• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月10日 16:15

【凡学一生のやさしい法律学】関電責任取締役提訴事件(7)日本の民度は、本当に大丈夫か

 裁判官による「公共の福祉」論法は、多くの識者の批判を浴びて現在では影を潜めている。しかし、それに代わって「社会全体の利益」や「総合的に判断して」という「抽象的な理由」を使って、国民が権利を請求することを否定している。判決を下す時には、理由を付けることが法の大原則である。しかし、この大原則を裁判官が実質的に無視し続けているのが、司法の実態だ。「理由」とは、誰もが納得できて、事件を踏まえた具体的な事実や論理でなければならない。

 「ヤメ検」の常套句である「不適切であるが違法でない」という「違法性阻却命題」も、違法でない理由をまったく述べていない「偽の命題」だと理解できただろう。この命題による事件の幕引きでは、正当な理由も述べずに、舛添要一氏の疑惑行為を有償で免罪した。そのため、その後、国際政治学者としてテレビで活躍する舛添氏が諸問題に対して述べているコメントや批判がどれほど面白いものであっても、舛添氏に対して品格を欠いていると感じてしまうのだ。舛添氏が「関電疑獄事件」の「ヤメ検」の不正行為を批判することは永遠にないだろう。マスコミは、なぜコメントを求めないのだろうか。

 理由のない判決や判断は、江戸時代の「問答無用」と本質が同じと考えると、現代の「法匪」による「似非論理」(下世話に表現すると、屁理屈)が横行しているのは、江戸時代から民度が進歩していないということだ。某財務大臣は、本当に日本の民度をご存知なのだろうか。

 裁判官も、「ヤメ検」も、「法匪」としての本質は、その権威主義にある。一体誰が、司法試験の合格者に「神の資格」を与えたのか。そろそろ国民も、目を覚まさなければならない時である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

pagetop