• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月20日 15:40

対米自立と脱植民地化による日本再生を図るチャンス!

 今回の「コロナ禍」騒動で私たちは多くのことを学んだ。人間同士が殺しあっている場合ではないのだ。人間のエゴが地球を蝕んで、地球が悲鳴をあげている。このまま何の対策も講じなければ、熱波などによって21世紀には9割の人間が生きていけなくなるという科学者の知見が、根も葉もない地獄絵とは言い切れなくなった。人類は運命共同体なのだ。
 一方日本は、周辺諸国との信頼醸成を図り、東アジアを運命共同体として、世界の平和と持続的な繁栄に貢献し、「日本再生」が実現できる、このチャンスを逃すべきではない。

市場至上主義から、国民の生活や安全を守る政策に転換する

 本書の終始一貫した理念は「友愛」である。友愛とはEUの父と讃えられるクーデンホフ・カレルギーの言葉でフランス革命のスローガン「自由・平等・博愛」の博愛を意味する。鳩山友紀夫元内閣総理大臣は「自立と共生」と表現する。グローバル化する現代資本主義の行き過ぎを正し、伝統のなかで培われてきた国民経済との調整を目指す理念である。すなわち、市場至上主義から国民の生活や安全を守る政策に転換し、共生の経済社会を建設することを意味する。

 「友愛政治研究会」は鳩山友紀夫氏を囲む勉強会として、2018年12月に発足、2カ月に1度のペースでこれまで12回ほど開催されている。毎回10名ほどの、大学教授、ジャーナリスト、国会議員などが集合、各自の近況報告と意見交換だけでなく、時に特別ゲストを交えて、沖縄の基地問題をはじめとして、さまざまなテーマ・問題を議論してきた。

その方向性は、対米自立と東アジア不戦共同体の構築である

 本書は、これまで行われた友愛政治研究会に参加された、創設メンバー6名と特別ゲスト5名で執筆されている。(全11章で構成)

第1章 国家資本主義が蔓延するなかで友愛共和主義を唱える
    鳩山友紀夫 (一財)東アジア共同体研究所理事長
第2章 「脱大資本主義」の薦め 植草一秀 スリーネーションズリサーチ(株)代表取締役
第3章 「大」と「帝」 高良鉄美 参議院議員・琉球大学名誉教授
第4章 欧州における危機の根源とは何か 成澤宗男 ジャーナリスト
第5章 鮮明になった日本の植民地主義 新垣 毅 琉球新報社編集局政治部長
第6章 米朝和平プロセス重大岐路に 菱木一美 広島修道大学名誉教授
第7章 安倍内閣と危機に瀕する文民統制 纐纈 厚 明治大学特任教授
第8章 植民地責任としての「基地引き取り」
    乗松聡子『アジア太平洋ジャーナル:ジャパンフォーカス』エディター
第9章 植民地主義(コロニアリズム)型国家からの転換 佐々木 寛 新潟国際情報大学国際学部教授
第10章 日米合同委員会 吉田敏浩 ジャーナリスト
第11章 朝鮮半島和解のダイナミズムと東アジアの平和秩序の構築 木村 朗 鹿児島大学法文学部教授

 本書は日米安保体制と日米合同委員会、沖縄の米軍基地と日米軍事一体化、朝鮮半島問題などを主な題材として取り上げ、脱大日本主義の構想を提示している。それは、日本の内と外なる植民地主義の克服、そして対米自立と東アジア不戦共同体の構築に他ならない。

脱大日本主義の選択は日本の政治と経済に新たな地平を拓く

 友愛共和主義の下での脱大日本主義の選択は日本の政治と経済に新たな地平を拓くことにつながると信じる。
 外にあっては、東アジアにおける連帯に務め、内にあっては定常経済の下で、教育、文化、福祉、医療、介護、地域、新しい公共などを重視する新たな分配政策を実現することである。高齢化時代の成熟国家としての幸福追求の新国家モデルを世界に向けて打ち立てることである。日本が生き残れる道はそこしかないことを断言する。(第1章鳩山友紀夫氏から抜粋)

安倍内閣が推進する政策路線は、「売国強兵」に他ならない

 かつて日本は「富国強兵」で「大日本主義」を推進し、日本の主権者を苦しみの淵に陥れた。現在の安倍内閣が推進する政策路線は「富国強兵」と表現するよりも、「売国強兵」と表現する方が適切であると思われる。その「売国強兵」政策をもたらしているイデオロギーが「大資本主義」である。この基本構造を除去しなければ、日本の主権者の利益を追求する政治は実現しない。(第2章植草一秀氏から抜粋)

