• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月02日 17:10

新型コロナウイルス~首都圏を中心に感染拡大

【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。
~この表から見えるもの~
◆全国(47都道府県)の7月2日(午前0時現在)の感染者は、前日比+127人の18,410人。
・空港検疫などを含む国内感染者は前日比+127人の18,896人。
◆1位は東京都。7月2日、新たに67人の新規感染が確認された。人数としては、5月25日に緊急事態宣言が解除されて以降最多。また、60人以上になるのは6月28日以来で、50人以上は6日連続。1週間で398人増加しており、1日当たり感染者数は56.85人。シェアは6月25日より増加して34.18%。全国の感染者の1/3を超えている。
・2位は大阪府。前日比+10人の1,843人。1週間の増加数は32人でシェアは減少し10.01%。
・3位は神奈川県。前日比+8人の1,508人。1週間の増加数は72人でシェアは増加し8.19%。横浜市でホストクラブの従業員の集団感染が発生している。
・4位は北海道。前日比+4人の1,267人。1週間の増加数は57人でシェアは増加し6.88%。小樽市にある昼間からカラオケができるスナックの利用客および経営者・家族による集団感染が発生したことによる。
・5位は埼玉県。前日比+14人の1,143人。1週間の増加数は83人でシェアは増加し6.21%。東京都以外ではトップの増加数。ここまでが感染者が1,000人以上で、シェアが6を超えている。
・6位は千葉県。前日比+6人の963人。1週間の増加数は33人でシェアは減少し5.23%。
◆7位は福岡県。前日比+4人の854人。1週間の増加数は12人でシェアは減少し4.64%。
・8位は兵庫県。前日比+2人の708人。1週間の増加数は4人でシェアは減少し3.85%。
・9位は愛知県。前日比ゼロの528人。1週間の増加数は2人でシェアは減少し2.87%。
・10位は京都府。前日比+2人の383人。1週間の増加数は18人でシェアは増加し2.08%。
◆11位の石川県以下で前日比プラスは7県。内訳は栃木県(3人)、滋賀県(2人)、広島県・岐阜県・宮城県・山梨県・鹿児島県(1人)。前日比ゼロは30県となっている。
・1週間で増加している県は11県。内訳は栃木県が13人と大幅に増加。茨城県と宮城県が4人。山梨県3人。滋賀県2人。広島県・岐阜県・群馬県・静岡県・鹿児島県・徳島県の6県が1人。残り26県はゼロが続いている。

【表2】を見ていただきたい。全国9地方の新型コロナウイルスの感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆1位は関東地方(1都6県)。新型コロナウイルスの感染者は7月2日現在、前日比+98人の10,316人。全国シェアは56.03%で、半数を超えている。そのうち、東京都が34.18%を占めている。
・2位は近畿地方(2府4県)。感染者は前日比+16人の3,193人。シェアは17.34%。
・3位は中部地方(10県)。感染者は前日比+2人の1,698人。シェアは9.22%。
・4位は北海道地方。感染者は前日比+4人の1,267人。シェアは6.88%。4位までのシェアは89.47%で、ほぼ9割を占めている。
◆5位は九州地方(7県)。感染者は前日比+5人の1,056人。シェアは5.74%で、そのうち福岡県が4.64%を占めている。
・6位は東北地方(6県)。感染者は前日比+1人の289人。シェアは1.57%。
・7位は中国地方(5県)。感染者は前日比+1人の259人。シェアは1.41%。
・8位は四国地方(4県)。感染者は前日比ゼロの190人。シェアは1.03%。
・9位は沖縄地方。感染者は前日比ゼロの142人。シェアは0.77%。新たな感染者が最後に確認された4月30日以降はゼロが続いている。

【表3】を見ていただきたい。福岡市と北九州市の感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆7月1日時点で福岡市の感染者は395人。北九州市は248人で計643人。福岡県の感染者は854人となっており、両市で75.29%を占めている。
◆福岡市で感染者が多いのは、男性が50代で44人(うちクラスター1人)。女性は20代で35人(クラスター15人)。一方、北九州市は男性が30代で26人(うちクラスター14人)。女性は福岡市と同様、20代で31人(クラスター24人)となっている。

<まとめ>
本日2日、この記事を書いているときに、東京都で107人の感染者が発生したとの速報が入った。1日の新規感染者の数が100人以上は5月2日の154人以来、2カ月ぶりとなる。
政府は移動自粛要請を6月19日に解除したが、首都圏を中心に、今後、地方においても感染者が増加していくことが予想される。長い道程ではあるが、「第2波、第3波の感染に備える」ことが大切なのではないだろうか。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop