブスルーで提供~医療施設への寄付も

 福岡の外食、食品販売企業の有志で構成する「ドライブスルーふくおか実行委員会」が、5月30~31日、お弁当の提供サービス「ドライブスルーふくおか in PayPayド...

2020年06月01日 17:32

新型コロナウイルスの患者が首都圏で急増(前)

 前回の記事で、梨泰院(イテンウォン)のナイトクラブ発の新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国政府が神経を尖らせていることにはすでに触れた。 5月28日、新型コロナウイ...

2020年06月01日 17:07

【福岡県】北九州市以外の外出自粛要請、休業要請を解除

 福岡県は6月1日から北九州市を除く地域での外出自粛要請、休業要請を解除した。しかし、依然として感染リスクがあることから以下の対応を行う...

2020年06月01日 17:02

(株)豊田ほか1社(東京)/寿司店チェーン「寿し常グループ」運営

 同社と関連の益子食品(株)は、6月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年06月01日 16:36

九州地銀の20年3月期決算を検証する(2)

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の当期純利益順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月01日 16:29

【銀座・秋葉原・渋谷・東京など】賑わいを取り戻しつつある東京~エリアごとの違いも

 政府は5月25日、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言を東京など主要都市でも解除した。4月7日の宣言から約7週間、企業、店舗、自治体、教育機関など多くの...

2020年06月01日 15:33

新型コロナウイルスで工事現場は変わるのか(前)

 建設業界に目を向けると、感染拡大の発端となったのが「世界の工場」中国だったこともあり、建築資材の流通が一部で停滞。工事を中断せざるを得ない現場が頻出した...

2020年06月01日 14:30

【政界インサイダー情報】安倍政権急激な支持率低下で内部崩壊の危機

 過去なら支持率回復のターニングポイントになる筈のコロナ"緊急事態宣言の解除会見"と自信満々のそれに対する"二次補正予算"内閣決定会見...

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通し

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

pagetop