• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月25日 10:20

政権関係者重大犯罪放置国家劇場のオチ 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「黒川氏の犯罪捜査を適正に行い、同時に、安倍内閣関係者の犯罪捜査を適正に行うことで初めて検察の正当性を世に問うことができるのではないか」と訴えた5月22日付の記事を紹介する。

 安倍内閣が強引に実現しようとした黒川弘務検事総長構想が崩壊した。
 検察の意向は林真琴検事総長である。
 黒川氏が辞任する東京高検検事長のポストに林真琴氏が就任して、本年7月に稲田伸夫検事総長が退官し、林氏が検事総長に就任する。
 こうなると検察人事は当初の検察の構想に帰着する。
 その可能性が高まりつつある。

 検察は現職の政治家、閣僚、場合によっては首相をも逮捕、起訴し得る存在で、政治からの独立性が重要な機関である。
 行政機関であり、形式上は内閣や法務大臣に人事権があるが、現実の運用においては、政治による人事介入が手控えられてきた。

 検察官OBが提出した意見書においても、
 「これまで政界と検察との両者間には検察官の人事に政治は介入しないという確立した慣例があり、その慣例がきちんと守られてきた。
 これは「検察を政治の影響から切りはなすための知恵」とされている(元検事総長伊藤栄樹著「だまされる検事」)。」
 と指摘された。

 検察は安倍内閣が検察人事に露骨に手を入れてきたことに反発した。
 検察庁法改正案に対する強い反対姿勢はこのことを背景にしたものだ。
 黒川氏の常習賭博罪事件によって黒川氏が失脚して検察人事が原状回復を遂げる。
 この方向が明確になりつつある。

 ここで注視が必要な重大問題が浮上する。
 河井克行夫妻の公選法違反容疑事件のゆくえだ。
 広島地検は河井克行衆議院議員、河井杏里参議院議員の立件に向けて精力的な捜査活動を継続している。
 コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除されれば河井克行議員の逮捕許諾請求に進むと推察されている。

 この場合、検察はさらに踏み込んで自民党本部に対する家宅捜索を行う必要がある。
 なぜなら、河井克行氏による現金贈与の資金源が自民党本部からの資金であると見られるからだ。
 河井陣営に異例に1億5,000万円の資金が提供された。
 この資金が買収資金として活用されたと見られる。
 さらに、その1億500万円の一部が安倍首相陣営に還流したとの見方も浮上している。
 河井議員案件は安倍首相事案に発展する可能性を秘めている。

 他方、桜疑惑では弁護士や法律学者などの法律専門家600人超が刑事告発を行った。
 検察が告発状を受理した場合、捜査を行う必要が生じる。
 ホテルニューオータニ、ANAホテルにおける桜を見る会前夜祭の費用明細書類を検圧当局が押収すれば、公選法違反に該当するのかどうかの判断がつくと見られる。

 今後の動向は検察の行動がカギを握る。

※続きは5月22日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「政権関係者重大犯罪放置国家劇場のオチ」で。


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)NEW!

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養NEW!

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字にNEW!

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!NEW!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)NEW!

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

2020年07月14日 11:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(5)NEW!

 なぜ、コロワイドは最初からTOBを仕掛けなかったのだろうか。そしてなぜ、個人株主は株主総会でコロワイドの株主提案に反対票を投じたのだろうか。理由は、はっきりしている...

2020年07月14日 10:32

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(3)多角化のツケが露呈、その結果負の処理は人任せにNEW!

 (株)はせがわの業績を、参照してほしい。多角化経営の辻褄が合わなくなり、当時、赤字決算が続出していたことがわかる...

2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

 「東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、仙台営業...

2020年07月14日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)

 「宗像市は、これからも良好な住宅都市としてあり続けなければならないと思っています。多くの人に住みたい、住み続けたいと思ってもらえるまちづくりはもちろんですが、なかで...

2020年07月14日 07:00

変貌しつつある大阪港~IRという“バクチ”で儲かるのは誰か?(後)

 IR誘致はすでに既定路線となっているが、「ギャンブル依存症、破産者が増える」「マネーロンダリングの温床になる」「日本人の所得が外資に吸い取られる」などの批判も依然根...

pagetop