「脱亜入欧」ではなく「入亜脱米」「対米自立」が喫緊の課題

 我々が今学ぶべきなのは、明治維新の精神ではなく、戦後民主主義の原点である日本国憲法の精神である。今こそ、安倍政権下で浸透する「排外主義的なナショナリズム」や「脱亜入欧」「富国強兵」という戦前の日本と重なる大国主義・軍国主義路線を、「開かれた地域主義」「アジアとの共生(東アジア共同体の構築)」「脱米入亜」「脱大日本主義」の方向に180度転換すべきである。(第11章木村朗氏から抜粋)

 本書『脱 大日本主義の薦め』は、コロナ禍後の「日本再生」考える際に、多くの示唆を与えてくれる。

【金木 亮憲】


 NetIB編集部では、先着5名さまに『脱 大日本主義の薦め』をプレゼントする。応募の詳細は下記。

■先着5名さまにプレゼント『脱 大日本主義の薦め 』

 メール、もしくはFAXで、
1.氏名
2.郵便番号
3.住所
4.電話番号
5.年齢
6.職業(会社名、所属)
7.NetIBNewsの感想
 をご記入のうえ、件名に『脱 大日本主義の薦め』と明記し、下記メールアドレスまたはFAXにてお送りください。
お申込み専用アドレス→ hensyu@data-max.co.jp
FAXの場合はこちら 092-262-3389(読者プレゼント係宛)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月06日 07:00

年間700万人が日台間を往来 教育、歴史など広がりを見せる文化交流(前)

 台北駐福岡経済文化弁事処(以下、福岡弁事処)は中華民國駐長崎領事館を前身とし、1970年の福岡移転を経て、台湾の代表機関として日台間の交流促進などの役割をはたしてい...

2020年06月06日 07:00

主要11社の経常利益率ランキング タイヨーなど5社が上昇

 これまでに判明した主要流通企業11社の2020年2~3月期決算によると、期間のもうけ具合を表す経常利益率(経常利益÷営業収益)は前年度から5社が上昇、6社が低下した...

2020年06月05日 17:05

【みやき町】「元なでしこ」海堀ディレクター委嘱式・女子サッカーチーム・ユニフォーム発表

 佐賀県みやき町こすもす館において、5日、海堀あゆみ氏のみやき町スポーツ政策ディレクター委嘱式および「みやきなでしこクラブU-15」のユニフォーム発表会が行われた...

2020年06月05日 16:58

コロナ危機の裏で深刻化する食糧問題と加熱する種子争奪戦争(中編)

 あまり知られていないが、アフガニスタンは40年前には豊かな農業の輸出国であった。アメリカ軍はアフガニスタン侵攻に際し、「2007年までには同国が再び食糧に関して自給...

2020年06月05日 16:00

伊都きんぐの感謝の0円販売、あっという間に終了

 「どらきんぐエース」、「どらきんぐ生(期間限定商品)」などを販売する伊都きんぐ。同店は公式Twitterを通じてあまおう苺入りチョコレート「いちごの卵」の「訳アリ大...

2020年06月05日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」6月1日発表 福岡労働局分

 6月1日に公表された福岡労働局分は下記の通り...

2020年06月05日 14:51

国家インフラに「負担金」不可解(前)

 遅々として進まない整備新幹線を尻目に、JR東海が手がけるリニア中央新幹線は着実に整備が進んでいるように見える...

2020年06月05日 14:40

今できることに堅実に挑む~(有)金谷洋瓦工事店

 屋根工事一筋53年の社歴を有し、福岡県内だけでなく、県外でも多くの受注実績を有する(有)金谷洋瓦工事店。金谷宏之代表を始めとした熟練した技術者および同社専属職人の高...

2020年06月05日 13:30

「博多廊」「星期菜」などが1日より営業再開~IMD Allianceの取り組み

 営業再開にあたってのあいさつと同社の感染予防対策についてのメールが寄せられたので、以下に紹介する...

2020年06月05日 13:00

【政界インサイダー情報】いよいよ、アベノミクスの目玉IR誘致開発も危険水域

 誰も予想もしなかった、今回の世界的なコロナ感染拡散問題で、この危機管理に対応できず、傷だらけになっている今の政府、強かった筈の安倍一強政権...

pagetop